« April 2009 | メイン | June 2009 »

May 29, 2009

5/29(金) 静かな雨

20090529_1.jpg

三鷹第七中の美術の授業におじゃましました。3年生の授業では、CDジャケットを入れる25cm角くらいの紙のケースをデザインするという課題をやっています。「どうやってアイデアを出して、それをかたちにするのか? 現役デザイナーのはなしをききたい」というリクエストを、講師のNさんからいただきました。まあ、わたしのはなしはいいとして… 生徒がもってきた大好きミュージシャンのCDをプレーヤーで流し(通常そんなことはしないようです)、その音が流れる中、みんなそれぞれが、どんなデザインにしたいかをきいて回ったのが面白かったです。好きなミュージシャンだから好きにできるというか、「好き」という大きなエネルギーを感じました。やはり、ここでも「自発性」というのが鍵になります。またよんでくださるようで、こんなわたしをよんでいただいて、ありがとうございます。

しかし、しかしだ、ほんとデブですね。
おばちゃんに間違われるの、「そりゃ仕方ない」と思います。

 
 

Posted by fumitoku : 09:00 PM

5/28(木) ひんやり静かな恵みの雨

週末まで降りつづくみたい。
野川の水量も増えるだろう。
畑の水やりもしなくて済むだろう。

 
jinoki_omote_fin.jpg

 
 

Posted by fumitoku : 01:41 AM

May 28, 2009

5/27(水)

吉祥寺、ギャラリー創、最終日の「戦争ホーキ展」に行ってきました。
平和を願う、ピースフルな空間です。

sensohoki.jpg
↑憲法九条が記された戦争ホーキのキーホルダー。
 展覧会会場で来場者が手づくりできるようになっています。これは4歳の娘作です。
 今までに1万5千本もつくられて、世の中の人たちに渡ったそうです。
 すごい数です。

わたしにとっては素敵な出会いがありました。
↓サイトをのぞいてみてください。

野村まり子さん『えほん日本国憲法』を作って
岡田千晶さん

山田ルイさん、ありがとうございました。

---

へいわ【平和】 大辞泉
1 戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。また、そのさま。「世界の―を守る」
2 心配やもめごとがなく、おだやかなこと。また、そのさま。「―な暮らし」

---

憲法改憲するかどうかよりも
平和でいられるかどうかを問うことが大切だと思います。
平和が脅かされてはいけないのです。

 
 

Posted by fumitoku : 08:44 AM

May 27, 2009

5/26(火) はれ、気持ちいい


東京外大の授業に参加。3週目。
今日の授業で出たことば「国民投票法」。平成19年5月18日公布で、3年後の平成22年5月18日に施行ということです。国会で与野党対決があって、最終的には修正案が可決、成立したのを覚えていますが、施行まで1年を切りました。「国民投票法」には、国民投票法違反というのがあって、これはわたしたちがよく考えないといけない身近な問題ですね。共謀罪とかもからんできます。今日のKさんの憲法九条についてのプレゼンは、わたしにいろんな気付きを与えてくれました。今後とも、HIKESHIメンバーのみなさんとともに、大切なはなしができるとうれしいです。いろいろと教えてください。よろしくお願いします。

---

ここのところ、公私で情報量とやることがいっぱいいっぱいで、思考停止状態になることがあります。優先順位を付けると、仕事が先になる。けれども、もっと大切なこともある。からだはひとつなんですね。

会う人会う人から感じます。
みんな生きているんだなあ。

 
 

Posted by fumitoku : 03:22 AM

May 25, 2009

5/25


desnudo200908_omote.jpg

desnudo200908_ura.jpg

 
 

Posted by fumitoku : 11:05 PM

5/25(月)

しごと、しごと、しごととと。

缶詰はデブの元。

---

待っている人がいる。

待たせてはいけない。
待たせるなら、その分のうれしい贈り物を付けたいと思う。
がっかりはさせたくない。

 
 

Posted by fumitoku : 10:36 PM

5/24(日)

仕事、仕事、あー仕事。

 
 

Posted by fumitoku : 03:20 AM

5/23(土)


090523.jpg

 
7/5の自主上映会に向け、実行委員であるきらきらメンバーが集まって『忘れられた子供たち』を観ました。観終わってから、映画の感想やどんな上映会にしたいかを話し合いました。こんな感じで、対話のきっかけをつくってくれたり、人をつなげる力があるんですから、映画ってすごいですね。映画をつくった監督と関係者のみなさん、集まってくれたきらきらメンバーのみなさんに感謝です。ありがとうございます。また来週、『神の子たち』を観て対話しましょう。

---

その後、男四人+我が娘とやきとり屋へ。『忘れられた子供たち』の感想の続きをはなし合ったり、Iさんに『ヒロシマナガサキ』というドキュメンタリー映画の存在を教えていただいたりして夜がふけていきました。そろそろおひらき。連れ合いに無理言って、車で娘を迎えにきてもらい、もう一軒、Kさんと二人で武蔵境のバーへハシゴしました。いつも最後はこの二人になります。いつもながらどうしようもなく、それが楽しかったです。涼しい夜道も気持ちよかったです。Iさん、Yさん、Kさん、ありがとう。

---

さて、この自主上映会、一体どうなるんでしょう? きらきらのみなさん、助けてくださいね。

 
 

Posted by fumitoku : 02:48 AM

May 23, 2009

5/21

トランジションタウン小金井のミーティングに初参加しました。
「トランジション」って何でしょう? サイトをのぞいてみてください。

んーー、小金井、進んでる。
メンバーの方から、ピークオイルやトランジションタウンの説明をしていただきました。

特に

resilience
1 弾力、弾性、復元力
2 回復力、立ち直る力、快活さ

ということばにひかりを感じました。
そういう取り組みは、人がつながりやすいと思います。
ゆるやかに関わらせていただきます。
みなさん、よろしくお願いします。

---

会の後に、居酒屋トーク。
ふーーん、小金井仲間、いい感じですね。
いろいろとはなしをうかがえて
また、はなしをきいていただいて、うれしい、たのしい夜でした。

---

東小金井駅から歩いて2時間かけて帰りました。
野川公園まできて、真っ暗でおばけがこわくて、回り道して
ラーメン屋にも寄り道したからです。

 
 

Posted by fumitoku : 01:23 PM

May 21, 2009

5/20(水)


サステナでの「ひけしプロジェクト」の2回目の集まりに参加しました。
新メンバーを囲んで、おいしい野菜の天ぷらにおにぎりにフルーツにピールで乾杯して
「どうしよう?」「どうしたい?」「こういうのどう?」なんて、いろんなはなしをして
いい感じの夜でありました。

まだまだこれからですが、ぜひいっしょに楽しみましょう。
それと、これからも賛同してくれる仲間と、どんどんつながりましょう。

よろしくお願いします。

 
 

Posted by fumitoku : 10:42 AM

May 20, 2009

5/20(水)


仕事の合間にふと。

自分の立っている場所をどこにするかによって
人との付き合い方もみえてくる。

そりゃ、楽しい方がいい、うれしい方がいい。

つまりは、どうなりたいか、どうしたいか、なんだ。
受け身じゃなく能動、自発。

わたしはどこに立っているんだろう?

 
 

Posted by fumitoku : 08:26 AM

May 19, 2009

5/19(火) はれ


東京外大のPCS授業に2度目の参加。
ピースアドのテーマを各留学生がプレゼンします。
わたしはそれをきいて、ビジュアライズする役です。
いろんな社会問題があります。
わたしにも興味があるテーマがありました。
やはり、無関係ではいれません。

ただ

まだ具体的なデザインの方向性とビジュアルは浮かびません。
この後、期日がくれば何らかのかたちになるんだと思うと
デザインって生もので面白いです。
無責任にきこえるかもしれませんが
どうなるのか、わたしも分からないので楽しみなんです。

yさん、今日は来てくれてありがとう。
かっぱさん、ちかさんも、通訳ありがとうございます。
マエキタさん、いろいろとありがとうございます。

---

三鷹市教育委員会に後援事業の申請にうかがう。
こういうの初体験です。結果はいかに? 少し不安です。

『BASURAバスーラ』公開記念プレミアイベント。
5/30は、四ノ宮監督とゲストのマエキタさんとのトークがあるということです。

そうなんですか!! マエキタさん、重なってますね。
それはそれでうれしいです。

---

5月、6月は仕事の予定がもういっぱいいっぱいです。
仕事以外にもいろいろと活動しているので
結構本気で挑む必要がある状況となりました。

乗り越えろ、わたし。

 
 

Posted by fumitoku : 08:41 PM

5/18(月)


市民協働センターに団体登録に行ってきました。
その名は「きらきら」。始動です。

090518_1628~01.jpg
↑看板が完成していました。左の方が目立ちます。

---

夏のような日差しの中、野川公園に次女と散歩に出かけました。
事情があり時間つぶし、でもそう考えると、時間に追われる人間みたいなので
頭リセットでのんびりしました。

090518_1041~01.jpg
↑まつぼっくりを拾う後ろ姿。

 
 

Posted by fumitoku : 10:41 AM

May 18, 2009

5/17(日)


ある案件。
依頼主様がよろこんでいただけたようで
何よりわたしもうれしいです。

ありがとうございます。

---

うれしい、楽しい、面白いってことは
自らがつくってゆくものなんだと思います(そうならないことも多いけれど…)。

 
 

Posted by fumitoku : 04:38 AM

May 17, 2009

5/16(土)


仕事 仕事 仕事 仕事

まだまだ まだまだ まだまだ まだまだ

きらきら きらきら きらきら きらきら

チャレンジャ チャレンジャ チャレンジャ チャレンジャー

5月6月、わたしは一体どうなってしまうんでしょう?

乗り越えることができるのが「人間」というものです。

---

文字数寄会やりたいね!!!
Sさん、Oさん、もう少し待っていてください。

三鷹ロマンアート倶楽部もやりたいね!!!
Sさん、もう少し待っていてください。

---

自主上映会の開催日を7/5に変更しました。
当初の予定だった6/27は、中学生の期末試験と重なっていて
「中高生無料」の上映会であろうと、中高生が誰もこなければ
その意味がなくなってしまうからです。
7/5に変更できてよかったです。四ノ宮監督、ありがとうございます。
なるべく多くの中学生に観てもらえるように動きたいと思います。

この自主上映会に「協力してくださる方求む」と声をかけさせていただいたところ
15人の方が、手をあげてくださいました。本当にうれしいです。ありがとうございます。

「よかったね」とみんなで言い合えるような上映会にしたいです。
ごいっしょしましょう。よろしくお願いいたします。


---

5/15(金)


午前中、調布駅周辺にて打合せ。
20代のSさんのはなしをうかがって思う。
最近の若者は、地球の今と未来のことを考えている、と。
その頃のわたしなんて、毎日呑んだくれていた。
この差をはずかしいと感じつつ、今からでも遅くはないと
ここ数年で気付いたことに感謝します。

六ヶ所あしたの森に集う若者たちもそうですが
いろいろ教えてくださいね。いっしょに何かやりましょうね。

--

夕方より、NPO法人 子育てコンビニの総会に参加。
この日よりわたしは正会員になりました。
設立から8年、今では、一年間にとても多くの活動をされています。
NPO法人ですから、いろいろと会の運営について、学ばせていただきたいと思います。
ほとんど女性の会員のみなさん、よろしくお願いいたします。


---

5/14(木)


缶詰、仕事。

---

5/13(水)


生物多様性復元をめざす協働プロジェクト
「赤谷プロジェクト」の展示とトークセミナーに行ってきました。

「とりもどしたい、豊かな生物多様性 〜赤谷の森の試みから〜」
日本自然保護協会の茅野さんのおはなしでした。

市民、保護団体NGO、行政が力を合わせて、同じ目的に向かう姿を
「同床異夢」ならぬ「異床同夢」ということばにたとえられていました。
ヘンテコな公共事業に、怒ったり、失望したり、泣いたりしている今の日本には
光を感じるような試みだと思います。

茅野さん、とても誠実なおはなしをありがとうございました。

カメラマンの高野丈さん、おさそいありがとうございました。
写真すごくよかったですよ。

関連サイト:井の頭バードリサーチ


---
 
5/12(火) 1日戻る


東京外大の授業に初参加しました。
いろんな国から学びにやってきた留学生たちが
英語で意見交換している場に居合わせるのです。
ある意味、感動的でした。
その議論の輪の中に入りたいという欲求が湧きました。

わたしが一番英語ができないのです。
つまり、当然ながら、その輪に入りたければ
お前も英語を学べということです。

090512.jpg

授業後に、見学参加の日本人4人が集まり、ベンチで2時間はなし合いました。
それが楽しかったです。うれしかったです。

出会いあり、気付きあり、対話あり、修行あり。
今は、そういう流れの中にいます。

ピースアドの視覚化は、まだまだこれからです。
チャレンジャー精神で乗り越えようと思います。


---

5/11(月) 2日戻る

 
野川流域連絡会のまとめ役会に参加。
半年ぶりの開催で、なかなか意思疎通、意見交換が思うようには進みません。
そういう会ということなのです。どんな団体にも基準がある。
OK、分かった、ということで「いい川・いい川づくりワークショップ」に応募が正式に決まり
わたしは、その応募作品のデザインとウェブサイトのデザインを担当するわけです。
チャレンジャーです。

 
 

Posted by fumitoku : 01:30 AM

May 13, 2009

5/13(水)


メモ:メールの返信が滞っております。
いろいろとありがとうございます(どなたに言ってるの?)。

 
 

Posted by fumitoku : 04:33 PM

May 11, 2009

5/10(日)

そういえば、昨日の高尾山。
一昨日の雨で、小川の水が豊富に流れていました。
それは、目でみて分かるだけではなく
ザザーという音がして、耳でも分かることだし
湿度やかおりでも伝わってきます。

いのちの源である水。
これがなくなると、それは死を意味します。

水だよ。みんな生きたきゃ水を絶やすな。

 
 

Posted by fumitoku : 12:23 AM

May 10, 2009

5/9(日)

「あるいてきたよ! 7 generations walk ファイナルイベント」に家族で少しだけおじゃましました。

↓時間があれば、こちらを読んでみてください。
「7 generations walk」
「7 generations walk blog」
「虔十の会」

 
↓ 7 generations walk とは? こういう試みです(オフィシャルサイトより転載)。
---

3月27日の金曜日(新月●)大阪・箕面の滝を出発し、5月9日の土曜日(満月○)高尾山にゴールする 7 generations walk。

大阪から東京までの道のりを歩いて
未来と大地としっかり繋がる「今」を感じ体験してきます。

このウォークのコンセプトは
「持続可能な未来社会の価値観を見出したい」です。

私達の目の前には、今、多くの問題があります。地球温暖化・開発による自然への弊害・放射能汚染を始めとする環境問題。飲み水や食品の安全。戦争の絶えない国際社会。
これらの問題の原因の根はおおよそ一つのように思うのです。

その原因を断つ一つの方法が、「歩く」ことだと思っています。
私達は、自分自身に対しても、自然に対しても、現実に対しても、「実感」を失ってしまいました。「実感がない」ということが、人間を尊大にしますし、その尊大さが自然を壊しています。そして未来が危うくなっている。
また、「生きている実感がない」ことから、自分自身の命を大切にできなくなり、年間三万人以上の自殺者を出しているのが日本の現状です。

「生きている」ことを日々実感していますか?

7 generations walk はこの「体験」と「実感」の機会を皆さんと共有したいのです。

私はこれまでいろいろなウォークを体験する中で、
「生きているのではなく、生かされている」ということを強く実感しました。
水や大地の恵をいただき、自然の循環の中で呼吸させてもらっている自分・・・

ファイナルイベントもこの、「実感」を共有することを大切にしたいと思います。
五感で楽しむ企画盛りだくさんのイベントです。

大阪から東京まで歩いてきたウォーカー達が得た経験や、見てきたものをお伝えします。
「持続可能な未来社会の価値観を見出したい」
その価値観は生きる実感と喜びに満ちたものであるのではないでしょうか。

祈りを込めて歩いてきます。ファイナルイベントに皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

7generations walk代表 山田俊尚

---
↑転載ここまで。

 
みんな日に焼けた顔をしていました。
彼らはすごいですね。箕面から高尾山まで、本当に歩いたんですから。
その輪の中に、バカ環でドリームキャッチャーをいっしょに設置したヒロシくんもいました。
わたしはウォークに参加はしなかったので、こんなことを言える立場ではないですが
歩いた者だけにしか味わえないものがあったでしょう。それは、彼らの宝だと思います。
山田俊尚さんの、思いを実現した姿にも尊敬します。
つながった輪がどうなるのか楽しみですね。

ライブもよかった。みんな踊っていました。高尾山にうたごえとリズムが響いていました。
わたしたち家族はその音をBGMに、暗闇の中の少しの山道を探検隊気分で下り
一足早く、会場を後にしました。

我が子とあそんでくれたみなさん、ありがとうございました。
5/9、わたしたちも満月の夜を見上げました。

そして5/10、ファイナルイベント
みんなで高尾山山頂から日の出を迎えることができたんじゃないかと思います。
おめでとうございます。


---


090509_1715~01.jpg
090509.jpg
090509_1713~03.jpg
↑おまけ:虔十の会のツリーハウス

 
追伸:わたしは虔十の会が本当にすごい結束力のある会だと思います。
それぞれの得意分野で力を出し合って、イベントづくりを何でも自分たちでやってしまう。
坂田さんの求心力や魅力があるからこそだと思いますが
誰かに言われてやっているんじゃなくて、自発的に集まるメンバーたちもきらきらしています。
つまり、みんな高尾山が大好きだから、声をあげられない高尾山にかわり
守ろうという気持ちが、自然にそうさせているんだと思います。
でも、本当にトンネル工事を止めないと、はなしになりません。
なぜなら、水が涸れ、生きものがいなくなるという、取り返しのつかないことになってしまうからです。
わたしも、わたしにできることで動きます。

 
 

Posted by fumitoku : 08:56 AM

May 08, 2009

5/7(木)

20090507_wakuwaku.jpg
↑電飾看板のイラスト(一部)

---

5/6(水)

「たまははき」の常連客のMさんのお宅に仲間が集う。我が家もうかがった。
別れ際、「帰りたくない」と大大大泣きした4歳の娘の感受性の豊かさに驚く。
娘といっぱい遊んでくれたみなさん、ありがとう。
Mさんありがとう。

体調優れず、早めに寝る。

 
 

Posted by fumitoku : 01:14 AM

May 06, 2009

5/6(水)

四ノ宮浩監督、新作映画『BASURA バスーラ』の上映に先立ち
前作の『神の子たち』『忘れられた子供たち スカベンジャー』の自主上映会を
6/27(土) 三鷹市市民協働センターで開催します。
中・高校生無料。その他未定。

製作・配給会社、オフィスフォープロダクションのサイトはこちら。

世界3大スラムの一つ、スモーキーマウンテンとパヤタスゴミ捨て場を舞台に
ごみを拾いながら生活する子どもたちや家族を撮影したドキュメンタリー映画です。

それで、どうして、自主上映会をしようと、心が動いてしまったかといいますと
監督の四ノ宮浩さんがメルマガでね、心を動かすことを発してくるんですよ。

------------------------以下、無断転載 (四ノ宮監督、許してね)

僕はこの暗闇の世界から映画を通じて一本のろうそくの火を灯します。

映画『BASURA バスーラ』の編集がようやく終わり、これから字幕製作、英語版製作にかかり、配給会社のアップリンクに預け、公開はゴールデンウイークと思いますので皆様、もう少しお待ちくださいませ。傑作になりました。

「どうしたら世界中の貧困と飢餓と戦争がなくなるのか」
「僕たちはこれからどんな生き方をしていけばいいのか」
僕はその答えがわからずにもがき苦しみましたが、ようやく生みの苦しみを越えて出てました。

「お金が神になっている」今の地球にとっての、絶対に振り回されてはいけない大切なことがたくさんわかりました。

本当は映画の最後に以下の言葉を入れたかったのです。
「ぜひ世界中の若者たちで、貧しい国々の農地解放や日本も含めたすべての子供たちの医療費や教育費を無料にする運動をして、世界中の子供たちの多くの悲劇を一人でも多くなくしてほしい」

(以下略)

2009年1月30日
映画『BASURA バスーラ』監督 四ノ宮浩

------------------------

僕はこの日本でまともなのは中高生しかいない気がするのです。だから彼らに無料で3作品観ていただき、
自分たちと同じ世代の世界の子供たちの姿に声を上げてほしいのです。

日本の政治家に向かって「世界の子供たちへの真実の声」をあげてほしいのです。

ぜひこの日記をご覧の皆様と一緒に行動しましょう。
日本で一番大事な子供たちが本気で動けば日本の政治は動くのです。

2009年4月23日
映画『BASURA バスーラ』監督 四ノ宮浩

------------------------転載ここまで

↓『神の子たち』の部分映像をご覧ください(YouTube)。
ゴミ捨て場の子供達 [特別編集版] (1/3)
ゴミ捨て場の子供達 [特別編集版] (2/3)
ゴミ捨て場の子供達 [特別編集版] (3/3)

------------------------

わたしもDVDにてこの2作のドキュメント映画を観ました。
本当に観てよかったです。事実を知ることができました。
この映画に染み付いた、ゴミ捨て場の人々の生活感と臨場感は何でしょうか?
四ノ宮監督はもう20年もフィリピンのゴミ捨て場を撮り続けてきたということです。
その向き合い方は他の誰かができることではありません。
四ノ宮監督、ありがとうございます。

さて、この2作のドキュメント映画
やわらかいスポンジのような吸収力をもつ中・高生の感性にはどう映るんだろうか?
彼らはどう感じるんだろうか?
中・高生だけじゃなく、多くのおとなにも観てほしい。
そんなことを思います。

詳細は後日お知らせします。
これから、上映会の実行委員会をつくります(本当にこれからなんです)。
もしも、このブログを読んで、実行委員になってみようという人がいれば
メールください。よろしくお願いします。

最後にひとこと
「すべては、つながっています」

 
 

Posted by fumitoku : 08:03 AM

5/5(火) 小雨のちめぐみの雨

朝から、表参道にある、フラメンコ舞踊家・小島章司先生のスタジオにて
ARTE Y SOLERA のライブ「desnudo vol. 3」チラシの
メインビジュアルの写真撮影に挑みました。

いい緊張感と、それよりも「楽しもう」という雰囲気の中で撮影が進みました。
撮影する側もされる側も、気持ちがひとつになっていて、いい感じ、いい感じ。
小島先生の舞踊歴50年の歴史を間近で感じることができました。
アイデアマンhiro(佐藤浩希さん)の即興の試みを面白がったりして、思わぬビックリ写真が撮れました。
ARTE Y SOLERA と小島先生ファンのみなさん、楽しみにしていてください。

ARTE Y SOLERA のmami y hiro、よしお、三四郎、小島先生、カメラマンの川島さんと木村さん
みなさん、ありがとうございました。学びのあるひとときでした。

 
20090505.jpg
↑撮影終了後のおつかれさま記念写真(オチャラケ版)

 
 

Posted by fumitoku : 07:41 AM

5/3(日) はれ 憲法記念日(1947年5月3日に日本国憲法施行)+護美(ゴミ)の日

「1万人のゴミ拾いウォーク」参加の日です。
急な呼びかけにも関わらず、みたかチームは19人も集まりました。
みたか周辺でつながりができた知人や友人が参加してくれました。
「おやじの部屋・みたか組」からは5名の参加でした。みなさん、ありがとうございました。
当日は「三鷹駅周辺コース」と「井の頭公園コース」の2コースに別れて、ゴミ拾いウォークを楽しみました。
午前7時からだったので、日本では一番早いゴミ拾いウォークだったと思います。
朝の散歩気分で気持ちよかったです。やってよかったです。

---

20090503_mitaka_1.jpg
↑われわれみたかチームののぼり。道ばたのヨシのくきを使ってつくりました。
 かわいい鯉のぼりも付いてます。

20090503_mitaka_2.jpg
↑朝の7時半。みたかチームの集合写真です。
 たまたま集合場所に居合わせた、沖縄から上京して間もない青年3人も、飛び入り参加してくれました。

20090503_mitaka_3.jpg
↑大きい軍手に小さい軍手。

20090503_mitaka_4.jpg
↑玉川上水沿いの「風の散歩道」を歩いていると… 何でしょう? 赤くなった実を発見。

20090503_mitaka_5.jpg
↑実の正体は「サクランボ」です。
 早速、寄り道。みんなでとって食べました。甘ずっぱくておいしかったです。

20090503_mitaka_6.jpg
↑井の頭公園沿いの道。緑につつまれながらのゴミ拾いです。

20090503_mitaka_7.jpg
↑「はい、どーぞ」。アシナガバチの巣が落ちていました。

---

20090503_mitaka_9.jpg
↑おまけ1:のぼりに付けた鯉のぼりです。前日の夜に、これをつくってくれたのは誰でしょう?
 こたえは、4歳のわが娘です。

20090503_mitaka_11.jpg
20090503_mitaka_12.jpg
↑おまけ2:半紙にペンと絵の具で、ちょちょいのちょい。
 ヨシの茎に、鯉のぼりもいっしょにつけて、のぼりの完成です。

---

思ったよりもゴミは多くありませんでした。
どんなゴミが落ちているのかが分かり、そこからみえてくるものもありました。

大きなゴミは、多分普段からボランティアの人たちなどに拾われていると思います。
そこでも拾い切れないゴミがあります。圧倒的な数で残ります。
何だと思いますか?

こたえは「タバコの吸い殻」です。
まだ火が残ったままのポイ捨ても多いのです。
そのポイ捨てをやっているのは誰でしょう?
法律上は、二十歳以上のおとなでしょ?
男の方が多いでしょ?

「タバコ1本=おとな1人分のポイ捨て」だということを噛みしめながら拾いました。
格好悪いですね。恥ずかしいですね。

ポイ捨てをしてしまうおとなのモラルは
そのまま他のことにも通じる
同一の共通項がみえると思います。

人権問題も、環境問題も
自分さえよければいいとかいうか
面倒なことや汚いものが
自分にふりかからなければそれでいい
あとは知らん顔、無関心というか…

子どもたちは、そんな格好悪いおとなの姿にあこがれるわけありません。
だから、ゴミ拾いして
マイナスからプラスへ、ネガティブからポジティブへ、ノーからイエスへ
「うれしい、楽しい、面白い」へと、イメージを変えていきたいと思います。

自分以外の誰か(それは人間でも他の生きものでも自然環境でもいい)
その誰かとつながっているという意識を持つことができれば
もっとあったかい世の中になると思います。

せめて思います。
わたしのまわりには、大切だと思うことを共感共有できる
人たち(仲間)でいっぱいにしたいと。
年齢、性別、職業、国籍を問わないつながりができたら、人生は面白いと思います。

ゴミ拾いは定期的にやってもいいかなと思っています。
ポイ捨て野郎など気にしない、気にしない。
拾えばいいんだ。へのカッパ。こんなの朝飯前だよ。

また、いろんなコースでやりたいと思います。
また、みなさん参加していただけるとうれしいです。
つながりましょう。

 
 

Posted by fumitoku : 07:06 AM

May 01, 2009

5/1(金) はれ

いい日週末。

さて、このブログを読んでくださる数名のこころの友へ
お知らせです。

↓この本をぜひ読んでみてください。
『[決定版]生きがいの創造』
   か
『生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える』(わたしはこちらを読みました)
   それと
『生きがいの創造II 』

今までわたしはスピリチュアルなものを信じていたようで
それほど実感はしていませんでした。
でも、この本を読んで、そして、今この時、メルマガ登録しているその発信者たちは
少なくとも、そのスピリチュアルなものでつながっていると感じますし
メルマガを読むだけで、自分もひとりではないという気にさせてくれます。
だから、よかったら、このわたしの気持ちをわかちあいたい。
そういう気持ちで上記の本をおすすめします。

今、生きていてよかったと感じられるし
これからも生きようと思えます。


 
 

Posted by fumitoku : 04:20 PM

5/1(金) はれ


5月になりました。
今月も1週間フルーツダイエットをします。

---

さて、最近思うことです。

人とつながるために躊躇することはないなと。

「魂をひらけ!」と
どちらかというと人見知りで引きこもり気質な自分に
たまに、そう言ってみたりするのです。

今まで話したこともない人と、向き合って話せるなんて
何て何て何て、素敵なことなんでしょう。

単純に、そう思えるようになりました。

 
 

Posted by fumitoku : 09:46 AM

4/30(木)


サステナマエキタさんの声かけにより集まった人たちで
ピースアドクリエイターズ「HIKESHI」プロジェクトが始まります。
HIKESHI (火消し:戦争の火種を消す人)
「中立的な広告の力で、戦争や紛争を起こそうとしている
プロパガンダ=毒を調べて中和し、無意味な争いを少しでもなくそう」というプロジェクトです。

みんなでアイデアと知恵を出し合って、工夫して、つながって、悩んで楽しんで。
どうなるか分かりませんが、この動きはみんなでつくってゆくものなんだと思っています。
そして、「design donation 」=「デザインの寄付」がどこまでできるかも分かりません。
わたしは、デザインで、誰か、できれば多くの人を
驚かせたい(いい意味で)、喜ばせたいのです。少しの幸せとともに。
2009年より、いろんな人類共通の問題というか、テーマを持った人や市民団体とつながりを持ち
視覚伝達の分野から、具体的にはグラフィックデザインの応援をしています。
いろんな人と会って、はなしをうかがったり、たずねたりすることは本当に面白く
個人的には、学ばせていただいていることばかりで、魂はよろこんでいます。
このまま、やれるところまで、やってみようと思います。
今は、そういう流れの中にいるんです。
多分、「お前は変われ」、でも「お前らしさと役割をみつけろ」と言われているようです。
その声の通りに、身をゆだねてみます。

---

一ヶ月一題字の試み、4月中は「虔十の会」ロゴマークづくりがあまり進められませんでした。
一ヶ月一題字になっていませんが、このまま5月も継続します。向き合う時間をとって悩み、楽しみます。
坂田さん、みなさん、もう少し待っててくださいね。

---

【1万人のゴミ拾いウォーク】@三鷹のよびかけメールに賛同してくれる知人友人がいて
とてもとても、うれしいのです。ありがとう。

 
 

Posted by fumitoku : 07:01 AM