« | メイン | »

December 05, 2009

12/5(土)


仕事の合間です。
さて、このブログをご覧いただいています数名の友人知人のみなさんにお知らせです↓↓↓

きっこのブログ12/5分をぜひご覧ください。
普天間移設を急ぐ人たち

反戦な家づくりブログの12/4分もぜひご覧ください。
普天間基地はグアムに移転するようだ

伊波洋一宜野湾市長のこの資料もぜひご覧ください。
普天間基地のグアム移転の可能性について

きっこさん、勝手にご紹介させていただきました。
(後程、事後報告メールをお送りします)
いつもためになる真実情報をありがとうございます。

---


2010年の春に劇場公開予定の『ミツバチの羽音と地球の回転』の作者である
鎌仲ひとみ監督の映画作品の自主上映会をしようと計画中です。
その自主上映会で上映予定の映画である『ヒバクシャ 世界の終わりに』を昨日やっと観ました。

DVDパケージより転載↓

「わたしを忘れないで…
 イラク、アメリカ、そして日本。
 世界のヒバクシャたちの声を聴く旅が始まる。」というリードコピー。

「国境のない核汚染」という見出し。

---

原子爆弾と原子力発電。

圧倒的な力へのあこがれ。

平和利用も軍事利用も同じこと。

放射性物物質、放射性廃棄物の発生。
放射線は消えない。この世にたまり続ける。
つくられ続ければ、増え続ける。

遠くでつくられているからこっちでは関係ないでは済まないはずなのに
自覚症状がないから、無関心。
とんでもない。
普通の生活の中で、放射能汚染により、実はじわじわと被爆している。

放射線で被害を受ける当事者意識。
電気を使う当事者意識。

いや、正確には、関心や意識があっても
自分の体へのはっきりとした影響があらわれないので
いてもたってもいられないような程の関心事にはなっていない。
告白すると、わたしはそうだ。

せめて、これ以上、原子力発電所が増えないように。
原子力を止められるように。

もうこれ以上。もうこれ以上。

自分ができることを考える。

鎌仲さんの旅はずーっと続いてるんだと思いました。
貸し出ししてくれたみっちん、ありがとう。
上映会、三鷹周辺の友人知人賛同者仲間とともに、やりますよ。
 
 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : December 5, 2009 05:44 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/781