« November 2008 | メイン | January 2009 »

December 31, 2008

12/31(水)

ふみ特 サイトのトップページを模様がえしました。
2009年は、表情豊かにいきたいと思います。

みなさん、よい年をお迎えください。

                    ふみ特 富岡史棋

---

12/30(火)

フラメンコ舞踊家、鍵田真由美さん、佐藤浩希さんファンのみなさんに朗報です。
舞台写真満載で、ARTE Y SOLERA のウェブサイトをリニューアルしました。
公認ストーカーカメラマンといわれる程、くまなく彼らの舞台を追ってきた
カメラマン川島浩之さんの写真がとにかくいいのです。
写真で、舞踊家としてのふたりの人間の軌跡が何となく伝わってくるようです。

それに、佐藤さんのブログもおすすめ。彼の視点が面白いのです。
あとそうそう、「カメラマン佐藤」さんの写真も素晴らしいです。
特別企画「Photo Gallery」のコーナーを、ぜひご覧ください。

中身がとってもいいサイトですね。

(まだ掲載していない舞台写真は、2009年1月中に掲載予定です。こちらもお楽しみに)


arteysolera_web_2.jpg


---

たまにしか会えない印判師Kさん、それにKさんの奥さんと
酒をごいっしょしました。

旨い酒でした。
Kさん、あなたに出会って、わたしは結構救われています。

いつもありがとう。

 
 

Posted by fumitoku : 12:28 PM

December 29, 2008

12/29(月) 2008年の年末に

2008年をふりかえり
2009年を望む

今年は、たーくさんの出会いがありました。
そして、いろーんなことを考えさせられた年でした。

---

・市民協働事業

2006年春から関わってきた神沢利子展プロジェクトが幕を閉じ
いいこともそうでないことも経験。
市民協働事業というものに初めて参加して思ったことあれこれ。
行政が用意した「枠」の中におさまらず、はみ出しながら、精一杯やれるだけのことはやった。
そして分かった市民協働事業というものの可能性と限界と。

---

・市民活動と地域交流

今度は、純粋な市民活動をやってみようという心境。
先ず、自分の中にテーマがあること。
あれば、動けばいい。なければ別にやる必要はない。

自分の住んでいる地をみつめることから始めた→
好きな場所→深大寺、神代植物公園、野川、野川公園、井の頭公園などなど。
あるきっかけで井の頭かんさつ会のTさんと出会ったこと。
自然観察会やそこからつながる『よみがえれ!! 井の頭池!』という取り組みは素晴らしい。
野川流域連絡会の都民委員応募とか
社会教育会館の市民大学総合コース「身近な水と地球環境」受講とか。
21世紀は「水の世紀」といわれているが、それってどういうこと?
先ずは本当のことを「知る」ことから始まる。
受講生同士の交流が元で「みたか野川の会」を結成。
市民活動にはキーマンがいる。会にさそっていただき感謝。
縁の不思議。その縁に何か「神の声」みたいなメッセージがあるんだよ、きっと。

一方、地域での人の交流という意味では
子育てコンビニのバーベキューイベントで知り合った父親同士
酒を呑んで話し足りなかったことがきっかけで、また会いましょうと
「おやじの部屋」を結成し活動を始めたこと。
地域の中に、女性や母親同士がつながるコミュニティはあっても
男性や父親同士にはなかなかそういう場がないので、男性たちの「小さなオアシス」になればいい。
この先どうなるかは分からない。けれど友達ができるだけでもありがたい。うれしい。
「おやじの部屋」という名がどこにでもある変な名で面白い。自分で付けようと思わない名。
つまり、自分でコントロールできないことが面白いということ。
出会ったもの次第というか、びっくり箱というか、流れをそのまま受入れるというか。
こだわりを持つことは大事だけど、何にこだわるか、逆にこだわらなくていいか、という。

「みたか野川の会」「おやじの部屋」で
三鷹市市民協働市民協働センター「5周年だよー! わっくわく♪秋まつり」へ初参加。
三鷹の市民団体や活動家とのつながりを大切にしたいと思ったこと。
先輩活動家がいっぱいいらっしゃる。2009年は、魅力ある先輩をお招きし
「○○さんを囲む会」みたいにして、市民活動に関わるいろんなおはなしをうかがいたい。

そんなにあせらず、ゆっくりと市民活動をつづけられればいいなと思う。
面白そうなアイデアはいっぱいある。

--

・家庭と生活と仕事

母となったばかりの女性のリアルな声を集めたドキュメンタリー映画
「bloom」(子育てコンビニ制作)の上映会の手伝いに参加してもう4回も観た。
出産や育児への感じ方、考え方は、出演者全て異なっていた。
みんな違うというのが当たり前なんだろう。

ワークライフバランスということば(英語ですね)をよく耳にした年。
子どもが生まれると、ほんと、仕事と家庭での生活のやりくりは慌ただしく大変です。
生まれたばかりの子どもは放っておくと死んでしまいますからね。
当然ながら、夫婦ともに(特に母は)自分の時間が少なくなります。
一日の生活の中に我が子の時間が組み込まれます。
生活をどうやっていこうかと、相方とはなし合いのくり返し。
こたえはそう簡単には出ない。
出たとしても空論ではなく現実にやっていかなくてはならない。
手さぐりするしかない。
そこを楽しめるかどうか。
もちろん楽しみたい。

どの家庭も大変です。いろんなことを考えています。
コラム「パパとママのリレーエッセイ」(参考までに)

わたしには関係ないこと、とばかりに、日々大泣き笑いする子どもたち。
そう、明日をつくっていくのは親の役割。

我が家では、今年はまたひとり家族が増えてにぎやかになった。
運命共同体が増えるということは
自ずと自分以外の誰かのことを考えることになる。
その視点は家族限定ではない。

すぐ近くから世界中まで(まだそこまで広い視点が持てないが)みわたしてみると
気になることがあります。いっぱいあります。

特に、ここ日本で起こっている「親の子殺し、子の親殺し」に最もこころを痛めています。
そして、地球温暖化を筆頭にした環境問題と戦争や貧困によって子どもが死んだり殺されることが
気になります。このままじゃいけない。無関心ではいけない。何かしないと。

そして声をあげて、問題解決に向けて、また希望に向かって動いている人たちも、たくさーんいるんです。
NPOやNGO、活動家を知るきっかけに、インターネットは便利。
(リンクで紹介したい人やNPOやNGOいっぱいありますが、ここではやめておきます)
次は実際にどこかの団体の活動に参加したり、活動家に会おうと思う。

とにかく何かしよう。募金という支援もあるし、自分の友達などに「こんな問題知ってる?」とか
「こんな活動をしている団体があるよ」って伝えることでも支援になると思う。

わたしはグラフィックデザイナーです。
ここ数ヶ月で「デザイン」を、そういう世の中の気になる問題に活かせないか、と思うようになった。
模索中だけど、2009年は動こうと思う。
生きていることを実感できるような、いろんな人がよろこんでくれるようなデザインをしたい。

また、わたしの中に問題意識やテーマがあれば、主体的にメッセージを発していこうと思う。
先ずは身近なところから始めるつもり。
ふみ特のウェブサイトをもう少し柔軟性のある情報発信用サイトにしよう。

そして、2009年秋頃までに井の頭公園周辺に事務所移転を計画中。
実現したい。

---

・個人的に

メタボ脱出ならず。やや進行。
2009年中にどうにかしなければ、わたしは早死するでしょう。
これからは人にもたくさん会うことになるので
第一印象「メタボな人」はいかがなものか。

あとは、おばさんに間違われるのもそろそろ終わりにしたい。わたしは男です。
心情としては、それはそれで面白いので間違われてもいいんですが、男としてどうなのか?
という疑問(誰かこたえてください…)。

---

ということで

ここをご覧の数人の方々
いつも読んでくださいまして、ありがとうございます。

仕事と市民活動関係でお世話になった方々
ありがとうございました。

引きつづき、2009年もお付き合いください。
よろしくお願いいたします。


   わたしなりのアイデアをかたちにしていきたいと思います。
   自分のいい面をのばしたいと思います。
   そして、楽しく生きたいと思います。


                     ふみ特 富岡史棋

 
 

Posted by fumitoku : 11:34 PM

December 28, 2008

12/28(日)

仕事はもう一山というところまでにきまして
気持ちは落ち着いております。

--

さて

2008年が幕をとじようとしている時
2009年を望もうとしている時にでも
地球上のどこかで
武力による争いがたえません

ひとりでも
愛する人たちとでも
仲間とでも

誰もが

ゆっくりと
ゆったりと

心の安楽をもって

新年を迎えることができればと
希います。


他者の破壊、暴力反対ということで↓
FREE BURMA WE ARE BUDDHIST,TOO Poetry Reading QUEIT

 
 

Posted by fumitoku : 01:40 PM

December 27, 2008

12/27(土)


仕事中ふと


小さい子どもや赤ちゃんは 一日に何度泣くんだろう?

数度 何度も 涙を流す

理由は 転んで痛かったり ちょっとさびしかったり しかられたり

そんなもんだろうけど

子どもって 泣くものなんだーて


泣いて 何かを 洗い流してる

いつでも そうしてる


だから 心がやわらかいの? 心が感じやすいの?

そうかー そうかー 涙のおかげ


わたしも 泣いてみようかなー

それが できなくなっちゃった

みっともないから というわけではなくて

涙が 出にくく なったのねー

 
 

Posted by fumitoku : 04:31 AM

December 26, 2008

12/26(金)


親だけにしか 分からない 我が子の かわいさって

いっぱいあると思います 唐突ですが…

 
 

Posted by fumitoku : 05:05 PM

12/26

追伸:極端なはなしではなく。


案件ごとに
クライアントごとに
分野ごとに
地域や国ごとに
性別や世代ごとに

人によって感覚が違うということで

違うものを認めるといいましょうか

他者を認める とか

多様性 とか

---

えーと、何がいいたいのかというと

デザイナーはいろんな感覚を持っていた方がいいのかな と思います。

感覚を着替えるというか。感覚を想像するというか。

---

さあさ
よく分からなくなってきたので、この辺でやめにします…

 
 

Posted by fumitoku : 08:11 AM

12/26(金)


デザインのスタート地点。

人ぞれぞれ喜怒哀楽の感覚、判断基準というものは異なると思いますが
3大欲求に関わることはうたがいないと思いますし
単純にうれしいこと、楽しいこと、悲しいこと、痛いことって
大体同じだといってしまっていいように思います。
極端なたとえですが、ナイフで刺されたら痛いでしょう。
気持ちいいなんて人は特殊な趣味を持っている人以外、まあ、いないと思います。
何度も刺されたら死んでしまいますよ。

(実はこの思い込みは… 下につづく)

だからデザインするにしても
そんなこと当たり前だから誰もが分かっている、というように
人間が持っている感覚を共有できるということが前提で取りかかるんですが
もしも、その前提が成り立たなければどうなるのか?
なんてことを今思いました。

逆に言うと、どういうことでしょうか。

そこにデザインの面白さが隠れていると思います。

ちょっと出ておいでって感じで
わたしがさそわないとね。

---

さてと、少し脱線しますが
戦争とか殺人とか、それで親をなくした子どものこととかを考えると
どう転んでも、やってはいけないこと、ゆるせないことはあります。
痛いでしょ、悲しいでしょ。

(この感覚も共有できないものなのか… 誰かこたえて)

 
 

Posted by fumitoku : 07:05 AM

12/26(金)


今年最後の週末がやってきてしまいました。
仕事納めの企業も多いと思います。
わたしには関係ありませんけれど…

さて、さっきとても悪い夢をみまして
夢でよかったと、ひとりで胸をなでおろしました。
だって、あんなことありえない…

なぜなんだ?

(それは、寝てなんかいないで早よ仕事せい、ということかなぁ)

 
 

Posted by fumitoku : 06:24 AM

December 25, 2008

12/25(木)

 
きょう とつぜん ともだちから でんわが かかってきた

「なかまが あつまるから よる のまないか?」 と ぼくのことを さそってくれた

ぼくは いきたかったけど 「しごとがあるので また さそってね」 といって ことわった

ざんねんだった でも うれしかった

なぜなら ぼくには ともだちが とっても すくないからだ


(未就学児日記風) あっ、でも、酒は×か…

あまり関係ないかもしれませんが
「ポンヌフの恋人」で、3年ぶりに女とデートできる男のはなしがありまして
今日がその日だとよろこんでいる男の気持ちが、わたしには分かります。

 
 

Posted by fumitoku : 03:14 PM

December 24, 2008

12/24(水)


↓最近の仕事。ふみ特 デザイン雑記帳 もご覧ください。
 
 
lipkind_omote_fin_3.jpg

lipkind_ura_fin_2.jpg

 
mogigi_omote_fin_2.jpg

mogigi_ura_fin.jpg

 
scat_omote_fin.jpg

scat_ura_fin_2.jpg

 
yokoyama_omote_3.jpg

yokoyama_ura_3.jpg

 
 

Posted by fumitoku : 12:35 AM

December 23, 2008

12/23(火)


ゆるしてください。
ひとつだけ追伸。


なっ

そっ

ひどっ


(なんで そんなに ひどいの!)の省略形
by 昔の職場のSさん


やっ、やめますやめます…

 
 

Posted by fumitoku : 10:40 PM

12/23(火)

天皇誕生日ということで世間は祝日ですが、わたしは仕事です。
先程まであせってやっていました。今は一段落してほっとしています。

年末まで仕事がまだまだあります。
アイデア出しは終わったので、後は力技。

眠くならないからだにスイッチできたらなぁ…

いや、もうあそぶのはやめます…
 
 
---
 
 
12/22(月)


夜、みたか野川の会の忘年会に参加。メンバー6人全員集合でした。
あっという間でしたが、メンバーのみなさんのおはなしがうかがえてよかったです。
先日と同じことをいいますが、年齢もバックグラウンドも違う人たちで
ひとつのテーブルを囲んでいる様子は、やはり不思議です。
縁というもの。そこには「何かがある」のでしょう。

その何かとは何か?

この会がつづくことをねがいます。

バスがなくなった時には
なぜか、三鷹から家まで大体1時間半くらいかけて歩いて帰ります。
今回もそうしました。

 
 

Posted by fumitoku : 10:14 PM

December 22, 2008

12/21(日)

仕事、仕事、まだまだつづく…

--

朝から、みたか野川の会メンバー4人で
野川流域連絡会の流量測定に参加しました。
その後、ファミレスでお茶。
わたしが一番年下で、最年長の方とは35歳差があります。
でも、野川仲間ということで迎えてくださり
テーブルを囲み、お茶して雑談できるんですから
不思議な縁を感じます。

これも、市民活動の魅力のひとつでしょうね。


12/20(土)

夜、三鷹にて、おやじの部屋・みたか組の望年会開催。
これからを望む会ということで、おやじの部屋をどんな会にしたいのかを語り合いました。
人それぞれの人生があります。いい歳になってからも、挑戦も迷いもあります。
夢や希望を持つことは、いいことです。それがあって、動いてみて、はじめて苦楽を味わいます。
今この瞬間ごとに、悔いのない人生にしたいものです。
メンバーの幸運をいのります。

DSC04291.jpg
↑ビールをついでいるところ


二次会に向かう途中、ミタカ ウィッシュツリー (これは、なかなかいい企画だよ) というのをみつけて…

DSC04298.jpg
↑ねがいごと and ピース


おやじ友達、いいもんです。

 
 

Posted by fumitoku : 03:04 AM

December 20, 2008

12/20(土)


Phil Collins On The Drums

聴いていて、はー気持ちいい。
それに、おやじ三人、実に気持ちよさそう。

こういうこと。

どういうこと?

大人が本気で楽しんでいるということ。

そういうこと、そういうこと。

---

Jacob Armen drum solo, seven years old!!

子どもだって負けてません!!


(分かった、分かったから早よ仕事せいっ)

 
 

Posted by fumitoku : 03:13 AM

12/20(土)

金曜の夜中から土曜へ。
仕事はつづくよ、どこまでも。

---

唐突ですが、ストレスはためないで
声に出していいたいことはいった方がいいんじゃないかと。

ひとりごとでもいい。

納得がいかないことが
ストレスになるんだと思います。

そう、自分の道が間違っていないと思うのなら
そのままいくべきだと思うのです。

それは
こころ、または魂にきいてみれば
分かることなのではないでしょうか。

---

年末の酒のさそい。
ちょうど空いている日だったりして
仕方がないなーもう。

会いたいと思う人だから会うのでしょう。
うれしいことです。

 
 

Posted by fumitoku : 01:30 AM

December 19, 2008

12/19(金)

もう金曜になりました。

週末が早い、早過ぎる。
仕事が遅い、遅過ぎる。

仕事は楽ではありません。
ま、そういうものでしょう。

---

家族の体調が悪いので
家族でサポートです。
当然ながら、そういうものでしょう。

 
 

Posted by fumitoku : 12:41 AM

December 18, 2008

12/17(水)

仕事用の年賀状も完成。
同時に今日、2案件の年賀状が無事納品されたとの連絡をいただく。
年賀状、みなさんはもう完成しましたか?

さてと、ぼちぼち宛名とメッセージ書きを始めます。

 
 

Posted by fumitoku : 02:26 AM

December 16, 2008

12/16(火)

今朝、仕事の合間に年賀状をつくっていると書きましたが
プライベート用の方は、今日できてしまいました。おー(ひとり拍手)。
特徴としては、長女に少し手伝ってもらったことです。
それは届いてからのお楽しみに…

自分ひとりでコントロールしきるというのも気持ちいいですが
誰かの力をかりるということだって結構気持ちのいいもんですね。

 
 

Posted by fumitoku : 10:05 PM

12/16(火)

 
仲間がいるかいないか

 
そして

 
相手を受入れる または 認める または ねぎらうことができるか

 
どちらかによって
人の心の成分(状態)の差は大きい

いや、だから何?
唐突でしたか…

---

さてと、話題をかえて…
手前みそは、この時期、とん汁が一番。
身も心もあったまっておいしいのです。

と、80年代洋楽のつづきですが
a-haって天才的ですね。

さらに
今、仕事の合間に年賀状づくりもやっていまして
何とか今年は年内5日くらいを残して投函するぞ
という意気込みです。
どうなるかは分かりません。

仕事が終わりません。
年内に終わらせます。
どうなるかは分かりませんでは済みません。

 
ということで、今日はおしまい

 
 

Posted by fumitoku : 10:40 AM

December 15, 2008

12/15(月)


◎手前みそのできあがり報告

DSC04266.jpg
↑ふたをあけると…

DSC04267.jpg
↑ふわっとやわらかく、発酵したアルコールのような香りがまだ少し残っています。

DSC04268.jpg
↑右ができたて、左が昨年のみそ。色が違いますね。

DSC04269.jpg
↑重石の紹介。

DSC04271.jpg
↑ついでに、おもしくんの紹介。

DSC04273.jpg
↑さらについでに、連れ合いが買ってきてくれた2009年の「ぐるんぱのカレンダー」。
 これで来年は元気がでます(個人的心情紹介)。

---

手づくりはいいもんです。
自分、または自分たちでつくるということがキーポイントです。
手をかけたものが、かたちになることはうれしいです。
目にみえるし、味わえるし、楽しめるし
思い出に残るし。

来年もその先もの、わたしのテーマですね。

さて、やや女性化したブログの様相ですが
わたしは「おばちゃんおとーさん」とよばれていますから
今後もこういう方向で進んでゆきたいと思います。
ブログをご覧の数名のみなさま、ご了承ください。

 
 

Posted by fumitoku : 10:25 AM

December 13, 2008

12/13(土)

なぜかしら、中学生の頃テレビでよく聴いた
そう「80年代の洋楽」をYouTubeで探し始めてしまった、仕事中に。

それは、We Are The World から始まった。

Do they know it's christmas
Bryan Adams
Bon Jovi
Huey Lewis
Phil Collins
Culture Club
Duran Duran
Madonna
Cyndi Lauper
Sheena Easton
Janet Jackson
a-ha
David Bowie
Daryl Hall & John Oates
Michael Jackson
Mick Jagger
Prince
REO Speedwagon
Bruce Springsteen
TOTO
Wham!
などなど…

「ベティーズルーム」(だったと記憶しているが定かではありません)という
プロモーションビデオが流れる関西弁が上手なかわいい、多分アメリカ人DJの番組に
中学生時代だけはまりまして、その時に聴いていた曲が無性に聴きたくなってしまったのです。
今はありがたいことにウェブで動画をみることができる時代です。

当時、歌詞もよく分からなくて聴いていました。
今も分かりませんが、まあよしとして、聴いてみましょう。

「音の記憶」って誰にでもありますよね。

「なつかしい」という気分に、しばしひたらせてください。

 
 

Posted by fumitoku : 08:49 PM

12/13(土)

チャリナビより転載。
──────────────────────────ここから
NPO・NGOの人たちは、あなたと同じ立場から、
「いいことしたい」を実現させた人たち。
信頼できる団体をえらび、その活動をご紹介します。
あなたと同じ思いをもつ活動へどうぞサポートを。
あなたの応援が、世の中を動かすちからになります。
──────────────────────────ここまで

↓このサイトを知ったきっかけ
国境なき子どもたちのメールマガジン。
ご興味あれば、メールマガジンに登録してください。

個人的には、世界の問題を捉えるだけの余裕はないかもしれませんが
でもとにかく、「知る」ことから始まると思います。
しかし、問題意識を持ち、それをどうにかするために動いている人がいますね。
わたしなんて、普通に食うことにいぱいいっぱいですが
それではだめでしょう。

---

年末で外出する機会が多くなる予定でしたが
そんな余裕がないので、仕事モードに変更決定済み。

---

12/12(金)

市民大学年内最終日の出席。
詳しく書いているヒマはありませんので省略しますが
年配男性って面白い方がいらっしゃいますね。
ご長寿早押しクイズってのがあったと思いますが
あんな感じで、ゴーイングマイウェイなのです。
善く言えば「ユニーク」、悪く言えば「きく耳持たず」
ということのようです。

 
 

Posted by fumitoku : 03:36 AM

December 11, 2008

12/11(木)

午前中、吉祥寺駅、井の頭公園周辺を散歩しました。
理由は、デザイン事務所物件探しのためです。
ひとりで歩いてみて、その土地が持つ雰囲気や自分との相性を確かめました。
余談ですが、途中、赤と白のボーダーラインの楳図かずお邸にも遭遇しました。
ひとまわり歩いた後は、水生物館でしばしカイツブリをながめてバスで帰宅。

で、事務所の件。
SN390413.jpg
↑写真は、窓からの日差しが気持ちいい TypeProject 鈴木さんの理想型の仕事場なのですが
こんな感じの平屋で、目の前が井の頭公園がいいというわがままな希望があります。
でも先ず、井の頭公園周辺では、それは無理のようです。
アパートでもいいんです。その部屋で自分が集中して仕事ができれば、仕事場が好きになれれば。
ふらっと井の頭公園を散歩できれば…

遅くても、来年の秋くらいまでには事務所を移転したいと考えています。
そうすると、今の引きこもりぎみデザイナーともおさらばとなるでしょう。
仕事の面では、今年のいい感じを大切に、来年は変化の年となるでしょう。
もっともっとやりたい方向をのばしたいです。
昨夜から丸一日、来年の自分の仕事について、想いを巡らせました。

---

↓唐突ですが、わたしが日々はげまされているメルマガです。ご興味あれば登録を。
てんつくマンのアホな男の遺言バックナンバー一覧

---

12/10(水)

夜、高田馬場駅前でピースボート地雷廃絶キャンペーンの募金をやっていた。
サイトにアクセスして、内容を読んでみてください。
坂本龍一さんのZERO LANDMINE {ryuichisakamoto}をYouTubeで観てまだ間もないこともあり
詳しく分からなくても、「地雷廃絶」ということばが聞こえてきただけで、速攻で募金しました。
ZERO LANDMINEの動画の10分くらいのところで映される、片足が義足の3歳くらいの少女が歩く姿。

一番この姿が目に焼き付いています。

---

その後、高田の馬場の「青柳」という居酒屋のカウンターで
友人である、TypeProjectの鈴木さん、字游工房の岡澤さんと、小さな忘年会。
(おふたりさん、実名出させていただきますね)
楽しかったですし、料理も酒も最高にうまかったです。
そう感じるのは、はなしたい人、会いたい人と一緒にいるからだと思います。理屈じゃなく。
いただいたアドバイスもありがとうございました。

 
 

Posted by fumitoku : 09:28 PM

December 10, 2008

12/10(水)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここをご覧の数人の方々へ 重要でないお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いや、さっき、娘を抱いて
向かいのスーパーに春菊を買いにいったのですが
きいてくださいよ。

レジで会計。
おばさんは一瞬娘を見て「こんにちは」。

そして
おつりを渡す時にわたしを見て放ったことばが…
 
 
 
 
 
              ・・・・・・・
「あら、お父さんだったのね。大きなお母さんだと思ったわー」
 
 
 
 
 
 
(たっぷり行間を空けさせていただきました)

実は、わたしはここ数年で
女性(正確にはおばちゃん)に間違われること
これで4回目。

わたしの顔を見て、男性だと気付いたからいいものの
はっきり見ても母親だと思われたらどうすんねん?
ま、それはないか。
しかし、目のピントが合う中心視で男だと気付いても
はっきり映らない周辺視では
わたしがかもし出す雰囲気やオーラが
おばちゃんのそれだということは間違いない。

間違いない(2回言おう)。

わたしは、そうなんかい?
やっぱり、おばちゃんなんかい?

連れ合い曰く
「普通、そう思っても、口に出して言わないものなんじゃない?」
とのこと。

いや、だから、そうね、よっぽどだったということでしょう。
そうでしょう、そうですか? でも、やっぱりそうなんでしょう。

自分がどう見えるかは、他人が決めることと納得しましょう。
あきらめましょう。そうしましょう…

これでいいのだ…

 
*おまけ
DSC04226.jpg
↑ホワイトボードに描かれたわたしの似顔絵。
 似ているのでとっとこ、となりました。 (1年程前、連れ合い作)


くどくなりますが(くどいからおばさん?)、ついでに。
春菊は、細かく切って小麦粉をといて合わせ
お好み焼きみたいに焼くだけで、おいしいのです。
香りがいいのです。


以上、「重要でないお知らせ」 おわり

 
 

Posted by fumitoku : 01:15 PM

12/10(水)

派遣から始まる首切り。
非正社員だけでなく正社員もそう。
不景気(=利益が上がらない)なので当然だ
と言われれば、その通りかもしれないけれど。

将来の生活の不安を生む現在の雇用問題。
将来を悲観する人々。
その人の気の持ち様次第で何とかなるだろう
という気もするが、そうでもない。
社会の中で生活するんだから
その社会の仕組みに影響されて当たり前。

つまりは、経営者の考え方。
企業というもののあり方を問いたい。

売り上げって、前年よりも増えないといけないものなの?
と思う。減ること=後退という見方=不安になっていないか?

企業で働く人(正社員や非正社員)の
存在って何なんでしょう?

今わたしはフリーランスなので
直接的には関係ありませんが…

いつか、株式会社にでもなって
誰か一緒に働いてくれる人ができるかもしれない。

いやいや、まだまだそれはないでしょう。

それに、仮にそうなったとしても
「あの社長、ろくでなしだからやってられない」
なんて、相手の方からやめていく様が浮かびます。

これを自己完結型ネガティブ思考と自分でよんでいます。
(最後は自分で落とすなよって…)

--

えーと、少し上げます。
川田龍平さんや、雨宮処凛さんや、志葉玲さんや
コトバノアトリエ代表山本繁さんなんかの活動は
まともでいいことをやっていると感じます。
(ご興味ある方は、ウェブサイトなどでご確認ください)

 
 

Posted by fumitoku : 11:02 AM

December 09, 2008

12/9(火)

今、仕事しながら
これからお付き合いが始まる方の琴のCDを聴いています。
普段聴かないので新鮮で、なめらかな音。
癒されています。いいですね。


 

Posted by fumitoku : 11:28 PM

12/9(火)

↓まだ観てないけど、観たい映画
「ダーウィンの悪夢」

これはレンタルですね。

--

ふたりの元気な女性から就職内定の知らせをもらい
あーよかったね、と安心する。


 

Posted by fumitoku : 10:53 PM

December 08, 2008

12/8(月)

千葉・東金女児遺棄事件、痛ましい。
だから、子どもを殺すのだけはやめてください。

子どもをひとり殺したら、殺人者は死刑になり
かわりに殺された子どもが生きかえるという
全世界共通、地球唯一の掟があればと思う。

「地球絶対魔力」

いや、それじゃダメだ。
自殺願望者、または、この世に望みを無くしてしまった人間が
やけで、次々と子どもを殺すことになるだろう。

魔力変更。
子どもに刃を向けた瞬間、そいつの体が石になる。

いや、何を言ってるんだ、わたしは…
石になりたい奴も出てくるだろうに…

犯罪が無ければ、警察も、罰も不要だが
それらは本来無くていいもの、ということでもない。

「わたしたち」が
子どもが殺されない社会をつくるしかないのでしょう。

政治にも関係してきます。
法律や制度で、人の生活も考え方も影響されます。

そう簡単なはなしではありません。

 
 

Posted by fumitoku : 09:36 AM

12/8(月)

さぁ、月曜日です。

虹のまつり2008
サイトをのぞいてみてください。
地球環境問題、人権問題に危機感を持ち、活動しているキーマン達が集います。

このイベントに参加したこともないし、今年も参加できませんが
来年か再来年には、一度行ってみたいです。
関西方面の方は、レッツゴーです(いや、このブログを読んでいる関西人はひとりもいないって…)。


 

Posted by fumitoku : 09:08 AM

December 07, 2008

12/7(日)


今日も社会教育会館に顔を出しました。
展示机の上のアンケート用に用意した
鉛筆と消しゴムがなくなっていました。
心ない誰かが持っていってしまったのでしょう。
こういうこともあるのですね。
どろ○○ですよ!

一挙にテンション↓↓↓

--

気を取り直して、と。

三鷹市芸術文化センターB1創作展示室で開催中のキャラキッズの展覧会をのぞきにいきました。
子どもたちの描く主人公の表情がかわいかったです。

これで気分は↑に戻りましたとさ。

DSC04215.jpg


 

Posted by fumitoku : 07:30 PM

12/6(土)

社会教育会館のつどい2008
市民大学総合コース「身近な水と地球環境」の展示です。

DSC04212.jpg
水は地球の恵み、ということで
地球に蛇口がついていてそこから水が出ている。
「コップ一杯の水から(地球環境を)考える」という副題から
水が入ったコップの中に、もう一つの地球が浮いている。
そんな立体造作です。

DSC04210.jpg

DSC04211.jpg

DSC04206.jpg


人はまばらで、展示をながめる人はあまりいませんでした。
祭典のようなイベントで、廊下に講座の紹介ボードを展示して
それで何かを多くの人に訴求できるはずもなく
受講生たちが展示内容を検討し、かたちにすることに意味があるのでしょう。
もっと何かできそうですが、そんなもので、それでいいと思いました。

---

夜は、楽しみにしていた婆沙羅へ。
ハシゴして午前様。
またご一緒しましょう、Kさん、Tさん。
ありがとうございました。楽しかったです。


 

Posted by fumitoku : 12:52 PM

December 06, 2008

12/6(土)

で、結局は「丸アンチック」かな書体のみインストールしました。
MB101が小仮名になろうと、あの仮名の丸っこいかたちは、どうもねえ…
ウエイトが細くなる程丸っこく感じる。特に「か」。
UやHからのファミリー展開の解釈の仕方。
その感覚が違うのだろう。

この世界も理屈ではない世界なのでしょう。


 

Posted by fumitoku : 03:44 PM

12/5(金)

出かけたついでに神代植物公園により道。
落ち葉落ち葉落ち葉ー

(つづけて3回もゆーなっ)

はい、季節はうつろいでいます。

SN390410.jpg

 

Posted by fumitoku : 12:30 PM

December 05, 2008

12/4(木)

ごくまれに、急に仕事をいただくことがあります。
あることがむずかしい=ありがたいことです。

年末までやることいっぱいです。ぼーっとしてられません。
同時に、今年は忘年会の予定もいっぱいです(仕事以外で…)。
引きこもりぎみのわたしにも、少しはいろんな人と接点ができてきたようです。
何より酒をご一緒するというのは「この人と会いたい、はなしをききたい、はなしたい」と
いう気持ちがなければできることではありません。
会いたいと思える人が増えるというのは、いいことです(一方的ですが…)。

---

さて、これから、市民大学総合コースの展示物の制作を
ひとりちびちびとやります。明日の設営に間に合うようにと。

 

Posted by fumitoku : 12:42 AM

December 04, 2008

12/4(木) はれ

「MORISAWA PASSPORT アップグレードキット2008」が届きました。
さっとみたところ「丸アンチック」かな書体は
子ども向けの視覚伝達物に使えそうかな、と思います。
あ、おやじギャグではありません。えっ、どこがって?

いつもですが「新しい書体」というものには
何かしらワクワクする期待感のようなものが込み上げます。
新しいおもちゃ箱を開くような、あの気持ち…


12/3(水)

↓うたうために生まれてきたんだろうなー
Connie Talbot

そうでなくうたっている人もいっぱいいるけれど…
ま、それはそれでいいか。
うたいたければうたうべき。それができる人はうらやましい。

でも何がいいたいかというと
うたうために生まれてきたというような人はそうはいないと思います。

声をきいただけで魂にふれるような、魂がつつまれるような。

理屈じゃないものです。

 

Posted by fumitoku : 04:05 PM

December 02, 2008

12/1(月)

師走突入、今年も早い…

私事ですが、仕事の進みは遅い…


11/30(日)

夜、たまははきの望年会に参加。
よんでいただきまして、ありがとうございます。
毎年楽しいです。


11/29(土)

朝から晩まで、子どもと二人だけで部屋の中で過ごしました。
片時も目が離せません。


 

Posted by fumitoku : 01:57 AM