« | メイン | »

December 26, 2008

12/26

追伸:極端なはなしではなく。


案件ごとに
クライアントごとに
分野ごとに
地域や国ごとに
性別や世代ごとに

人によって感覚が違うということで

違うものを認めるといいましょうか

他者を認める とか

多様性 とか

---

えーと、何がいいたいのかというと

デザイナーはいろんな感覚を持っていた方がいいのかな と思います。

感覚を着替えるというか。感覚を想像するというか。

---

さあさ
よく分からなくなってきたので、この辺でやめにします…

 
 

ここから続き

投稿者 fumitoku : December 26, 2008 08:11 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/474