« | メイン | »

February 19, 2011

2/19(土) くもりのちはれ

チラシづくり講座「市民活動にデザインを活かそう!」2回目に参加
 

↓大きなクラフト紙にタイトル、景気付けです
DSCN7335_low.jpg


↓まずわたしから、チラシデザインの「アイデアスケッチから完成までの流れ」の事例紹介
DSCN7368_low.jpg


↓本日のメイン「チラシづくり途中発表」、全員が発表し、全員でききます
DSCN7375_low.jpg
DSCN7400_low.jpg
DSCN7429_low.jpg
DSCN7453_low.jpg
DSCN7456_low.jpg


↓「ここがいいね」というひとことメッセージを書いて作者に届けます
DSCN7393_low.jpg
DSCN7462_low.jpg
DSCN7473_low.jpg
DSCN7476_low.jpg
DSCN7478_low.jpg
DSCN7481_low.jpg


↓作例を元に、来週最終回に向けての「宿題」の説明中 (これはA3ポスター作例)
DSCN7461_low.jpg
lec_A3_poster.jpg


---

【2回目の講座2/19のわたしの感想】

◎よかったなと思えること、うれしいこと

・欠席の方もいらっしゃいましたがほぼ全員参加で
 宿題である、構成要素の整理と原稿準備、アイデアスケッチを進めてくださいました。

・手描きのアイデアスケッチがあたたかく、何となく仕上がりが想像できました。
 それぞれに、何がしたいのか、何を伝えたいのかが伝わってきました。

・掲載する内容に具体性が無いとつくりようがありません。
 これから始める活動やプロジェクトなどのビジョンを描き
 「具体的に自分で決める」という過程がみてとれました。
 その自発性がいいなと感じました。この講座の産物です。

・キャッチコピーをいくつか考えたり、アイデアスケッチをいくつか描くうちに
 自分で「こっちよりもこっちがいい」ということに気付いたそうです。
 ひとりでも、複数の視点を持つことや判断基準を持つことができるわけです。

・発表されたアイデアスケッチに対して
 全員に「ここがいい、好き」というメッセージを書いていただきました。
 相手のいいところをみつけるのです。
 つくり手が受け手から直接反応や感想をもらえる機会であり
 普段から視覚伝達物の魅せ方(視せ方、見せ方)を意識してほしいという
 わたしからのメッセージでもあります。

・わたしが何かアドバイスや提案をしなくても
 「かわいいー」とか「ここはもう少しこうした方がいいんじゃない?」
 みたいな声が、どこからともなくとんでくるのは面白かったです。

・宴会が始まりそうなテーブルの配置、囲炉裏みたいに輪になりたかった。
 個人的にはこれでいいと思ったけど、無理があったかな? 次回も工夫します。

---

◎反省や課題

・全体の時間、ひとりあたりの時間が限られていて、慌ただしさは否めない
・参加者全員が満足するにはどうしたらいいか
・実質2週間で、1からまたは0からチラシをつくってしまおうなんて
 やることがいっぱいでハードルが高いんじゃないか→その通り
・「ひとりひとりのペース」に合ったフォロー、欠席した場合のフォロー
 講座終了後、実際に世の中にチラシを送り出すまでのフォローがどこまでできるか
・参加者全員の交流の時間をゆっくりとりたいな など

---

わたしにとって講座の講師は初体験。
それは最初から分かって挑んでいるので、最適なこたえはなかなか出せないと思いますが
林田くんや関係者のみなさんの意見も大切にしながら、手探り、臨機応変、柔軟にやろう。
条件があるから、それに対して、またはそれを活かして、どう工夫するのかが面白いんだ。

そして、とにかくみなさんには「かたち」にしていただこうと思います。

---

【やりたいこと・伝えたいこと→ビジョンを描く→ビジュアライズ=視覚化、あるいは行動】

チラシのデザインだけじゃなくて、生きるということも同じような気がします。
それがなかなかうまくはいかないもので、その苦楽を楽しむのが人生というか。
(チラシづくりで人生を語るというのも強引で大げさですが… わたしもせいぜいあがこう)

---

あらためて↓
DSCN7335_2_low.jpg


応援団として、来週の最終回、みなさんがつくるチラシを楽しみにしています。

今日の講座に参加してくださいましたみなさん
林田くん、市民協働センター田口さん、本山さん
ありがとうございます。


この縁と経験に感謝して

 
(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : February 19, 2011 11:44 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/1294