« | メイン | »

February 11, 2010

2/11(木)

やっとひといき、でも仕事。


---

2/10(水)

打合せ。やるしかない、短期決戦。


---

2/9(火)

HIKESHI ピースアドのトークセッションに30分遅れて参加。
ピースアド担当2作分、なんとか間に合いましたーーー。
あきらめないでよかった。

インドネシアの大学生たちとのテレビ会議でした。
こちらのピースアドをモニタ越しにプレゼンテーションして
その感想をいただくというやりとりでした。
すれてない学生たちで、率直な意見をきけました。
クリエイターの中では、桑沢の若者2人がすごかった。
多分3日程でデザインしたんだと思う。
超短期、でも協力し合って、アイデアも考えて、完成度も高かった。
いいですね。素晴らしい。今後もご協力ください。

わたしなんか、行きの電車の中で、最後の仕上げをしました。
完成度はいまいちでした…。

◎わたしが担当したピースアド、その1
stephanie_posterA1_tmp.jpg
ドイツからの留学生、ステファニーのテーマ
戦後処理とか戦後の和解とか戦後補償とか、いろんないい方がありますが
ドイツと日本のその取り組みと捉え方、違いについて。
彼女のコンセプトをもっと租借して
もう少し、みた人にひっかかるビジュアルにしたいです。
今、2冊の本を読みながら考えているところです。
読み終えた時には、また違うアイデアが浮かんでくるものと期待します。

↓おすすめ本です
『ドイツはなぜ和解を求めるのか─謝罪と戦後補償への歩み』菅原秀

◎わたしが担当したピースアド、その2
前回に引き続き、日本人まきはさんの担当になりました。
彼女のテーマは「平和主義者分類マップ」というもの。
武装を容認する人、全く認めない人、いろんな平和主義者がいます。
いろんな平和主義者たちをパズルにしました。
もう少し完成度を上げて、楽しめるように工夫したいです。

ふたりとも、考える契機をくれてありがとう。
次回作を楽しみにしていてください。

打ち上げも楽しかった。
このひとときで救われます。

伊勢崎さん、マエキタさん、PCS関係者のみなさん
ステファニーとまきはさん、お世話になりました。
ありがとうございました。

次は、Naked Loftでの Jazz HIKESHI vol. 3 です。
おすすめです。

↓↓↓

前回も満員御礼だった「ジャズ・ヒケシ」。趣向を変えて第3回。世界の武装解除、紛争解決、戦争予防の最先端を行くジャズトランペッター伊勢崎賢治が、プロパガンダに対抗するピースアドの最先端を行くマエキタミヤコと、徹底トークとジャズライブ。今回はゲストとして、ジャーナリスト人権活動家、そして元ジャズマンの菅原秀さんを招きます。乞うご期待。

【出演】伊勢崎賢治(トランペット) / マエキタミヤコ / 中島弘恵(ピアノ)/ 松岡俊輔(ベース)/安永春美(ドラム)
【ゲスト】菅原秀(トーク&ピアノ)
OPEN18:00 / START19:00
前売¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別)

Naked Loft電話予約、ローソンチケットにて販売します。(Lコード:76632 )
問:tel.03-3205-1556(Naked Loft)

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : February 11, 2010 08:37 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/825