« December 2008 | メイン | February 2009 »

January 29, 2009

1/29(木) 今日は明日の朝まで起きているだろう

さて、唐突ですが
「こんばんは」と書くか「こんばんわ」と書くか。
昭和61年の現在仮名使い告示後は「こんばんわ」の方は間違いとのこと。
しかし、あえて「こんばんわ」と表記する人もいるそうで
わたしも「こんばんわ」の方がしっくりくるかなあと
夜のメールを書きながらそう思うのです。

---

そして、コーヒーか紅茶などを飲みながら
少し甘いものがほしくなったりします。
トルコに行った時、甘いものはとことん甘くて参った経験があるのですが
日本にもありますね「かりんとう」というやつが。
甘くておまけに油もたっぷりで、参ったといいつつもういっぽん。
ああああ、手が伸びてしまうのです。

 
 

Posted by fumitoku : 11:48 PM

1/29(木) まとめて

仕事以外にもやることがそれなりにあり
ためて一挙にまとめてやってしまう
そういうタイプです、わたしは。
で、今回はできるの?
分かりません。
いつもギリギリセーフかアウトです。

アウトじゃだめじゃん、と
つっこみを入れてやってください。

---

1/28(水)

事情があり、一日次女の子守り。
天気がいいので外出しようと久しぶりに井の頭公園へ。
池には、時期外れで卵を産んだという情報通り、カイツブリがいました。
じっとじっと抱卵していました。

七井橋はそこそこに、水生物館や本館をまわりました。
生後10ヶ月の娘は、目の前で動くニホンリスやニホンザルをみていました。
どう映っているんだろう? と思いながら、わたしはそんな娘をみていました。

夜は長女とべったりあそびました。
絵本をよんであげたり、相撲をしたり、パズルをしたりと。
それから娘たちといっしょに風呂に入り
あそび疲れたわたしも早々と眠ってしまいました。

結局何にも仕事をしませんでした。

それでいいのか?
ま、これでいいのだ。

---

1/25(日)

神沢利子さんの誕生日会に家族で参加。
神沢利子展プロジェクトの面々再集合。
あたたかい会でした。

今日1/29が本当の誕生日。
神沢さん、誕生日おめでとうございます。

 
 

Posted by fumitoku : 02:09 PM

January 24, 2009

1/24(土)

Zeitgeist ツァイトガイスト (時代の精神)

このシリーズみたほうがいい。
You Tube でもいろいろアップされている。

人間はどこに向かうのか?
わたしはどう生きればいのか?

 
 

Posted by fumitoku : 07:49 AM

1/24(土)

パキスタンの惨状に人間の愚かさを嘆きながらも
目の前で起こっていることでも自分や家族や友達のことでもないので
日々薄れたり、忘れることもあって、当事者(加害・被害とも)意識はなかったり
それが無責任なのかそんなものなのかと、こたえがでない問いがあって。
でも関係ないことないのです。

そんな今。
毎日、登録しているメルマガが必ず数件は届き
その内容は、それぞれの発行人が何かの目標に向かって動いている内容で
会ったこともないその人のその姿を思い浮かべてみたり
それは自分だけの目標でもなく誰かのことも考えていたりするもんだから
わたしも明るく元気に生きなければ、なんて思う今日この頃、この数時間。

 
 

Posted by fumitoku : 06:43 AM

January 23, 2009

1/22(木)

すでに金曜、週末早い。

どうでもいいことですが
我が家には3年前くらいから
テレビがありません。

 
 

Posted by fumitoku : 12:54 AM

January 22, 2009

1/21(水)

ガザ。イスラエル軍撤退完了。

沈黙していてもしかたないですが。
たとえば寒くて雨の中、跡形もなく家が壊されて屋根の付いた寝床もなく
その上親も殺された子どもがいるかもしれないなんて考えたら、ますますことばが出ません。

オバマ米大統領就任。

何が変わるのか変わらないのか、そのうち分かるだろう。
しかし、わたしの目の前にはあいかわらずの日常がある。
目の前に、生後十ヶ月になる娘が笑って泣いてそこらじゅう何でも手でつかもうとして何でも口に入れてよだれをいっぱい垂らしてご飯は自分で食べないと気がすまなくて手と顔をぐっちゃぐちゃにしてあーあーうーうー何かしゃべって時にさけぶような大声で意思表示して音楽に合わせてからだをゆらしてこっちみて自分の足でスクワットして立って尻もちつきながらも十数歩なんて。
一週間一日一時間と、できないことができるようになってゆく姿。
その姿、当たり前に明日もある明日もやってくると思わされます。
そう思えるのはありがたくしあわせなことなんでしょう。
わたしには屋根の付いた寝床も毛布もありますし、我が子が食う飯もありますし。

と思いながら、仕事をしています。

 
 

Posted by fumitoku : 01:38 AM

January 19, 2009

1/19(月)

きくちゆみのブログとポッドキャスト

イスラエル「一方的な停戦」の意味を分かっている人もいると思いますが
みなさん、2009.01.19のブログを読んでください。

 
 

Posted by fumitoku : 09:12 PM

1/18(日)

朝から野川流域連絡会の冬の生きもの観察会に初参加。
この時期の野川にどんな水中生物がいるのかを知りました。

---

夜は、プレーパークむさしののみなさんの新年会におじゃましました。
わたしは三鷹市、彼らは武蔵野市、おとなりさんということで
よんでもらえてうれしいのです。


SN390443.jpg
↑写真は、梅の切り売りがほんわかした気分にしてくれる野菜直売所
 代金入れが竹筒なのもさらによし。(2009.1.16)

 
 

Posted by fumitoku : 01:16 PM

January 18, 2009

1/17(土)

阪神淡路大震災から14年。

懺悔。

わたしは夜から朝までのバーテン勤務だった。
その時、泥酔して眠りについた頃だった。
同日夕方ニュースを知り、姫路の親に慌てて電話をした。
つながらなかった。心配した。数時間後につながった。状況をきいて安心した。
そしてあいかわらずバーで働きながら呑んだくれていた。
募金を少ししただけで、同じ兵庫なのに、その地に向かわなかった。
ただ呑んだくれていた。

26歳、他人の痛みが分からない頃。

懺悔懺悔懺悔。

---

我が家に娘の友達が2人とお母さんがあそびにきた。
大興奮大音量でおとなは降参。
うれしい楽しい、子どもの生きるエネルギー。

対して、イスラエルのやっていることはむちゃくちゃだ。
学校を爆撃するなんて人の道を逸してる。
もう何人子どもが殺されただろう。
わたしに何ができる?
日本から募金してもどう役に立つんだろう。
誰か止めて。国際政治の力は無力なのか。
悲しいさびしい、こわいこわいこわい、助けてー助けてー助けてー助けてー
子どもの生きるエネルギーが消えてゆく。

 
 

Posted by fumitoku : 12:22 AM

January 17, 2009

1/17(土)


Winners of the Ideas for Change in America Competition

オバマ新大統領は、みんなの声を政策に反映しようと、オンラインで一般からの意見を集めていました。
てんつくマンのメルマガで呼びかけがあり、わたしも投票しました。
「Develop & Implement a National Strategy for Sustainability」=「持続可能な開発を国策として入れよう」に。
そして、どうやら10位以内に入った模様です。今のところいいニュースです。

アメリカがどう変わるんでしょうか。注目したいです。

もしもいい方向に変わってゆこうとしても、それを阻止しようとする奴らに
オバマ大統領が暗殺されるなんてことにならないように祈ります。

 
 

Posted by fumitoku : 12:54 PM

January 16, 2009

1/16(金)

興味深い映画
↓↓↓
「ミツバチの羽音と地球の回転」

自分の中で、要チェックです。

 
 

Posted by fumitoku : 11:43 PM

1/16(金)

すぐにできること。
↓↓↓こちらをご覧のみなさんもよろしくお願いします。
パレスチナ、ガザへの緊急支援のお願い

---

今年最初の市民大学は「水と安全」講師は村上陽一郎先生でした。
問題解決に向けて、わたしたちに何ができのるかという質問に
「自分の身の丈に合ったことをやる。そして続けることが望ましい」
ということばをいただきました。

そうですね。その通りだと思います。
ありがとうございました。

 
 

Posted by fumitoku : 10:19 PM

1/15(木) すでに16日

今日は今年になって初めて井の頭公園に行きました。
寒いので池の水が少しきれいに見えました。
渡ってきたハシビロガモ、キンクロハジロ、オナガガモ。
そして、カイツブリ、オオバン、オシドリ、カワセミなどに会えました。

井の頭公園周辺に事務所を借りる件
まだ実現できませんが、実現できたなら
多分、四季折々、公園周辺の景色、環境の微妙な変化も
肌で感じられるようになるんだろうなと
そんなことを想い、にんまり歩きました。

---

唐突ですが、登録をおすすめします↓
田中優の“持続する志” 優さんメルマガ →サイトはこちら

 
 

Posted by fumitoku : 03:39 AM

January 15, 2009

1/14(木)

ブログの内容がつながっていますが
映画「おくりびと」 これは観ます。多分後で、DVDレンタルで。

義母が亡くなった時に
おくりびとが言った「慈愛」ということばが一番印象に残っていまして。
その時に、親族が集まった部屋が、そういうものでつつまれていたことを
思い出させてくれます。

これは観ます。

 
 

Posted by fumitoku : 01:02 PM

1/14(水)

友人(というと彼に失礼か)ミュージシャンのヨシンバの吉井さんの20008.12.31のブログに
伊藤比呂美さんの『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』がとにかく素晴らしい、美しいということで
感化されて、買って、さっき深夜のファミレスで読み終わったところです。
その深夜のファミレスは、あの(どの?)がんばれすかいらーくでして
そこは少し前まで、アルファベット表記でザ・スカイラークだったのですが
いつの間にかすかいらーくになり、24時間営業になっていました。
夜10時ですでに客は数組、午前1時半にはほぼ貸し切り状態なのでした。
さて、脱線しました。『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』なんでした。
すごく気持ちよく読めました。老いや死についてふれています。
わたしが20代の頃には、自分の老いについてなんて全く考えもしなかったことです。
それが、子どもを授かってからは、自分が老けていくことをたまに想像したりします。
そうですが、自分の死とは何かなんて、寝ても覚めても考えることはまだないのです。
この本は、その生きている誰もがまだ味わったことのない死について書かれています。そして生も。
そうなんです、生きているもは死んだことない。死を知りません。

でも 必ず 人は 誰でも いつか 死にます

一度死んだ「ONE PIECE」のブルックでさえ、死が何なのかは多分よく分かっていないと思います。
それを長編詩ですからことばで表現するわけですが、ことばで表現できる人ってすごいなと思いました。
あ、作者は言いたかったこと全てを言い切れたかどうかは分かりませんが。

特に259ページあたりは、読んでいて気持ちがすーーーっとなりました。

で わたし 好き この本

作者のこころの中を少しのぞきこんでしまったようで、わたしがはずかしくなってしまいました。
表現者ってはだかですね。表現ってはだかになることなんですね。

ふたり合わせて、よしいとうさん、ありがとう。そして生にもありがとう。

---

そして、そろそろ公開します。
おやじの部屋・みたか組のブログを始めました。
わたしが最もこころを痛めている「親の子殺し」や「子の親殺し」。いのちの軽さ重さ。
今、みんながいのちについて考えることが必要だと思うのですが
そういうことにもつながっていくと思いますので、のぞいてみてください。
個性ばらばらのおやじメンバーで、これから内容を面白くしていきます。

 
 

Posted by fumitoku : 03:03 AM

January 13, 2009

1/12(月)


Gaza Slide

子どもが殺されている
子どもが泣いている

地獄だ

「人道」って?

 
 

Posted by fumitoku : 01:36 AM

January 11, 2009

1/11(日)

品川から四谷に移動。
「スピークアウト & デモ:イスラエルは占領とガザ侵攻をやめろ!」に参加。
こういうの初参加。先ずは意思表示。
専門家や研究者、活動家もそうでない人ものいろんな声をきき
その後、新宿に向けてデモ行進。親子連れの姿、若いもんの姿もあり。
その数、400人程とのこと。

SN390434.jpg
SN390436.jpg
20090111.jpg
↑誰が殺されてもいいわけない。同罪。でもあえて「子ども」と言いたい。

この一連の運動は「実行委員会」が企画し運営している。
実行委員会のみなさん、おつかれさまでした。
こういう機会をつくってくださいまして、ありがとうございます。

---

朝、快晴。
昼、快晴。
友人が展覧会に出品しているのでそれをみに品川へ。
最初に勤めたCGプロダクションが品川だった。16年も前かと、一瞬ほーと。
Sくん、元気そうで何より。今度はゆっくり会いましょう。

 
 

Posted by fumitoku : 11:14 PM

1/11(日)


「環境問題って裕福な国の人が気にしたり考えること」と連れ合いが言った。
確かに、今や明日食うものがない人間が、地球温暖化を気にしたり憂いはしないだろう。

だから何が言いたいのって感じですが
環境問題も含めて、いのちに関わるいろんな社会問題がある中
いのちの危険や飢えの苦しみに自分が直面しなければ
本当には実感はできないな、ということ。

でもせめて「ガザ大虐殺」については
賛成反対の意思表示くらいはしようと思う。

わたしは反対です。特に幼い子ども殺しは容認できません。

イスラエル世論調査では賛成派が多数をしめるそうです。

世界中で反対デモが起こっています。
日本人ももっと意思表示すべきでしょう。
日本の政治家のトップには期待できませんから。
日本の世論はわたしたちひとりひとりがつくるしかありません。

 
 

Posted by fumitoku : 06:28 AM

1/11(日) 早朝


少しくたびれたほうれん草を
根っこから水につけておくと
半日でしゃきっと元気な姿に戻る

水の力

それと同じように
元気のない人間のこころを元気にするにはどうしたらいい?

なんてことを思う

---

さて、ここのところのネットのリンクリンクで
今までに知らなかったことがいっぱい頭に入ってきて
やや混乱気味であります。

そうではありますが
自分にとって大切なことを自問しながら
いろんなことをきく耳を持ちたいと思います。

---

はなしとんで
メールは内容によってフォルダ分けをしています。
「人・環境・生活」とか「野川」とか「おやじ」とか
仕事であれば、クライアント別に。20項目くらい。
で、最近圧倒的に「人・環境・生活」が多くなっています。

結局は、自分(たち)がどう生きるかということが
気になるのでしょう。

それは楽観からなのか悲観からなのか?

悲観までいかなくても不安は絶えず持っている。
楽観はしていないが、苦楽を楽しく生きたい。

自分ひとりのことではない。
全てはつながっているのです。

 
 

Posted by fumitoku : 06:06 AM

January 10, 2009

1/9(金)

望まない真実を知るとどうなるか

知らない方がよかったと後悔するか
口を閉ざすか
忘れようとするか

それとも希望をすてずに動くか

 
 

Posted by fumitoku : 03:50 AM

January 09, 2009

1/8(木)

きくちゆみのブログとポッドキャスト

勝手にご紹介。
自分にもできること、あります。

 
 

Posted by fumitoku : 02:20 AM

January 08, 2009

1/8(木)


More children among Gaza dead

子どもは死んではならない
未来が閉ざされてしまう

変な気分なのは
遠くの地で起こっていることが
こうやって映像で目と耳に入ってくることだ
今の時代、知ろうと思えば容易く情報が入手できる
どの情報を選ぶかは置いておいて

本当は一大事なんだ
だけど、わたしは
悲しみながらも昨日と同じように生活している
我が子が手づかみでごはんを食べている
手も顔もぐちゃぐちゃだが満足気な顔
もし我が子に食べさせるものがなかったら
わたしはどんな気持ちになるだろう?
想像すると痛い

今、わたしにできることは募金くらいだ
これでいいのか

本当は一大事なんだ
子どもが殺されている
今、まさに起こっていることなんだ
事実なんだ

誰が止められる?
誰か止めてくれ

 
 

Posted by fumitoku : 09:24 PM

1/7(水)

唐突ですが
自分なんかより魂のステージがでっかい人に会ったり知ったりすると
ほんま、ちっちゃいことにとらわれとったらあかんなーと思います。

立ってる場所が全然違う。

自分て何やろね。何ができるんやろね。

比較してもしゃーない。そうじゃない。

違うからおもろいんやで。何かあるやろ。

そうやな。

 
 

Posted by fumitoku : 01:35 AM

January 07, 2009

1/7(水)

ポストに『ジプシー・キャラバン』のDVDが届いていました。
うれしいのだ。

これを観ると、音楽の力で平和になれるような気になってしまいます。

 
 

Posted by fumitoku : 03:07 PM

1/7(水)

よみがえれ!! 井の頭池!
井の頭恩賜公園水質浄化セミナー and ワークショップの開催について
─都市の水辺環境を考える─

ご興味あれば、セミナーとワークショップに参加応募してみてはいかがでしょうか。

昭和37年には水涸れした井の頭池。
それから井戸水を汲み上げて今にいたる。
わたしが生まれた時にはすでに濁った水でした。
一方、昔の透き通った水と
池にはえた藻の間をモツゴが泳ぐ姿を知っている方もいらっしゃいます。

その差。
後から生まれてきた人間には、自然環境は選べません。

わたしも、そんな透き通った井の頭池をみてみたい。
当時の姿を知っている方たちも同じ願いをお持ちだったりします。

そりゃ、きれいときたない、美しいとそうでないなら
みな、前者の方を望むに決まっているでしょう(廃退した美が好きという趣味もありますが)。

さて、今の濁った水が本当に透き通るのでしょうか?
願いが同じなら、市民と行政が協力して、最善の方法で動くべきだと思います。
その可能性を探りにいきたいと思います。

 
 

Posted by fumitoku : 02:50 PM

1/7(水)


「イスラエル軍によるガザの学校砲撃」

異常だ

異常だ

むなしい


「国連事務総長が非難声明」

誰が止められるのか?

止めろ

止めろ

誰か止めてくれ


人間はどこに向かおうとしているのか?

破壊だ

破壊だ

我らは肉食動物だ

 
 

Posted by fumitoku : 11:03 AM

January 06, 2009

1/6(火) 朝になってしまいました

唐突に。
わたしはまだ直接お会いしたことはないのですが、友人からよくいいはなしをきいている
デザイナー立野竜一さんのサイト「Evergreen」をのぞいてみました。
掲載されている欧文ロゴタイプや欧文カリグラフィーに、ほれぼれしますよ。

そして、一番印象的だったのはコラムの内容です。
そのコラム「Futuraの噂話を検証する」より、抜粋転載させていただきます。

──────────────────────────────転載ここから

おかしいと思った時に、
専門家まかせにするのではなく自分で調べてみる。
そして自分の頭で判断する。
大事なのはそういう態度だと思います。

──────────────────────────────転載ここまで

全くその通りだと思います。
また、これはどんなことにでも当てはまると思います。

 
 

Posted by fumitoku : 05:20 AM

1/5(月) 夜中


さて、ここで。
自分がよく分かっていないので。


【NGO】
《 nongovernmental organization 》非政府組織。平和・人権問題などで国際的な活動を行っている非営利の民間協力組織。

【NPO】
《 non‐profit organization 》民間非営利団体。政府や企業などではできない社会的な問題に、非営利で取り組む民間団体。→特定非営利活動

【特定非営利活動】
平成10年(1998)施行の「特定非営利活動促進法(NPO法)」に規定される活動で、非営利で不特定多数への利益の増進に寄与することを目的とするもの。保健・医療・福祉の増進を図る活動、社会教育の推進を図る活動、街造りりの推進を図る活動、学術・文化・芸術・スポーツの振興を図る活動、環境の保全を図る活動、災害救援活動、地域安全活動、人権の擁護又は平和の推進を図る活動、国際協力の活動、子どもの健全育成を図る活動、情報化社会の発展を図る活動、科学技術の振興を図る活動などが該当する。

---

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べると
もっと細かく説明してあります。

 
 

Posted by fumitoku : 02:03 AM

January 05, 2009

1/5(月)
以下、メルマガを転載します。
読んでみてください。


■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇

   
  田 中 優 の “持 続 す る 志”

   優さんメルマガ 第31号 2009.1.5

    http://tanakayu.blogspot.com/

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇

□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■□■□


    JVCパレスチナ・ガザ支援のお願い

 イスラエル軍は、パレスチナ・ガザ地区に空爆および艦砲射撃
を加えた揚げ句、遂に陸上部隊を侵攻させました。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

     日本国際ボランティアセンター(JVC)
 パレスチナ・ガザ地区への緊急支援にご協力ください    
      ●クレジットカード募金も受付中!● 
    
      http://www.ngo-jvc.net                           
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

お正月の間も、攻撃を受け続けるパレスチナ・ガザ地区からJVC
のもとに、苦しい状況を伝える声が届いています。
「診療所は負傷者であふれている」「皆で毛布に包まって寒さをし
のいでいたら、爆音がして家の窓が一斉に割れたの」
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/200812gaza.html#fromgaza

すでに犠牲者は400人を超えました。

────────────────────
<緊急支援を決定>
────────────────────
今回のガザの緊急事態を受け、JVCは「パレスチナ医療救援協
会(PMRS: Palestinian Medical Relief Society)」を通した
緊急医療支援を決定しました。

現在、ガザ中心部にある病院は重傷者であふれており、中等度や軽
症のけが人に十分に対応することができずにいます。また、病院
まで負傷者を運ぶことが 困難 なほどに混乱もしています。

 PMRSはこれまで地域の診療所(クリニック)をベースに医療活
動を行っており、救急活動に携われるボランティアを数多く養成
して きました。 そこでJVCは、PMRSのクリニックへの救急セッ
トの配布と救急 ボランティアのトレーニングを通して、現地の
医療活動を支える事にしました。救急用具と、止血や人口呼吸な
ど救急対応をできる人々が地域にいることは、特にこの緊急状
態では とても重要です。

同時にこの支援が、ガザの人たち自身が互いに助けあい、危機
状況を乗り越えていくための励みにもなれば、と考えています。
今後、支援の状況について適宜報告していきます。

─────────────────────
<支援内容>
─────────────────────
■主な内容:
  ・救急セットの配布
  ・ボランティアへの救急法トレーニング実施
   (既にトレーニングを受けた人たちの再講習も含む)
  ・救急法講習のための道具の購入
■支援額:10,000USドル(約100万円)

─────────────────────
<活動内容を決めた背景>
─────────────────────

現在、ガザにある全てのPMRSのクリニックでは、全ての医療チーム、
そしてボランティアたちが24時間体制で、次々と運ばれてくる
攻撃による負傷者の治療にあたっています。また、全ての救急車、
巡回診療車を稼動させ、混乱状態の中クリニックまでたどり着
くことのできない負傷者の搬送にも追われています。

12月31日現在、ガザでは380人を超える死者、1600人を超える負
傷者が出ており、その中には多くの女性、子どもも含まれています。
イスラエルによる空爆および海上からの攻撃が続く中、この数字
は残念ながらこれからも増え続けることが予想されます。空爆が
始まって以降、ガザには医療物資が入ってきたと言われています
が、いつ物資が入ってくることができなくなるかわからず、そ
れも現在の増え続ける負傷者のケアには十分ではありません。
また、救急車等も全く足りておらず、通信状態も悪化し、いつ
どこでどれだけの人が負傷するかわからない状態にあります。

一刻を争う負傷の場合もあり、救急用具と、止血や人口呼吸など
救急対応をできる人々が地域にいることは、特にこの緊急状態
ではとても重要です。

※PMRS代表によるガザ医療状況の報告(12月30日)
http://www.ngo-jvc.net/php/jvcphp_epdisp.php?ThreadName=p01&ArticleNo=332

─────────────────────
<JVCとPMRSの関係>
─────────────────────

JVCは1995年からPMRSと共同で村の診療所、巡回診療の支援、2002
年には第二次インティファーダを受けての緊急医療支援、現在は東
エルサレムで学校保健事業を行ってきており、その活動に信頼を
おいています。今回の支援内容についても、パレスチナ西岸地区に
おいてPMRSスタッフとJVC日本人スタッフとで協議したものに 基づ
いています。
JVCは、ガザの人たち自身が助け合ってこの危機状況を乗り越えて
いく、この PMRSの緊急の取り組みを支援します。ガザの人々のため
に、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。


─────────────────────
■募金にご協力ください
─────────────────────
(1)インターネットからクレジットカードで募金

JVCクレジットカード募金 情報入力画面からお申込ください。
「募金先指定」の項目で「パレスチナでの活動」を選択してください。
https://gt205.secure.ne.jp/~gt205119/form_creditbokin11.html

(2)郵便振替で募金

00190-9-27495 「JVC東京事務所」
※通信欄に「パレスチナ」とご記入ください。


お正月休みの間も多くの方々から、続々とご寄付が寄せられて
います。すでにご協力くださった皆様に心より感謝申し上げます。
皆様のご支援を、確実に現地で役立てていきます。
引き続き活動を見守ってください。

○パレスチナ関連の最新情報
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/200812gaza.html

○JVCはこれまで、ガザ地区の栄養失調児への支援や、医療サー
ビスの届きにくい地域での巡回診療などの活動をっています。
これまでの活動はこちら。
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行> 日本国際ボランティアセンター(JVC)
〒110-8605 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6F
TEL 03-3834-2388 FAX03-3835-0519
info@ngo-jvc.net
http://www.ngo-jvc.net

このメルマガは転送、転載可能です。
また、田中優のブログにも掲載いたします。
http://tanakayu.blogspot.com/

◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□


最後までお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

引き続き、緊急にみなさんにお知らせしたく、メルマガを発行い
たしました。田中優さんが理事を勤めるJVCからの緊急支援のお
願いです。ぜひ、「なにかしたい」と思っている方たちに、情報
のバトンを手渡していただけるとうれしいです。よろしくお願いい
たします。             (こはら)
  

◆◇発行責任者  田中優の“持続する志”メルマガ担当 小原
◆◇公式ブログ  http://tanakayu.blogspot.com/
◆◇お問い合わせ happykoara3@yahoo.co.jp
◆◇メルマガの登録・解除は、
    http://www.mag2.com/m/0000251633.html
◆◇このメルマガは転送歓迎です。

◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

Posted by fumitoku : 10:21 PM

1/5(月)

今日から仕事はじめの方が多いのではないでしょうか。
わたしもぼちぼちと。

さて
昨夜、四歳の長女がはじめて筆をにぎりました。

DSC04525.jpg

 
 

Posted by fumitoku : 10:08 PM

1/4(日)


「即時停戦求める安保理議長声明案に米反発 ガザ侵攻」だと…

道を逸してる。


日本で報道されないニュースもウェブサイトで探せば知ることができる↓
Gaza: The Killing Zone - Israel/Palestine
Gaza pounded for third consecutive day
などなど…

人殺し、とどまるどころか、ひどくなっている。
子どもが殺されるのだけは堪え難い。
アメリカ人の総意じゃないだろう。
大統領よ、早く変われ。

 
 

Posted by fumitoku : 01:11 AM

January 03, 2009

1/3(土)


あけましておめでとうございます。

--

さて、2009年の幕開けです。
個人的にはそれなりにのんびりとした気持ちで新年を迎えました。

あまり笑ってもいられません。

なぜならば、その1〜3をご覧ください。
それで、もし賛同していただけるのなら署名をお願いします。


↓その1
───────────────────────────────────
「きっこのブログ」1/3分をぜひ読んでください。署名にご協力ください。
───────────────────────────────────

↓その2
───────────────────────────────────
「やんばる東村 高江の現状」1/2分の署名にご協力ください。
───────────────────────────────────

↓その3
───────────────────────────────────
「高尾山にトンネルをほらないで」署名にご協力ください。
「虔十の会」知ってください。
───────────────────────────────────


今起こっている、近いことから世界のことまで。
子どもが死ぬことと環境破壊は無関心ではいられません。

笑ってはいられませんが、新年を迎えて暗くなっていても仕方ない。
署名にどれだけの力があるか分かりませんけれど。
「虔十の会」は、事務所が近くなので一度参加してみようと思います。
とにかく、できることはやる。
じっとしていないで、今年は動く年にしたいと思います。

---

ということで、みなさま、今年もお付き合いください。
よろしくお願いいたします。


                    ふみ特 富岡史棋
 
 

Posted by fumitoku : 09:46 PM