« August 2008 | メイン | October 2008 »

September 29, 2008

9/28(日) くもり

「第1回 いい川・いい川づくりワークショップ」の最終日を少しのぞきに代々木まで。
自分たちの住む地を流れる川を愛する人たちは、日本中共通でいっぱいいますね。
プレゼンテーションには小中学生の参加もあり
多世代交流、次世代継承も川づくりの鍵だと思いました。

 

Posted by fumitoku : 11:14 AM

September 27, 2008

9/27(土)


第1回 みたか環境懇談会に参加。
講師は東京農業大学の濱野周泰先生で
はなしの内容にとても勇気付けられ、うれしかったです。

10/5には井の頭池の「外来魚捕獲大作戦 part II」が行われます。
わたしも参加したいと思います。

みたかの地を愛して、よりよい生活環境を考える人たちは
どこかでつながっています。

環境問題、悲観的になっていては
何も始まりませんからね。

 

Posted by fumitoku : 07:54 PM

September 24, 2008

9/24(水)

おおさわ学園
学園章とロゴタイプができるまで。
落書き風にまとめ、七中の廊下に掲示していただきました。
生徒や先生たちに知ってもらうためです。

↓クリックでポップアップウインドウが立ち上がります。



  
  
  
  
  

osawagakuen_mark_1.jpg
  
  
  
  
  
osawagakuen_mark_2.jpg
  
  
  
  

Posted by fumitoku : 09:59 PM

9/24(水)

みたか野川の会の除草作業日。
今日もいい汗流しました。
 
 
さて、羽沢橋からの写真で比較。
 
 
20080903_1.jpg
↑9/3 増水でアレチウリの葉が流されたあと

↓9/24 3週間後にはこんなにいろんな植物が生えました
20080924_1.jpg
 
 
もひとつ。
 
 
20080903_2.jpg
↑9/3 増水でアレチウリの葉が流され地面がのぞきました

↓9/24 生命力はこの通り。芽が出た理由は光合成ができるから
20080924_2.jpg

記録に残すと比較できて面白いのです。
今後はもう少し精度を高め、継続的にやりたいです。

 

Posted by fumitoku : 09:51 PM

9/23(火・祝) 秋分の日

おやじの部屋のメンバー5人
井の頭東部地区公会堂での「みんなのブックカフェ」に
読み聞かせで参加しました。

最前列の子どもたちの椅子がだんだん前にきて
最後はかぶりつきでした。
子どもにもおとなにも「笑い」がありました。


DSC03619.jpg

DSC03618.jpg

DSC03621.jpg

DSC03622.jpg

DSC03631.jpg

DSC03637.jpg

DSC03646.jpg

DSC03647.jpg


「みんなの居場所づくり」「多世代交流」で始まった
みんなのブックカフェは、まだ産声をあげて三ヶ月。
家族連れ、地元中学生、大学生から80代まで
いろんな人たちが集う場所になっています。
お近くにお住まいの方は、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
カフェですから、ハーブティーなども楽しめます。
(隔週火曜日午後1時〜5時開催)
担い手のみなさんに拍手。素晴らしい試みだと思います。
呼んでいただいたTさん、ありがとうございました。

こんな感じで
おやじの部屋の読み聞かせは、ゆるーく続けてゆきたいと思います。
また、どこかに出没するかーもしれません。

 

Posted by fumitoku : 03:44 AM

September 23, 2008

9/23(火)

21日のはなし。
三鷹市芸術文化センターで演劇をみてきました。

ピチチ5「全身ちぎれ節」
壮快。おすすめです。

Mitaka Next Selection という企画。
さすがです、企画されたダブルMさん。
ありがとうございました。

 

Posted by fumitoku : 11:09 AM

9/22(月)

野川流域連絡会 第1回 生きもの分科会に参加。
わたしはまだこの会について知らないことばかりですが
先輩委員の方々とお付き合いさせていただきながら
好奇心を持てるテーマや活動を見つけられるようになりたいです。
そしてみなさんとともに、また個人的にも野川づくりのために動きたいです。
事務局と委員のみなさん、今後ともお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

まだ始まったばかりという気持ちですね。

 

Posted by fumitoku : 05:38 AM

September 22, 2008

9/22(月)

どうかおねがい
親が自分の子どもを殺すなんてことだけは
やめてください
 

Posted by fumitoku : 11:45 AM

9/21(日) 雨

また子どもが殺された。
ニュース、ニュース、ニュース。
マスコミが生む負のエネルギー。
狂気の連鎖。
犯人も昔は子どもだったろう。
殺された子どもを、自分に当てはめても、まだ殺せるのか。

 

Posted by fumitoku : 04:32 AM

September 20, 2008

9/20(土) はれ

半日外で遊ぶ。娘をみて思う。

いつも
    はしる
    さけぶ
    わらい なく

子どもはエネルギーにあふれている。
おとながやったらやや不自然か。
いつからしなくなったのか。

 

Posted by fumitoku : 09:30 PM

September 19, 2008

9/18(木)

あいかわらず
親の子殺しや何者かに子どもが殺される事件が続いている。
これが普通なのではない。
異常だよ。

 

Posted by fumitoku : 01:39 AM

September 17, 2008

9/17(水) はれ

みたか野川の会、活動日。
今日もアレチウリを除草しました。
とうとう種ができてしまいました。
その前に抜いてしまえ!

SN390368.jpg
↑外来種とよばれ、毛嫌いされているが
どの植物も単純に美しい姿をしていると思う。

 

Posted by fumitoku : 03:04 PM

September 15, 2008

9/15(月) つづき

レイチェル・カーソン
『SILENT SPRING (沈黙の春)』まだ途中ながら。
描かれていることは一貫している。
どうしようもない人間の愚かさ。
でも、今と未来を捨ててはいけないか。
気付いている人がいる。手がないわけではない。
わたしにもできることはある。
同じように感じる仲間もいる。
全てつながっている。

 

Posted by fumitoku : 11:05 PM

9/15(月・祝) 夜は雨男の影響あり

連休は特に外出なし。
そのためか、休みの終わりに
ひとりで焼き鳥屋に行きたくなった。
おや、ちょうどパラパラ降ってきた。
やはり雨男なんだとつぶやきながらてくてく。
途中、野川を渡るとき
暗がりの中にアオサギがいた。
そうか、奴も独り。

わたしはたまに独りになりたくなるけれど
奴はいつも独りでさびしくはないのだろうか。
気分は上々か? 教えてほしい。

---

拉致問題、あいかわらず進展無し。

---

グラフィックデザインの仕事。
ふと、思う。
もう少しアイデアの引出しを増やさないとなーと。
すぐにそううまくはゆかないか。
冒険が必要だ。頭と手の。
ちょっと脱線してみろって。

 

Posted by fumitoku : 10:45 PM

September 12, 2008

9/12(金) もう週末、夏の日差し

午前中、夏休み明けの市民大学受講。
小倉先生の講義がだんだん面白くなってきました。
受講生を囲んだ教室の雰囲気もいい感じです。

 

Posted by fumitoku : 04:37 PM

September 10, 2008

9/10(水) 早朝は涼しくて気持ちいいぞ

みたか野川の会、活動日。
今日はアレチウリを中心に除草しました。
70リットルゴミ袋に14袋分でした。

解散後、場所を移してひとりで続きをやり
暑くなってきたところで帰りました。
んーいい汗です。

SN390346.jpg
↑今日の参加は5人

SN390345.jpg
↑ツルボの小さいうす桃色の花、かわいい

 

Posted by fumitoku : 08:55 AM

September 09, 2008

9/9(火) 秋晴れを感じる夏の終わり

江戸東京博物館「書の名宝展」へ。

会期終盤で混雑、おばは、いや、おばさまばっか。
王羲之「蘭亭序」もいいでしょう。でもそこは押し合い圧し合い。
そして、警備員がうるさいっ!!
鑑賞できるかい!!
(それなら会期初期にもっと早くいけよ、とつっこまないで)

20080909.jpg
さて、個人的には↑これが一番好きでした。人混みを忘れてゆっくりと眺めました。
一画一画に何かが込められた
癖がない見飽きない楷書が大好きなんです。
とにかく楷書。

で、図録を買いませんでした。
一番好きな書の再現がよくなくて…
デザインもまあまあというところか。

---

その後、吉祥寺に向かい
水生物館でカイツブリを少しのぞいて(変化なしで面白くなかった)
ユザワヤで書と鉛筆デッサンの本をパラパラめくって、帰ってきました。

余力があればと予定していた夜のイベントに遊びにゆく元気がなくて
結局は、ごめんなさいで終わる一日となりました(いつものこと…)。

あーあ

 

Posted by fumitoku : 08:06 PM

9/9(火) 少し秋らしい晴れ


ひらいている時 / とじている時

onの時 / offの時

ばかやろーな時 / ごめんなさいな時


さて、知り合いの
ライブや個展の知らせをもらって
当たり前のように顔を出す時と
どうしようかと迷っている時とがある。

ここ数年、とじ気味なんだよね。
何やってんだか。
だから今日は、外に出るかー

 

Posted by fumitoku : 08:42 AM

September 08, 2008

9/8(月)

DSC03542.jpg

午前中、野川の野草観察会に参加。
三鷹の植物を知る会のみなさんに説明していただきました。
ありがとうございました。

いっぱい生えている野草たち。
似た草も、それぞれ違う名前がちゃんとある。
これから、少しずつおぼえてゆこう。

DSC03541.jpg
くずの花のかおりがよかった。

DSC03544.jpg
3週間前に、アレチウリを除草した跡
いろんな植物の芽たちが顔を出しています。

---

夜は、野川流域連絡会の研究部会「第1回学習会」に参加。
法政大の山田先生のおはなしをうかがった。
「古水流」という地下水脈の考え方にうなずきました。
見えない地下の川が見えたような、視覚的に想像できる内容が
とても面白かったです。

ここのところ、身近な環境問題三昧。
知らないと始まらないところがある。先ずはそこから。
そして活動につなげる。
自然を愛する人たちや研究者の方々の好奇心。
羞恥心でも猜疑心でもないその好奇心が
活動をつづける原動力だと思います。


9/7(日)

ブハハ会の集まりにさそわれて初参加。
対馬や高知の海のスライド説明が面白かった。
海の色がいい。


9/6(土)

親類のかば製造業の個展をみに日本橋高島屋へ。
かばと人がよりそっている新作がいい。

 

Posted by fumitoku : 10:41 PM

September 05, 2008

9/5(金)


NPO 地球の緑を育てる会

千曲川における外来種


環境問題は人間問題。人間次第。
やっぱり行動ですね。

 

Posted by fumitoku : 11:29 PM

9/5(金) 暑い

水生物館のカイツブリにちょこっと会いにいく。
Tさんもいらっしゃいました。

卵が別室に移動されたり
二羽のカイツブリがオスとメスのつがいかどうかも実は不明だったり
興奮状態にあった片方のカイツブリが一時隔離されたりと
ここ数日で、状況が変わっていました。

願わくば、ヒナがかえるところをみたいです。
こればかりは、どうなるか分かりません。
ほんと、人間本位な願いです。

 

Posted by fumitoku : 11:21 PM

9/5(金) 今週も金曜が早い


食の安全
 偽装蔓延

拉致問題
 進展無し

そういうもんかー

家族で
食卓を囲み
母親の味があり
会話がある

そういう光景を
みなが
うれしいと思えるかどうか

単純なことなんだと
思うんだけどなー

 

Posted by fumitoku : 11:13 PM

September 04, 2008

9/4(木)

9/2(火)のこと。
「おおさわ学園学園章はこうして生まれました」と題した説明描きを
七中美術部のみんなに見てもらっているところです。
共同作業で学園章ができました。美術部のみんな、ありがとう。

IMG_5256.jpg

IMG_5258.jpg

IMG_5221.jpg
↑学園長と。上は七中美術部が描いた学園章案。
そこからさらにアイデアを出し合って、下の学園章が完成したのです。

 

Posted by fumitoku : 08:03 PM

September 03, 2008

9/3(水) はれ、夏再来

朝5時半に家を出て、6時の集合場所まで
土手のゴミ拾いをしながら散歩。
ゴミ拾いなんて、ゴミの移動をするだけであって
世の中のゴミ自体が減るわけではない。
暑くてのどが乾いたからペットボトルを買ったとしたら
それでゴミがまた増える。
でも、ポイ捨てはやめようよ、と思う。

6時から除草作業。今日は5人集まりました。
オオブタクサを中心に抜きました。
「うんとこしょ どっこいしょ」と
『おおきなかぶ』さながらの作業で結構疲れました。
でも、いい汗でした。

---

そして、昨日のつづき。

DSC03446.jpg
↑ご覧のように、アレチウリが流されたのではなく、下流に向かって倒されただけでした。
葉っぱは流されましたが、茎や根はのこっています。
でも、アレチウリのじゅうたんがこれだけ広い面積を占めていたということが分かります。

DSC03445.jpg
↑アレチウリのじゅうたんがなくなったおかげで、いろんな植物がやっと芽を出せるのです。

DSC03447.jpg
↑これは、流されたアレチウリなどの茎が木に引っかかっているところです。
こんなにまとわりつかれて、この木がつらそう…

ということで、除草作業はつづきます。

みたか野川の会の活動は、除草作業やゴミ拾いだけでなく
自然観察(動物、昆虫、植物、水)もやってゆく予定です。
活動の輪が少しずつ広がりますように。

 

Posted by fumitoku : 08:28 AM

September 02, 2008

9/2(火)

先日のカミナリで電話が不通となりました。
そういうこともあるんですね。初体験。
(少し前のはなしです)

もひとつ。
ここのところの雨で、野川の水位がかなり上がりました。
水位が元に戻った今、左右沿岸に生えている草が流されたり倒れたりしているのが分かります。
で、枯れ草だけのスペースがたくさんできました。
そのスペースは、アレチウリのじゅうたんで覆われていたんです。
それがいとも簡単に流されてしまったわけですが、なくなったと喜んでもいられません。
なぜなら、流されて下流全域に移動したまでのことで
繁殖する領域が増えるということでもあります。
(枯れるものが多いのか、繁殖するものが多いのか、正確には分かりません)

SN390149.jpg
SN390188_0001.jpg
↑大雨の前と後(携帯の写真でお見苦しいですが)
アレチウリのじゅうたんは、他の植物が育とうとしても、ふたをしてしまっていることが分かります。
数日すると、枯れ草の間からいろんな植物の芽が顔を出します。

わたしたち、みたか野川の会としては
とにかくこの手をつかってアレチウリを抜くだけです。
よしっ、汗かくぞと。

 

Posted by fumitoku : 09:57 AM

9/1(月)

9月ですね。今年もあと四ヶ月です。

夜、市民協働センターにて「わっくわく秋まつり」実行委員会の会議に初参加。
このイベントが楽しくなるといいですね。
人がつながることで、その可能性が大きくなると思います。
閉じるな、開け。

---

8/31(日)

武蔵小金井の焼き鳥屋「風の庵」にて
みたか野川の会のみなさんと一緒に呑みました。
あっという間で、おききしたいこともまだまだありましたが
まっ、この先のお付き合いの中で徐々に、ということで。
メンバーのみなさん、今後ともお付き合いください。

そうそう、焼き鳥も刺身もうまかったです。
Hさん、また、おじゃましまーす。

 

Posted by fumitoku : 12:57 AM