« | メイン | »

September 23, 2009

9/22(火)

2009年第2回「いい川・いい川づくりワークショップ」において
「野川流域連絡会」がグランプリを受賞しました。
市民による野川の湧水保全活動36年、会が発足してから約10年の活動ですから
PR内容は豊富で特徴がありした。その「統合的な創造性」を評価していただいたようです。
わたしはプレゼン用のパネルのデザインを担当したまででしたが
関わることができていい経験となりました。
委員のみなさんと東京都北多摩南部建設事務所工事第二課の事務局のみなさん、おめでとうございます。
祝勝会があるとのことで、楽しみにしています。

審査員の方々のコメントがユニークで、人間性があらわれていてとっても面白かったです。
こういう川好きの人たちがつながれば、川の未来は明るいと感じられました。
(川だけで孤立しているわけではなく、まちづくり、人のつながりづくりのためにも
「川」という場が大切だと思います)

次は、野川流域連絡会のウェブサイトをリニューアルしたいですね。
今のサイトじゃ、何をやっている会なのか伝わらない。それはもったいない。
伝えたい内容は豊富にあります。先ずは原稿をまとめることから始めましょう。
わたしは、委員のひとりとしてデザインと制作を担当する予定です。
仕事じゃないこういうことって、日々の生活の中で自然に生まれるもんです。
無理せず、楽しめるようにやりたいと思います。

---

9/21(月)

ぼちぼち仕事。

---

9/19(土), 20(日)

連休の渋滞を避けるために午前3時前に出発、家族みんな車に乗って新潟へ。
「たまははき」のママと常連客といっしょに樋木酒造を訪ねる旅なのでした(みなさんは電車)。
個人的なはなしとしては、久しぶりにパソコンの前から離れてのんびりました。

   新潟は米処でして、田んぼが一面に広がるという
   東京とは違う風景を五感で楽しんだこと。

   新川にかかる橋の脇の林に夕方に帰巣する
   野生のトキ(放鳥したトキかも?)を見たこと。

   弥彦山にロープーウェイで登り 
   高所恐怖症にとっては久々に震えたこと。
   日本海の青色と山と森の緑色の鮮やかな印象。

   やっぱり、日本酒「鶴の友」のうまいことうまいこと。

樋木酒造の社長や奥様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
早福酒食品店のみなさん、旅の企画をしてくれたママやSさん、ご一緒してくださったみんさんも
楽しいひとときをありがとうございました。

---

この旅で特に印象に残ったことや気付き

・樋木酒造の社長や奥様から「もてなし」ってこういうことなんだと学んだこと。
  まだまだ自分にはできないことですが、大切なことは何だろうと考えてみた。
・ものづくりから人がつながることを知り、あらためてものづくりに可能性を感じたこと。
  樋木酒造の「鶴の友」から、みなさんとの縁が生まれたことは本当に素晴らしい。
・仲間がいることのありがたさを感じたこと。
  認め合う関係。分け合う関係。
・家族のありがたさをしみじみ感じたこと。
  いつもありがとう。

---
 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : September 23, 2009 05:09 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/725