« | メイン | »

January 21, 2011

1/21(金) はれ

もう金曜

---

気分転換に「井の頭自然文化園」に散歩
好きな場所

特設展示 岩井俊雄×井の頭自然文化園『100かいだてのいえ』のどうぶつたち をみにいくため
絵本の登場する動物たちにからめた展示、好奇心を刺激する展示で面白かったです
今度、家族で行く予定

しかし、おいおいということも

特設展示「センス・オブ・ノスタルジア──園長の部屋から」、ポッペケ園長はだれ? では
生きた「コノハズク(だったと思う)」が木に乗せられて展示されていた
それはいいんだけど、飛び立たない様に、片足首がゴムひもで木につなげられていて
そのゴムひもが木にからまってもう一方の足でしか体を支えることができなくなっていた
バタバタしたり、ゴムひもをかんだりしていたが、とうとう木の上にダウン
スタッフを探して「やばいよ」って声かけました
すぐ後で別の人(カメラマンのよう)も気付いて、走ってスタッフに声かけに行ったようで
利用客ふたりが発見したことになるんだけど、スタッフのみなさんどうでしょう
展示自体、考え直した方がいいと思います

コノハズクにとってはかなりのストレスになっているというのが理由です
もともと動物園というものは人に動物の生態などをみせる場所ですが、それにしても足かせのようで
特設展示ということですが、やり過ぎでは? この場合はみていて気持ちよくはありません

ここまで書いて
でもね、所詮わたしの感じたことも、人間の勝手なエゴ
程度の差なだけ

---

さて
資料館の奥には図書スペースがあります
今は、薮内正幸さんが描いた絵本や図鑑がたくさん集められていました

動物たちのことを本当に愛しているのが伝わってきて
とてもしあわせな気分になりました

すごいな、表現って

動物たちを観察した時間、動物たちとともに過ごした時間というべきか
動物たちとは「やさしい関係」
上のコノハズクの展示とは違う関係

身を捧げて取り組むその姿 感動しました

たくさんの絵に残してくださいまして
ありがとうございます

---

春になったら白州町の「薮内正幸美術館」に行こう

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : January 21, 2011 08:39 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/1208