« | メイン | »

February 20, 2009

2/20(金) 雨のち晴れの週末

市民大学、本日は笹木延吉さん。
日野市での自然環境保全の取り組みをご紹介していただきました。
自分たちが住む地を愛して守るぞという強い思いを感じたことと
問題解決への提案力、行動力、交渉力に脱帽しました。
正に今読んでいる高木さんの本に書かれている「非対立」ですね。
次の世代に自然を残すことを最優先にしながら
行政と市民の視点、両方を兼ね備えていて、まとめ役になれる方。
魅力的な方でした。かっこいい方でした。
つまりは、人間力というようなものの大きさを感じました。
そして、素晴らしい講義でした。
わたしはまだ日野市に行ったことがないので
明日にでも電車で行ってこようかなと思います。

さて、では、三鷹はどうなんだい?
自分には何ができるんだい?
この先も三鷹に住むのかい?

どうなんでしょうね。
ここに一生住みたいという場所は正直いってまだないです。

でも今、わたしは近くの深大寺とか大好きです。野川も好きです。
自然環境保全もできることから始めたいと思います。
でもその前に、自分達が住んでいる地のことをもっとよく知ることも必要かなと感じました。
三鷹周辺の魅力的な場所をたずねながら、そこに詳しい方におはなしをうかがったり
とりとめなく仲間としゃべりながらゴミ拾いをしたり、その後うたをうたったり、ミニライブをしたり
読みきかせをしたり、呑みにいったりというようなイベントをしたら楽しいかななんて。
仲間とみんなで自分達が住む地について、自分達の目で確かめた対話の中から
何かが生まれるような気がしています。「何かとは何か?」ときかれてもうまくこたえられないですが…
そういう活動をやってみたいかな。新しい市民団体としてね。
地域の中でもワクワクしたいです。こういうことをここ数日で考えています。

---

さて、はなしが変わりますが
↓以下のブログは、だいたい毎日ブログランキングの応援クリックをしています。
きくちゆみのブログとポッドキャスト
きっこのブログ
発信者の、人としての気持ちがみえるから好きなんです。
みなさんにもぜひ読んでいただきたいです。

ブログにもいろいろありますが、どれも何かしらメッセージを発信していて
自分が共感できるメッセージの発信者が、別の同じようなメッセージを発する発信者とつながっていたりして
そのつながりの輪、共感の輪がだんだん広がって、日本も変わるんじゃないか、と思う今日この頃です。

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : February 20, 2009 08:35 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/532