« January 2009 | メイン | March 2009 »

February 27, 2009

2/27(金) 雨

市民大学ではワークショップ形式で
「わたしたちにできること」という議題をはなし合いました。
いろんな方の声をきくことができて面白かったです。
小倉先生のことばもありがたかったです。

あたらしい市民団体の立ち上げ宣言もしましたし
個人としても、団体としても、何ができるか、楽しみながら実践しようと思います。
ワクワクします。

---

おやじの部屋・みたか組出演イベントも決まりました。
世界一大きい布絵本の読み聞かせをします。
詳細は後日お伝えします。
そのイベントに初参加して読み聞かせをいっしょにやってくれる新しいメンバーがいます。
彼は最近、おやじの部屋・みたか組のブログサイトをみて、興味を持って連絡をしてくれました。
とてもうれしいことです。
情報を発信することって大切なんだなー、うんうん。

---

市民活動、2月3月は現状でもういっぱいいっぱいになりました。
楽しめるようほどほどにしようと思う今日この頃です。

---

幼稚園くらいの頃に大好きだった絵本『クリーナおばさんとカミナリおばさん』が
復刊されたということで早速購入申込をしました。思わず思わず。
絵は大好きな堀内誠一さんです。

 
 

Posted by fumitoku : 11:13 PM

February 26, 2009

2/25(水)

どうもー、おばちゃんおとーさんでーす(一部の方以外意味不明)。

さて、今日のサステナナイトに参加された初対面のみなさま方
いろいろとおはなししてくださいまして、ありがとうございました。
普段出不精(あ、デブでもあります)なわたしにとっては
ほがらかな会でありまして、うれしい会でした。

大豆のカレー、おいしかったですね。

これからお付き合いが始まるんだと思っています。
4649なのです。

マエキタさん、斉藤さん、瀧本さんもありがとうございました。

 
 

Posted by fumitoku : 02:07 AM

February 23, 2009

2/23(月)

第81回アカデミー賞
滝田洋二郎監督「おくりびと」外国語映画賞受賞
加藤久仁生監督「つみきのいえ」短編アニメーション賞受賞
いいニュースいいニュース。

 
 

Posted by fumitoku : 02:42 PM

2/22(日)

行ってきました。
メディアシンポジウム@JICA地球ひろば講堂
「メディアを変えれば世界が変わる〜メディアの社会的責任を問う〜」

このシンポジウムを企画した「A SEED JAPAN」
エコカルプロジェクトのことをよく知らずに参加したところ、何か様子が違う。
20代くらいの若者だらけでして、そうなんです、国際青年環境NGOということなんです。

A SEED JAPAN(Action for Solidarity, Equality, Environment and Development)
青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動

先ず、この点で、自分よりも若い人達のこういった取り組みを知って気持ちよくなりました。

そして、シンポジウムの中身も面白かったですよ。
エコカルプロジェクトがレポートを冊子にまとめるそうですので
後日そちらをチェックしてみてください。

個人的には、自分ができること、だれかといっしょにできることをやろう
という気にさせていただいたことがよかったです。

希いが重なる人たちの輪がつながり、引いてみてみると、大きな輪になるんじゃないかなと
そういう今と未来を信じます。

---

帰宅して、早速購入したての「六ヶ所村ラプソディー」を観ました。
遅ればせながらも観てよかったです。まだの方々はぜひ観てください。

 
 

Posted by fumitoku : 10:33 AM

February 21, 2009

2/21(土) はれ

昼間、市民大学の興味が冷めないうちに、日野市は高幡不動へ電車でGO!
向島用水親水路や水車、浅川や程久保川や多摩川に合流するワンドを見に行ってきました。
水路がいっぱいある=田んぼがいっぱいある場所でした。
春から夏におとずれると、きっと緑色が目に入り、稲の香りがするんでしょう。
ダイサギが水辺の草の間に顔を突っ込み、モツゴ(多分)をひと突きでしとめる姿3回
ワンドではこれまた淡水魚の稚魚無数、そしてコガモ、カルガモにカワセミと。
コンクリートからなるべく自然に近い状態に戻すと「こうなるんだー」と、いい気分になりました。
潤徳小学校の日本最初の「水辺の楽校」の取り組みも面白いですね。子どもたちの顔、おとなたちの顔。
笹木さん、日野市の取り組みのご紹介、ありがとうございました。
また行こうと思います。

さて、そのまま帰らず気分転換、ドトールにて、高木善之さんの本
『選択可能な未来』新版・転生と地球
『非対立の生きかた』〜一瞬でしあわせをつかむ成功法則〜 を読みました。

ちょっとじーんとしました。『非対立の生きかた』の「第7章 新たな旅立ち」は特に。
これからの生き方のヒントをいただきました。

わたしも地球村の一員になろうと思います。
これから立ち上げる市民団体の名も自分の中では決まりつつあります。
その前に仲間を集めないとね。その仲間に意見をきいて決めます。

結構ワクワクしています。

非対立非対立と。

 
 

Posted by fumitoku : 08:03 PM

February 20, 2009

2/20(金)

年齢や職業や立場や考え方が違う人とのはなし合いで
自分の意見を絶対に通すというのではなく
かといって違う意見をそのまま受入れるのでもなく
いい結論に導くにはどうすればいいのか。

最近そういうことをよく考えます。

なかなかうまくいかない時もあります、時間がかかることもあります。
でも、よくはなし合うことが大切なんだと思います。
相手の気持ちを考えられるかどうか、それも大切なんだと思います。

 
 

Posted by fumitoku : 11:34 PM

2/20(金)

3/1(日) 大阪のイベント「ハッピー植林フェスティバル」のお知らせです。
わたしは今回は行けませんが、次回があればいつか行きたいです。
以下、まーちゃん通信『ぼくの魂を込めたお祭りなんです』より転載。
「ぼくが魂を込めた」ということばに惹かれます。
---

♪100年後の森のために、今動く♪

まーちゃんうーぽーです
心をこめて、みんなにお願いしたいことがあります
3月1日ハピフェスぜひ遊びに来てください
そしてよければ、以下の宣伝文を、みんなの大切な人に伝えてくれませんか
ぼくが魂を込めて描いた絵、メッセージ、植林の写真を選びに選んで構成した
最高に素敵な告知映像を見てもらうだけでも幸せです
すべてに、ぼくの魂を込めたお祭りなんです
100年後の森と、子どもたちの笑顔のために
今こそ動く時
そのきっかけを、このハピフェスは創ります
ありがとう

◆◇◆◇◆◇◆◇

3月1日☆豊中市民会館
〜地球に緑と笑顔が増える〜
▶ 『ハッピー植林フェスティバル』
▶ 素敵な告知映像です

てんつくマン、石村章子、まーちゃんバンドがやって来るぞ!

◆◇◆◇◆◇◆◇

今、地球は雨が降らなくなっている
この瞬間も、森が消え、砂漠が広がっている

やがて世界中で水の戦争が起こるかもしれない
未来のために、今、何が出来るんだろう?

そうだ
木を植えよう

木を植えれば 緑が増え 雨が降る
虫も 花も 人も 地球も みんな喜ぶ

心に木を植え
日本の森を元気にし
世界中に緑を増やしていこう

微力は無力じゃない
微力のつながりが 世界を変えていく

母なる地球に
緑と、笑顔と、感謝の量を増やすために
ハピフェス(通称)を開催します

世界中に、希望の風が広がっていきますように

◆◇◆◇◆◇◆◇

●2009年3月1日(日)
大阪・豊中市民会館大ホール
12時開場  13時開演〜18時半終演  19時半閉場
前売1000円 当日1500円(中学生以下は500円割引)
(チケットには植林の苗木代1本分が含まれてます)
 
●問い合わせ
「NGO風人ネットワーク」(風人の家)
TEL 06-6101-8818
E-mail kajipito@painukaji.com
▶ URL http://www.painukaji.com

◆◇◆◇◆◇◆◇

◆第1部 13時〜 『動けば変わる』
てんつくマン トークライブ
「天国はつくるもの」パートII 予告編の上映

◆第2部 15時〜 『木を植えよう』
石村章子講演
植林活動の紹介、トークライブ
特大紙芝居「空色のカマキリ」

◆第3部 16時半〜 『唄って踊って平和をつかめ』
南ぬ風人まーちゃんバンドライブ
「1円玉が世界を救う」宣言

○ロビーにて
てんつくマン書き下ろし、植林活動の紹介

★『1円も積もれば森となる』大作戦★
植林のために1円玉募金を集めています
微力の1円もたくさん集まれば、地球の森となる
ぜひ、会場に1円玉を持ってきて下さい 

◆◇◆◇◆◇◆◇

♪そうだ、木を植えよう♪

▶ バックナンバー

 
 

Posted by fumitoku : 09:40 PM

2/20(金) 雨のち晴れの週末

市民大学、本日は笹木延吉さん。
日野市での自然環境保全の取り組みをご紹介していただきました。
自分たちが住む地を愛して守るぞという強い思いを感じたことと
問題解決への提案力、行動力、交渉力に脱帽しました。
正に今読んでいる高木さんの本に書かれている「非対立」ですね。
次の世代に自然を残すことを最優先にしながら
行政と市民の視点、両方を兼ね備えていて、まとめ役になれる方。
魅力的な方でした。かっこいい方でした。
つまりは、人間力というようなものの大きさを感じました。
そして、素晴らしい講義でした。
わたしはまだ日野市に行ったことがないので
明日にでも電車で行ってこようかなと思います。

さて、では、三鷹はどうなんだい?
自分には何ができるんだい?
この先も三鷹に住むのかい?

どうなんでしょうね。
ここに一生住みたいという場所は正直いってまだないです。

でも今、わたしは近くの深大寺とか大好きです。野川も好きです。
自然環境保全もできることから始めたいと思います。
でもその前に、自分達が住んでいる地のことをもっとよく知ることも必要かなと感じました。
三鷹周辺の魅力的な場所をたずねながら、そこに詳しい方におはなしをうかがったり
とりとめなく仲間としゃべりながらゴミ拾いをしたり、その後うたをうたったり、ミニライブをしたり
読みきかせをしたり、呑みにいったりというようなイベントをしたら楽しいかななんて。
仲間とみんなで自分達が住む地について、自分達の目で確かめた対話の中から
何かが生まれるような気がしています。「何かとは何か?」ときかれてもうまくこたえられないですが…
そういう活動をやってみたいかな。新しい市民団体としてね。
地域の中でもワクワクしたいです。こういうことをここ数日で考えています。

---

さて、はなしが変わりますが
↓以下のブログは、だいたい毎日ブログランキングの応援クリックをしています。
きくちゆみのブログとポッドキャスト
きっこのブログ
発信者の、人としての気持ちがみえるから好きなんです。
みなさんにもぜひ読んでいただきたいです。

ブログにもいろいろありますが、どれも何かしらメッセージを発信していて
自分が共感できるメッセージの発信者が、別の同じようなメッセージを発する発信者とつながっていたりして
そのつながりの輪、共感の輪がだんだん広がって、日本も変わるんじゃないか、と思う今日この頃です。

 
 

Posted by fumitoku : 08:35 PM

February 19, 2009

2/19(木)

府中運転免許試験場で更新手続き後、野川沿いを歩いて帰る。
途中、野川公園の自然観察園に立ち寄って、水路や池をのぞいたり
コサギが池で魚を追いやってつっつくところをみたり。
土手では80歳くらいにみえる女性がジョギングしていて驚かされたり。
釣糸を垂らして「コイでちょっとあそんでいるだけだから」というおやじ2人に遭遇したり。
水車小屋の横が一番渡り鳥が多くて、まだコガモやマガモやオナガも多いなとつぶやいたり。
そんなこんなで花粉をめいっぱい浴びて帰宅しました。

そして、免許証の顔写真は、今までになくぷっくりしているのでした。
その現実を受入れつつも「2年後をおぼえていろよ、きっとほっそりしてやるからな」と
心で叫んだのでした。

---

しかし、しかしだ
高木善之さんの「非対立」という考え方
その通りだと素直にうなずけるんですが
今の自分には、自然に実践できるまでには至っていませんね。
いつ何時も「非対立、非対立」と、自分との対話が必要なようです。

 
 

Posted by fumitoku : 10:16 PM

2/18(水)


高木善之さんと飯田史彦さんの本を買い込んで
これから読もうとしているところ。

 
 

Posted by fumitoku : 12:29 AM

February 18, 2009

2/18(水)

おしらせその2です。
数日前に関西が熱いと書きましたが、関東も冷静で熱いです。
というより、全国的に環境運動、社会運動の輪がつながっているようです。
わたしもその輪の中に入りたいので、何かしら行動します。

---

▶ バカでもできるもん!! 環境作戦会議

当日スケジュール
3月15日(日) 12:00開場、13:00open
上野水上音楽堂
参加費:1000円(中学生以下無料)
主催:環境作戦会議
協賛:パタゴニア

●TALK1「喝よりウカツが効く! ニッポン環境大作戦」

●TALK2「覆面記者とお忍び政治家が語る! マスコミ・政治家の取扱説明書」
マエキタミヤコ
菊川慶子(六ヶ所)・冨田貴史(祝島)・KEN子(高江・泡瀬干潟)・森明香(八ッ場)・坂田昌子(高尾山)
北川尚紀(週刊SPA!)・明珍美紀(毎日新聞社)
お忍び政治家さん and more

●LIVE出演
渋さ知らズオーケストラ、RabiRabi X PICO、風義、ゆめやえいこ、KEN子、
辰巳玲子 & 礼 (Land andLife) and more

*会場は、高尾ドリームキャッチャーで、デコレーション(by 三橋玄)
 当日は、ドリームキャッチャーのワークショップブースもあり。
*雨天決行!!


●その他のイベント盛りだくさん
どうぞ バカでもできるもん!! 環境作戦会議 ブログをチェックしてみてください。

03/29 LIVE and TALK 天狗もやるもん! 環境作戦会議
03/20 【アフターイベント】 ふろむあーすカフェ オハナ
03/16 【アフターイベント】 カフェスロー@国分寺
03/08 【プレイベント】 ほのかふぇ@三鷹台
03/07 【プレイベント】 カフェ パシフィカ@小川町
03/01 【プレイベント】 気流舎@下北沢
02/28 【プレイベント】「ホピの予言 2004年度版」上映会 トークライブ 最勝寺@江戸川区


*環境作戦会議ブログより転載させていただきました。
 わたしは「虔十の会」のメンバー予備軍希望者として動こうと思います。
 関係者のみなさん、よろしくお願いいたします。 (富岡史棋)

 
 

Posted by fumitoku : 10:52 PM

2/18(水)

お知らせです。

▶ 3/9「bloom」1周年! サンキューふれあい上映会 ←詳しくはこちら

母となったばかりの女性のリアルな声を集めた
ドキュメンタリー映画「bloom」おかげさまで1周年!!
NPO法人子育てコンビニより感謝の気持ちをこめてチケット代は390円!!

2009年3月9日(月) 13:30〜15:30(上映+ミニトーク)
三鷹市福祉会館大広間
共催:社会福祉法人三鷹市社会福祉協議会 後援:三鷹市

●予約お申し込み方法
必要事項「お名前(複数の場合、ご予約者全員のお名前)大人、子ども(年令)、ご住所、お電話番号、メールアドレス」を書いて info2@kosodate.or.jp までご予約ください。

●予約お申し込み期間
1/15〜2/27

●お問い合わせ先
Tel: 0422-41-7021(子育てコンビニまで)
ご予約完了のご連絡を3日以内に差し上げます。
チケット代(中学生以上390円)は当日受付でお支払いください。

●当日スケジュール
13:00 開場 
13:30 上映開始(上映時間60分)
14:40 ミニトーク「あの人は今」*bloom出演者にお話しいただきます。
15:30 終了

*おやじの部屋・みたか組のメンバー数人も会場設営に参加を予定しています。
 「Thank you」を「39」にしてしまうノリがいいじゃありませんか。

....................................................................................................................................

▶ 3/12「bloom」上映会 調布 ←詳しくはこちら

2009年3月12日(木) 13:00〜
調布市グリーンホール 小ホール
入場料:予約500円/当日700円
主催・お問い合わせ先:金子レディースクリニック Tel: 042-489-0229

●予約お申し込み方法
skaneko@kaneko-ladies.com までご予約ください。
代表者のお名前と参加人数をお知らせください。お子様連れも歓迎です。

....................................................................................................................................

以上、「bloom」2回分の上映会のお知らせです。
初めての妊娠、出産、育児。出演者それぞれの声をきいてみてはいかがでしょうか?
体験談や感じ方は「みんな違う」というのが面白いポイントだと思います。
でも、新しい命を大切に思う気持ちは、みなさん同じだと感じることができます。

(おやじの部屋・みたか組 事務局:富岡史棋)

 
 

Posted by fumitoku : 10:45 PM

2/16(月)

井の頭池、カイツブリのヒナ二羽に会えました。
二個目と三個目の卵から孵ったヒナたちです。
寒さが戻りましたので、今後が心配です。
ヒナは寒さを乗り越え、親はヒナに餌を運び
何とか生き延びて成鳥になってほしいものです。
井の頭池をおとずれる観察好き皆の希いです。

 
 

Posted by fumitoku : 02:32 AM

February 15, 2009

2/15(日)

2/13と14に井の頭池のカイツブリの卵からヒナが一羽ずつ孵ったそうなので
明日行ってみようと思います。
カイツブリにとってはこのあたたかさは幸運です。
でも冬は冬、すぐに寒さが戻るでしょう。ヒナが無事に育つかどうかは難しいところです。
残念ながら、一羽目のヒナはすぐに死んでしまったそうです。

 
 

Posted by fumitoku : 11:33 PM

2/14(土) 春か? と思う程快晴、2月半ばでこの気温はよろこんでもいられない、そして花粉症発症


行ってきました「7 Generations walk」2/14のプレイベントへ。
「虔十の会」の坂田さんや、「天然住宅」「未来バンク」「JVC」田中優さんのおはなしをききたかったことと、この「7 Generations walk」ってどんなことをするのかを知るために。

JRの平井駅には初めて降りました。会場の「最勝寺」は、荒川のすぐそばにあり、わたしが学生時代住んでいた北千住を思い出させてくれました。本堂で、ゆったりとした時間の中でのイベント。終わったのが午後10時ですから、それだけ盛りだくさんの内容だったということです。講演だけでなく、ライブもよかったです。

さて、この「7 Generations walk」とは何なのか? ここを読んでみてください。発起人の山田俊尚さんは最勝寺の住職さんです。お寺という場所を活用してイベントをひらくことが素晴らしいなと思いました。人が出会える場所を持っている。これは大きな力だと思います。今回のプレイベントで山田さんのあつい思いをうかがい、わたしも東京周辺のウォークに参加してみようかなという気になりました。最後に3分の瞑想のための黙祷とみんなで般若心経を唱えるというのも初体験でした。

坂田さんのおはなしは、気持ちよかったです。高尾山の自然、生きものたちへの観察眼とあたたかなまなざしが詰まっているから。虔十の会の活動の鍵は「楽しいけれど、心は静かに」。怒りや悲壮感ではエネルギーは持たない。一時だけエネルギーを爆発させても問題は何も解決しない。楽しみながら地に足をつけ、根をはって、永く活動を継続しながら、問題解決を目指すとい姿勢に惹かれます。相手を認める「Yes」ということばにも。今後わたしも虔十の会に参加しようと思いますのでよろしくお願いします。

田中さんのおはなしは、今までYouTubeやブログなどで大体の講義内容は知っていたのですが、生の講演ではその情報量が半端ではなかったです。自分達の中の経済というものをつくっていく必要性、地域の自立、みんなが感受性を磨くことなどとともに、講演後の若者からの「自分にできることは何ですか?」という質問のこたえが、強いことばで心に届きました。「その人なり、自分なりの表現をすることが大切なのではないか。好きなこと、得意なこと、表現方法は何でもいい。とにかく何かアウトプットしなければ、何もなかったことと同じ、その人が存在しなかったことと同じだから」と。もひとつ「FUNKIST」をとても好きなミュージシャンだというその理由もうかがえてよかったです。

すぐに帰りたくない気分、しばらく余韻にひたりたく、秋葉原で途中下車して「味処はつくら」に寄り、酒を呑みました。知った顔もありました。終電を気にしつつ、帰りは吉祥寺まで行き、さらに余韻にひたりながら、ホロ酔いで2時間かけて歩いて帰りました。「7 Generations walk では1日のウォークが8〜9時間だったっけ?」とか「自分には何ができるんだろう?」という自問を繰り返しながら。

個人でできることとできないこと。変な社会の仕組みを変えないと。やはり政治の力は大きいですね。政治をいい方向に変えていけるかどうか。わたしたちひとりひとりにかかっています。今、いろんな人が動いています。そしてつながっています。わたしも手をつなぎたいです。

次は3/15の「バカでもできるもん!! 環境作戦会議」というイベントですね。わたしのブログを読んでくれる数人の知人友人のみなさん、興味あれがぜひ参加してみてね。


 
 

Posted by fumitoku : 09:00 PM

February 13, 2009

2/13(金)

早朝に「クレイマー クレイマー」を観ました。
なぜかというと
ファザーリング・ジャパンが立ち上げたフレンチトースト基金(父子家庭支援基金)が気になるからです。
わたしも何か応援しようかなと。

子ども、子ども、子どもが笑えるように

 
 

Posted by fumitoku : 08:01 AM

February 12, 2009

2/12(木)

今日は暖かかったですね。
野川の水がとても澄んでいました。
仕事の打合せ、往復2時間歩きました。
ほっかほか。

---

で、はなしが変わりますが
今、関西方面があついのです。
木を植えたり、ゴミをひろったり
地球の将来を考える講演があったり
平和のためにうたうイベントをひらいたりと。

ひかれます。

そして、自分にできることは何かと考え
少し行動に出ています。

 
 

Posted by fumitoku : 09:20 PM

February 10, 2009

2/9(月)

夜、野川流域連絡会の生きもの分科会に出席しました。
会議の席よりもその後の居酒屋の席の方が
リラックスして気さくにはなし合いができるものでして
はなしもはずむし、いろんなアイデアも飛び出したりして。
どうにか、会議の席をこんな雰囲気にしたいです。
その方法はいろいろとあると思いますので
提案しながら進めたいと思います。

その鍵は、メンバー間の交流でしょうね。
「あの人はこんなことをやっている」とか「こんな考えをもっている」とか
相手のことを少しは知っていた方がコミュニケーションはとりやすいと思います。

とにかく、野川流域連絡会への参加がもっと楽しくなるよう
メンバーのひとりとして取り組みたいと思います。

一週間のリンゴダイエット明けに久しぶりに酒を呑みまして、気分はよかったです。
今週からは、一週間に3日(火・木・土)をフルーツデイにして、食生活を見直します。

 
 

Posted by fumitoku : 10:03 PM

February 08, 2009

2/8(日)

リンゴダイエット最終日。-4.5kgというところ。
個人的にはそんなに無理した気はしません。
今後の食生活を見直すきっかけになると思います。
「誰かといっしょなら酒は呑んでいい。ひとりでは呑まない」
という昨年11月からの娘との約束とともに。

---

小枝の梅を一束買ってきました。
部屋の中がほんのり香ります。
この香り、小学生の頃、梅園に遠足に行ったことを思い出します。
それで気付いたのですが、外の寒さの中の方が、より「梅」というものを感じます。
香りとともに、肌で感じた温度も思い出となっています。
あ、あとわたしの場合は「色」も大切だったりします。
つまり、五感ということでしょう。
意識しなくても、こころとからだいっぱいで
季節のうつろいを感じているんでしょう。

 
 

Posted by fumitoku : 08:45 PM

February 07, 2009

2/7(土)

6日で-4kgというところ。リンゴダイエットは明日までです。
リンゴには飽きましたが、食べないことには慣れました。
わたしの体から、普段は食べ過ぎていたんだよという声がきこえます。
一週間リンゴダイエットはもうしないかもしれません。でも、来週から食事を見直します。
家族の協力のもとで。娘との約束は効き目あり。
つまりは家族の目が、監視というか、チェック機能を果たしてくれるのです。

夏までにあと-10kg目標。健康的にね。
恥ずかしながら、そのくらいでちょうど標準体重なんです。

 
 

Posted by fumitoku : 09:36 PM

February 06, 2009

2/6(金)

午前中、市民大学受講。
今日は、井の頭かんさつ会の田中さんの講義で
カイツブリへのまなざしをうかがえたのがよかった。
ぜひその観察を物語にして書籍というかたちにしていただきたい。
田中さんにしか描けない物語。
きっと読んだ人のむねに届くと思う。
少なくともここにいるひとりはそう感じるでしょう。

---

しかし、井の頭池の外来種問題。外来種をどうとらえるかという議論もあるが
環境の変化に気付き、重要な問題だということに気付き、声をあげ、問題解決のために動くのが
大体市民が最初というところは何とかならないか。
行政が動くのはかなり後手。しかも世論がさわぎ出してからという条件付き。
行政に関わる人間は一体何をみているのか? 観察していないんだろう。
前にも書きましたが「観察」の意味って何でしょうね?

疑問や好奇心が鍵だと思います。

---

さて、市民大学後、歩いて井の頭池のカイツブリとそのたまごをみに行きました。
ありました。たまご3個。
つがいの交代まで待ったのは今日が初めてでした。
このたまごのことを知っている人はみな、ヒナが孵ることを望んでいます。

---

そして、帰りの散歩の道すがら。
水神苑わきの小さな湧き水路にキセキレイの姿があり
近づこうとしたわたしをみたキセキレイは一度姿を消しました。
でもしばらくすると戻ってきて
水路から顔を出している石の上をちょんちょんはねながら
水を飲んだり石を覆うコケか水草のようなものをつっついた。
5m程の至近距離でも逃げなかった。
キセキレイが繰り返すその様子をしばらく眺めました。
そして、わたしはそおっとその場を後にした。
先に逃げないでよかったと思いながら。

 
 

Posted by fumitoku : 07:09 PM

February 05, 2009

2/5(木)

リンゴダイエット4日で-3kg。
今回はあと3日。多分できるだろう。
デトックスにもなるので、たまにやろうと思う。
ただ、リンゴだけっていうのは飽きる。

一週間以上の断食断水断眠で
不動明王の真言を唱え続ける行を成しとげる
大阿闍梨に比べることはできないが
一日リンゴ3個は十分過ぎる。

今年は煩悩の根源のようなものを少しおさえるようにしたい。
自分はちょっと変わらないと。精神的にも見た目にも。

で、リンゴダイエットなんかい?
と、突っ込まないでください。

 
 

Posted by fumitoku : 09:31 PM

February 04, 2009

2/4(水)


白リン弾や高密度不活性金属爆薬(DIME)の使用は戦争犯罪。
でも、それを使わなくても人殺しは人殺し。人道的とは何か?

 
 

Posted by fumitoku : 10:12 PM

2/4(水)

きくちゆみさんのブログとポッドキャストでご紹介されている
こちらのブログをご覧ください↓

DAYSから視る日々

ガザの惨事は終わっていません。
子どもが殺される社会というのは先がないと思います。
堪え難い堪え難い堪え難い。
でも、子どもが生き残って親が殺されるのはまだまし
というこでは決してありません。
無差別な人殺しは全てにNONONONO

日本では、親が我が子を殺しています。

それじゃ、だめでしょ。

 
 

Posted by fumitoku : 09:37 AM

February 03, 2009

2/3(火) 夜のこと

リンゴダイエットというものの二日目。
一日にリンゴ3個、飲み物は自由(甘いのと酒はダメ)という内容。
イベントみたいなノリでやってます。
今回は8日いっぱいまでつづけてみます。

 
 

Posted by fumitoku : 08:40 PM

2/3(火) 朝のこと

十ヶ月の娘が歩く姿に驚かせれるそばで
それをみていた四歳の長女が放ったことば

「○○ちゃんが歩きつづけているよー」と

「○○ちゃんが歩いてるよー」なら分かるんです。
この「つづけている」に、めっさ驚きました。
いつのまにか語彙が増えています。
自分の感情をあらわすための。

一体どこで覚えてくるんだろう?
親かな、保育園かな、絵本かな、アニメかなー?

ま、個人的にはうれしかったということです。

 
 

Posted by fumitoku : 11:31 AM

February 02, 2009

2/2(月)

父親ネットワーク・サミットのレポートはこちらです。

---

どういうわけか、今日から一週間リンゴダイエットが始まりました。

 
 

Posted by fumitoku : 06:38 PM

February 01, 2009

1/31(土)

さてこの日、われわれおやじの部屋・みたか組
こどもの城で開催された、父親ネットワーク・サミットに参加しました。

「おやじの部屋・みたか組」チラシPDFはこちら

20090131_1.jpg
↑会場の雰囲気。
 男性が多く写っていますが、家族連れや関連分野従事者、児童学科学生なども来場していました。

20090131_2.jpg
↑ひっそりとしたたたずまいの「おやじの部屋・みたか組」コーナー。

20090131_3.jpg
↑パネルの前、お揃いの手づくりネッカチーフで記念にパチリ。


感想は後で書きます。

参加団体の方々、関係者の方々、会場で声をかけてくださった方々
お世話になりました。ありがとうございました。

先ずは、お礼まで。

 
 


Posted by fumitoku : 01:27 PM