« | メイン | »

August 03, 2009

8/2(日) あめくもり

仕事の合間にタイミングよく行ってきました。
秋葉原にある、アートを通して地球を考えるギャラリー「COEXIST」
8/7(金)まで開催中の「六ヶ所あしたの森 植樹祭写真展」へ。

ギャラリーのスタッフの女性陣も親しみやすいし、居心地がいい空間でした。

ひろいギャラリーの壁面に白い紙を囲むように貼って、来場者が森を描くという企画がありまして
その森の絵が、何ともいいのです。みんなでいっしょに何かをかたちにすることの素晴らしさ。

写真の展示もあったかい感じで、少しずつでも、活動が積み重なってきているのが伝わってきます。
写っている人たちの表情がいい。

そして、鎌仲ひとみ監督のスライドトークショーがとても面白かったのです。
映画を撮るきっかけやバリでの撮影ばなしなどがうかがえたのがうれしかった。

飛び入りで「チョコリンガーズ」のムビラミニライブがありました。(ムビラ:アフリカ・ジンバブエの楽器)
「森の狩人」って曲だったかな。いやされていい感じでした。

終わってからは監督交えて食事へ。みんなで食べたり呑んだり話したりって楽しい。

わたしは鎌仲監督好きやわー。母なる大地です、この方。声も素敵。

「六ヶ所あしたの森 植樹祭写真展」スタッフ、関係者のみなさん
おかげさまです。ありがとうございました。

20090802_ashitanomori.jpg


このブログを読んでくださっている数名の知人友人のみなさんも
「六ヶ所あしたの森 植樹祭写真展」に行ってみて!

ピークオイルを過ぎて、わたしたちの生活は劇的に変わらざるをえなくなるかもしれません。
いろんな考え方やいろんな動きを知っておいていいと思います。

 
▶会場の様子は「チームおかげさま」ブログをご覧ください
---
▶「鎌仲ひとみ監督」mixiコミュニティはこちら
▶「六ヶ所村ラプソディー」
---
▶「ミツバチの羽音と地球の回転」
↓↓↓特にここを読んでいただきたいです
「持続可能を求める旅─私たちが切り開く未来のイメージ」鎌仲ひとみ監督
---

わたしたちは、どこに向かうのか? 向かえばいいのか?

いっしょに考えたいです。
ボーダレスにつながりましょう。

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : August 3, 2009 08:27 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/682