« | メイン | »

February 21, 2010

2/20(土) 気分もはればれ

IMG_3565_s.jpg

ARTE Y SOLERA にて
11月の公演のポスターチラシのメインビジュアルの撮影に
アートディレクション担当として参加。

午前中の短い時間でやりきれるかどうか?
何となくうまくいきそうで、不安はありませんでした。
撮影の詳細も未定の中、行きの電車の乗り換えの待ち時間を活用して
ベンチでアイデアスケッチを描き、撮影前の打合せで、その案にしようということに。
即興みたいだ。そして、テキパキ撮影。
任されることってありがたいことですね。
ありがとうございます。

鼓童 の山口幹文さんと吉井盛悟さん
笛も胡弓も琴も、とっても癒されました。
楽器のこともいろいろと教えてくださいました。
貴重な時間をいただきまして、ありがとうございました。

この公演では演出家に徹する佐藤さん
いつも面白そうなアイデアを受入れてくださって、ありがとうございます。
演出を楽しみにしています。知らない世界に連れて行ってください。

主役の鍵田さん
ただただ美しかったです。ありがとうございました。

そして、カメラマンの川島さんと木村さんも
急なリクエストにこたえてくださいまして、ありがとうございました。

理屈じゃなくて、すがすがしい気分になりました。
出会いに感謝いたします。こういう仕事ができることに感謝します。
いつもありがとうございます。

---

【最近のすきすき】

ジブリのアニメ『魔女の宅急便』から
キキが修行に出ると決めた朝、お父さんにだっこされるシーン。
「たかいたかい」した後、だきしめる。
そのやりとりは、感情移入してしまいます。

絵本『スモールさんはおとうさん』文・絵:ロイス・レンスキー
娘によんだのですが、大きめの声を出してよむと、結構面白かったです。
これは夜の酒場でおとな相手にツッコミを入れながらよむとうけると思います。
(いつも誰かにうけることを考えているわけではないですが)
今度機会があれば、やってみようと思います。

絵本『もりのオンステージ』作:角野栄子 絵:ひだきょうこ
角野栄子さんは『魔女の宅急便』の作者です。さすが物語が面白い。
そして、森とか動物を描くのがうまい、ひだきょうこさんの絵と、相性ばっちり。
文と絵が調和した絵本だと思います。長女もひきこまれていました。

「調和」とか「ハーモニー」って、いいひびきがする。
自分に足りない部分なので、羨望半分で意識します。

 
 
---

2/19(金)

人生41年で一番髪をのばしていたかも。
他人じゃなくて自分で見てもうざかったです。
夜にやっと散髪しました。

 
 
---

2/18(木), 2/16(火)

三鷹市芸術文化振興財団での打合せ。
来年度の仕事が始まります。
デザインは生もので、一回一回が勝負。
初心を忘れず、つとめます。
よろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : February 21, 2010 12:24 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/828