« | メイン | »

May 10, 2009

5/9(日)

「あるいてきたよ! 7 generations walk ファイナルイベント」に家族で少しだけおじゃましました。

↓時間があれば、こちらを読んでみてください。
「7 generations walk」
「7 generations walk blog」
「虔十の会」

 
↓ 7 generations walk とは? こういう試みです(オフィシャルサイトより転載)。
---

3月27日の金曜日(新月●)大阪・箕面の滝を出発し、5月9日の土曜日(満月○)高尾山にゴールする 7 generations walk。

大阪から東京までの道のりを歩いて
未来と大地としっかり繋がる「今」を感じ体験してきます。

このウォークのコンセプトは
「持続可能な未来社会の価値観を見出したい」です。

私達の目の前には、今、多くの問題があります。地球温暖化・開発による自然への弊害・放射能汚染を始めとする環境問題。飲み水や食品の安全。戦争の絶えない国際社会。
これらの問題の原因の根はおおよそ一つのように思うのです。

その原因を断つ一つの方法が、「歩く」ことだと思っています。
私達は、自分自身に対しても、自然に対しても、現実に対しても、「実感」を失ってしまいました。「実感がない」ということが、人間を尊大にしますし、その尊大さが自然を壊しています。そして未来が危うくなっている。
また、「生きている実感がない」ことから、自分自身の命を大切にできなくなり、年間三万人以上の自殺者を出しているのが日本の現状です。

「生きている」ことを日々実感していますか?

7 generations walk はこの「体験」と「実感」の機会を皆さんと共有したいのです。

私はこれまでいろいろなウォークを体験する中で、
「生きているのではなく、生かされている」ということを強く実感しました。
水や大地の恵をいただき、自然の循環の中で呼吸させてもらっている自分・・・

ファイナルイベントもこの、「実感」を共有することを大切にしたいと思います。
五感で楽しむ企画盛りだくさんのイベントです。

大阪から東京まで歩いてきたウォーカー達が得た経験や、見てきたものをお伝えします。
「持続可能な未来社会の価値観を見出したい」
その価値観は生きる実感と喜びに満ちたものであるのではないでしょうか。

祈りを込めて歩いてきます。ファイナルイベントに皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

7generations walk代表 山田俊尚

---
↑転載ここまで。

 
みんな日に焼けた顔をしていました。
彼らはすごいですね。箕面から高尾山まで、本当に歩いたんですから。
その輪の中に、バカ環でドリームキャッチャーをいっしょに設置したヒロシくんもいました。
わたしはウォークに参加はしなかったので、こんなことを言える立場ではないですが
歩いた者だけにしか味わえないものがあったでしょう。それは、彼らの宝だと思います。
山田俊尚さんの、思いを実現した姿にも尊敬します。
つながった輪がどうなるのか楽しみですね。

ライブもよかった。みんな踊っていました。高尾山にうたごえとリズムが響いていました。
わたしたち家族はその音をBGMに、暗闇の中の少しの山道を探検隊気分で下り
一足早く、会場を後にしました。

我が子とあそんでくれたみなさん、ありがとうございました。
5/9、わたしたちも満月の夜を見上げました。

そして5/10、ファイナルイベント
みんなで高尾山山頂から日の出を迎えることができたんじゃないかと思います。
おめでとうございます。


---


090509_1715~01.jpg
090509.jpg
090509_1713~03.jpg
↑おまけ:虔十の会のツリーハウス

 
追伸:わたしは虔十の会が本当にすごい結束力のある会だと思います。
それぞれの得意分野で力を出し合って、イベントづくりを何でも自分たちでやってしまう。
坂田さんの求心力や魅力があるからこそだと思いますが
誰かに言われてやっているんじゃなくて、自発的に集まるメンバーたちもきらきらしています。
つまり、みんな高尾山が大好きだから、声をあげられない高尾山にかわり
守ろうという気持ちが、自然にそうさせているんだと思います。
でも、本当にトンネル工事を止めないと、はなしになりません。
なぜなら、水が涸れ、生きものがいなくなるという、取り返しのつかないことになってしまうからです。
わたしも、わたしにできることで動きます。

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : May 10, 2009 08:56 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/596