« | メイン | »

September 25, 2009

9/25(金)

「みんなの幸せ」はわたしから始まるのかもしれないけど

みんなの幸せって何だろう?
みんなが幸せになるためにはどうすればいいんだろう?

と、考えることもある。

---

みんなが幸せになるために
「グラフィックデザイン」または「視覚伝達」で、何かできないかと思う。
自分にとってはそれしかないからかもしれないけれど。

自発的な創作が大切だろう。

---

さて、はなし変わって、一歳六ヶ月の娘語を少し紹介。

チチィ →キティちゃんをこうよぶ
ミームン →同じくムーミンのこと

新潟に小旅行をした時のこと。
地元のまちの祭りがあった。
各町会のはりぼての手づくりみこしが面白く
どこもかしこも「わっしょい ピーピー」「わっしょい ピーピー」

つられて娘も「わっしょー」「わっしょー」

初めてきいたことばをその場で真似て口にする姿は、少し感動的でした。
これからますます、自分の感情をことばであらわそうとする姿を目にするんだろうなあ。

感情表現とことばの間に差があるのを感じるわたしは
その差がまるでないんじゃないかと思うくらい
ことばをつむぎ操れる人をうらやましくも思ったりする。
わたしなんか、感情がわき起こった瞬間、直後に、ことばにする前に、次の感情がやってきて
その感情をことばにしようとする、つまり頭で考えているわけだけど、そんなことやってると
全然追いつかなくて、ことばにすることをあきらめてしまうような、そんな感じ。
ことばの面では、わたしは無茶苦茶不器用です。

娘たちは、わたしなんかよりもずっと、感情をことばであらわすのが上手なようです。

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : September 25, 2009 08:42 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/729