« | メイン | »

November 23, 2010

11/22(月), 23(火)


家族で茅野市へ。
人生の変化、手続き一段落。

夫婦間、子ども含めた家族の存在や
人の生き方生き様を考える。

せめて、自分は自分らしく
恥ずかしくない生き方をしよう、
楽しみを生み出そうと思う。

---

家族で蓼科高原美術館へ。
矢崎虎夫さんの彫刻作品を楽しみました。
「老母座像」「バリ島の女の首」「雷電像」など、素晴らしかった。

長女が肖像をこわがっていた。
つまりそれは、本当に生きている人のように感じるからだ。
そのくらい何かが込められている、その表現に。

また作品の中のまなざしを感じに、ここに来ようと思います。
ご案内いただいた有賀さん、矢崎さん、ありがとうございます。
出会いに感謝いたします。


DSC00114.jpg
蓼科高原美術館外の駐車場からの眺め

---


11/21(日) はれ

市民協働センターで開催された
NPOフォーラム『みたか (わ))の縁日』に
おやじの部屋・みたか組として参加。

メンバーの米川さん、荻野さん、参加してくれてありがとう。
河本さんも二次会から参加してくれてありがとう。

林田くんと生駒くんも会いにきてくれてありがとう。
仁ノ平さんもありがとうございます。

おやじシェーカーズ カクテルバーも
おやじのえほんよみきかせも、普段着のままの雰囲気で
裏表なく、素朴で、ゆるゆるで、しみじみいいなー。
おやじの部屋・みたか組って。

アマゾンラテルナのみなさんも取材にご足労いただきまして
ありがとうございました。


交流会は打ち上げでもあります。
参加された市民団体のみなさん
おつかれさまでした。ありがとうございました。
来年も盛り上げてください。よろしくお願いします。

いいね、三鷹にあつまる人たちって。


DSC00062.jpg
DSC00067.jpg
DSC00009.jpg
DSC00075.jpg

---

ほぼ徹夜で試作の絵本を描きあげて参加した上に
午前様まで呑んだので、ヘロヘロになりました。
呑みたかった。軽い区切りの打ち上げとして。
うれしかったんだ、シンくんとお母さんが「おやじのえほんよみきかせ」をききに来てくれて。

20101121_kaitsuburi.jpg


河本さん、こんなわたしにいつも付き合ってくれてありがとう。
楽しかったです。


 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : November 23, 2010 10:30 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/1119