« July 2008 | メイン | September 2008 »

August 31, 2008

8/31(日)

ここのところ目覚めて
「夢でよかった」という夢と「あれは夢だっかのか」という夢を順にみる。

夢でよかった→夢の中のような「義」を踏み外したことをしていなくてよかった。
寝汗かきかきほっとする。

あれは夢だっかのか→やっぱりそんなにうまくはゆかないものね。
ああ夢物語。

 

Posted by fumitoku : 08:25 AM

August 30, 2008

8/28(金) 夏、再び

夕方、井の頭の水生物館に。
カイツブリの産卵ということで、ありました、ひとつ。
これからたまに通おうと思います。
ヒナがかえるかどうか。
水槽の前に集まったみなさんが期待しています。

 

Posted by fumitoku : 07:02 PM

August 28, 2008

8/28(水)

とある案件。
刷り見本がとれない
納品まで指定色の再現を確認できない案件。
そして、あまりに指定色と異って納品された。

さて
「ここまで違うか…」
許容できる誤差の範囲は?
どう判断する?

結局、刷り直しとなる。
それを判断するのはデザイナーであるわたししかいない。
デザイン意図が分かる者しか判断できない。
「確かに違うけど、まあいいじゃない」なんて
妥協や情で受入れる訳にはいかない。
デザイン意図と別物になる。
つまり、別物がデザインの最終形として
世の中に出ることになる。
やはりそれはできない。

何より依頼主が一番であり
ごまかすことなんかできないし
よろこんでいただく顔がみたい。

そう
デザインでみんなが笑顔になればと願う。

刷り直しを判断する側もされる側もあまり気持ちのいいものではありません。
しかし、刷り直してできることは一度目にやってほしいというのが本音。

学んだこと。
「普通に指定しただけではだめ」

とにかく、細か過ぎる程、くど過ぎる程、指定する。
でも、できれば間に代理業務をする人や会社があったとしても
直接、刷る担当者と連絡ができるようにしてもらい
ポイントを伝え、確認する。
それは、交渉次第で全然できないことではない。

だから、相手が誰であろうと
予想通りの品質で、同じ結果になるように。
担当者だって確かな腕は持っているはず。

「相手がどう、ではなく、自分がどうするか」
日々関わる人との
コミュニケーション全般にあてはまります。

うるさいデザイナーだと思われても
結局はその方が、関わる人みなが幸せになる。

ということで
今日から、うるさいデザイナーになります。
(すでに「うるさいよ」という声がきこえてきそうですが…)


*ちなみにこの案件は、紙の印刷ではない数部のもので
 刷り直し分も捨てないで有効活用していただきます。
 「数千・数万部印刷物の刷り直し全て廃棄」というような案件ではありません。
 念のため。

 

Posted by fumitoku : 05:21 PM

August 27, 2008

8/27(水) 晴れました

みたか野川の会の定例活動日。
朝6時からアレチウリの除草作業でひと汗。
汗をかいても楽になりました。もう夏も終わり。
道ゆく人が何をやっているのかとたずねてきます。
活動内容がわかるようにチラシをつくる予定です。
ウェブサイトも必要になってくるんでしょうね。
ロゴやシンボルマークとともに構想しようと思います。
じょじょに。

アレチウリの厚いじゅうたんを取り除いた後には
はえてきましたね、またアレチウリが!
ではなく、それも少しはえてきますが、他の植物がたくさん芽を出しています。
こういう風になるんだなー。土の中にはいろんな植物の種が埋まっている。
何事も自分でやってみることですね。
(近日写真を掲載します)

活動後、武蔵野の森公園の池のカイツブリに会いにゆきました。
いましたいました。子どものカイツブリが。
もぐるのは上手ですが、まだ魚を口にしているところは確認できていません。
親鳥がいないので何を食べているのでしょうか。
また、のぞきにゆこうと思います。

 

Posted by fumitoku : 10:29 AM

8/27(水)

「みたか地域SNS」というのに入っているんですが、全く活用していません。
どうも名前がぴんとこないのか、使いづらいのか…

野川については、おきなさんの更新頻度が高いので
毎日もう少しのぞいてみるようにしようかなと。

 

Posted by fumitoku : 12:35 AM

8/26(火)

ここ2年でお付き合いのある、またお付き合いがつづいている
NPOや市民団体、その担い手のみなさんに共通していることは
メンバー間が「信頼」「尊重」「肯定」でつつまれていること。

それらは活動が続くことにも関係しているだろう。
どんな人間関係にもあった方がいいような。

まず、お付き合いしていてこちらも気持ちいい。
この先も何かいいことがあるような気がしてしまう。
明日があると思える。

 

Posted by fumitoku : 12:12 AM

August 26, 2008

8/25(月)

夕方からC-Cafeにて
子育てコンビニの「bloom懇親会」に参加。
同時に「三鷹ロマンアート倶楽部」なるものの初呑み。
近い存在の友人以外、生身のやりとりで、きいたりはなしたりするのは
十代後半から二十代にかけて対人恐怖症だったわたしには考えられなかった。
今ではこういうことが楽しく感じられるようになりました。
そして、まだききはなし足りないくらいで会がおひらきになるのがちょうどいい。
そこで止めるのもできるようになりました。

ここのところ、よく人と会い、呑んでいます。
メタボも進行中です…

 

Posted by fumitoku : 11:39 AM

August 24, 2008

8/23(土)

夜の井の頭かんさつ会に参加。
その後、懇親会、二次会はカラオケ。
楽しいと夜中になる。

----------------

【観察】
1 物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること。
2 《「かんざつ」とも》仏語。智慧によって対象を正しく見極めること。

【観】
1 対象を眺めて見る。見渡す。見物する。
2 物事を念入りに見る。
3 物事を見て、意味や本質をとらえる。考える。
4 人に示す。見せる。
5 目に見える様子・眺め。
6 物の見方・考え方。
7 物見台。
8 道教の寺。

【察】
1 調べて明らかにする。
2 おしはかる。思いやる。

----------------

「自分の目」で確かめる、味わう。
そして考える。

自然、動植物観察は人間観察にもつながり
時間をかけるものであり
終わりはない。

 

Posted by fumitoku : 04:22 PM

August 22, 2008

8/21(木)

おやじの部屋メンバーと企画ミーティングと称した呑み会。
一・二・三軒はしごで、楽しい酒となりました。
Kさんお世話になりました。甘えてすみません。ありがとうございました。

 

Posted by fumitoku : 01:00 PM

August 21, 2008

8/21(木)

てんつくマンの日記
ええこといいよるわ、この人。

特に
「今の人間は、まだまだ未熟や」
というところ。

争い、人殺しがやまないこの世。
全くその通りだと思います。

 

Posted by fumitoku : 05:07 PM

August 20, 2008

8/20(水)

最近のチラシ案件4点↓


26.jpg


27.jpg

飾り罫は「FF Acanthus Borders」


28.jpg

手描きタイトル(角丸ゴシック寄席文字風)


29.jpg

こちらも手描きタイトル(極太マジックペン風)
 

Posted by fumitoku : 04:38 PM

8/20(水)

みたか野川の会活動日。
6時から草刈りとゴミ拾い。
たっぷり汗を流しました。

そのうち活動内容をお伝えできるようにします。

しかし、しかしだ
ゴミを捨てるのはほとんどがおとなだろう。
ゴミはゴミ箱という捨てる場所がある。
野川にポイ捨てしなきゃいいだけの
単純なことなのになー。
あーなさけない。格好わるい。

 

Posted by fumitoku : 10:05 AM

August 19, 2008

8/19(火)

午前中散歩。

先ず、武蔵野の森公園の池にカイツブリはまだいるか?
と、久しぶりにのぞきに行きました。
子どもが1羽だけいました。
潜水も上手になっていて大分しっかりしていました。
体全体の模様も成鳥に近く、黄味がかった桃色のくちばしが印象的です。

目の前でセスナ機の離着陸をみることができて
ほんとこの辺一帯は、面白い場所だと思います。

会うカラスみな、暑くて口をあけている様が笑えるし怖い。

野川では、目視でも婚姻色のオイカワが泳いでいるのが分かる。

野川、やっぱりいいですね。癒されます。

でもゴミが気になります。

三鷹野川の会では、外来種の除草をしていますが
同時に、個人的には、少ない量ですがゴミ拾いも続けたいと思います。

暑いけど、夏も終わりに近づいてきました。
セミの泣き声もややさびしくきこえます。

 

Posted by fumitoku : 07:51 PM

August 17, 2008

8/16(土)

娘と「崖の上のポニョ」を観ました。
とにかく絵がすごかったです。
絵が好きです。

 

Posted by fumitoku : 08:37 AM

August 16, 2008

8/15(金)

夕方、保育園に娘を迎えに行って
帰宅後、ふたり歩いて焼き鳥屋デート。
帰り道は肩車。

 

Posted by fumitoku : 02:35 AM

August 14, 2008

8/14(木)

今、気がかりなのは「拉致再調査」。
いつまでたっても解決しない問題。
家族会のみなさんの心労を察する。

 

Posted by fumitoku : 11:03 PM

8/14(木)

朝、保育園まで娘と二人、散歩でてくてく。
約30分、寄り道、汗だく、手にはいろんな葉っぱや花びら。

昼、ベビーカーを右手でおしながら駅前までゆっくり散歩。
往復約2時間、汗だく、デパートで涼んで、帰りも汗だく。

暑いですね。夏ですからね。

---

夏野菜をたんまりといただいたので
トマトはスパゲッティのトマトソースにしようか。
キュウリは冷やしてそのまま自家製手前みそと。

冷やしたモモやマンゴーは
みずみすしくて体がひんやり。

これもまた、夏って感じですね。

---

仕事もお盆休みモード(本当はやることがいぱいありますが…)。
ゆっくりと、見積書などをつくっているのです。

 

Posted by fumitoku : 10:21 PM

8/13(水)

「みたか 野川の会」早朝5時半からの定例活動日に
約1時間遅刻してしまいました。寝坊です。
居残りで7時過ぎまで除草作業。
アレチウリという外来種植物は厚いじゅうたんのようで
ロールケーキのように巻きながら引っぱりとります。
じゅうたんの下は、枯れ草ばかり。
つまり他の植物がはえていないのです。
実際に除草作業をやってみて、そういうこが分かりました。

先輩のメンバーを頼っている状況ですが
この活動は続けたいと思います。
おおげさのようですが、分野限らず、同じテーマや目的や夢を持った人たちと
活動をともにすることは、気持ちのいいことです。

---

昼前から子守りで野川沿いを散歩しました。
調布エリアの野川沿いも外来種植物におかされていることが分かりました。
そんなこと、気に留めないとどうだっていいことかもしれませんが
「知る」ことが「考える」ことにつながり、そして「行動すること」にもつながります。
「動けば変わる」という川田龍平さんのスローガンと同じです。

 

Posted by fumitoku : 07:30 AM

August 09, 2008

8/9(土)

「北京オリンピック」「長崎原爆の日」「グルジア戦争」が
同時に起こっているこの世界。

 

Posted by fumitoku : 10:26 PM

8/8(金) 夜中、正確には8/9

酔いがさめるというか酔わない呑み会。
酒処での人との相性ってありますよね。

でも、人のはなしをきくのは面白い。

 

Posted by fumitoku : 03:07 AM

August 08, 2008

8/8(金) 今日も暑ーい

朝5時半から7時まで
「みたか野川の会」メンバー初集合で、みなさんと外来種草抜きをしました。
汗だくでちょうどいい運動。
7時になるともうカンカン照り。時間もちょうどいい。
気持ちよかったです。
さあメタボ脱出。
自分の体を取り戻すためにも、つづけたいと思います。

 

Posted by fumitoku : 12:12 PM

August 06, 2008

8/6(水)

久しぶりに、井の頭自然文化園水生物館によった。
いつも、淡水魚、特に昔の井の頭池の魚たちの水槽をうらやましくみてしまう。
そして、現実にはもうこんな姿には戻らないことにがっかりしながらも
そのうらやましい水槽の中の姿が現実のものであるかのように空想もしてしまう。

井の頭池が今みたくなったのは
地表の土がコンクリートやアスファルトでふたをされ、湧き水が減った結果。
昭和30年代までさかのぼります。全ては「水」に関係しているんです。

---

ついでに、悲観的に。
井の頭池のことなんて、小さなはなしかもしれません。

『いま ここにある風景』

いや、小さなはなしではなく
地球に住んでいる人間共通
「一事が万事」なんです。

規模が違う。国が違う。
でも、同じ地球の中の出来事。
わたしは、温暖化や環境破壊については悲観的です。
人は本当に痛い思いをしないと気付かない。
いや、どんな状況でも自分さえよければいいという奴は必ずいる。
この大きな動きは止められないと思うのが、悲観的になる理由です。

わたしが生きている間にも地球がどうなるか分かりません。
ましてや、我が子の生きてゆく時代には
この大地はどうなってしまうのでしょうか?

 

Posted by fumitoku : 09:56 PM

August 05, 2008

8/4(月)

夜、「Tさん送別会+Tower DS 打ち上げパーティー」に出席するため、麻布十番へ。
出会いと別れの一期一会というもの。こういう会によんでもらえることのありがたさ。
歳をとるごとにしみじみと感じます。

---

8/3(日) 真夏

午前中、野川流域連絡会夏期「野川・生きもの観察会」にスタッフとして参加。
家族連れの参加が多い。みんなで野川とほたる川、ひょうたん川の生き物をつかまえ
何がいるのか見てみた。いろんな生き物がとれた。
外来種の姿もあり、生き物たちから野川の環境についていろんなことが分かる。
東京都や野川流域連絡会の環境保全活動などから
ここ数年は生き物たちが生息しやすい環境になりつつあるということも知りました。
個人的には、婚姻色をしたオイカワのオレンジ色がきれいで見とれてしまいました。
進行解説役のHさんは野川や生き物のことをよくご存知で、その姿にも見とれてしまいました。

---

午後、フラメンコ公演「ARTE Y SOLERA 誓い」を観に、ル テアトル銀座へ。
よろこびや哀しみをからだいっぱいで表現するフラメンコってすごいですね。
この「温故知新」の素晴らしい舞台をつくった、鍵田さんと佐藤さんの挑戦はこれからもつづきます。
舞踊団員含め、みなさん心身共に健康でありますように。

20080803.jpg

夜の打ち上げ後半では、スペイン人アーティストたちはずっとうたいっぱなし。
ちいさなバルが大合唱でこわれてしまいそうでした。
自分たちのうたを持っていていることと、それを仲間と共にうたう姿がうらやましかったです。
日本人のわたしには、自分たちのうたがあるのだろうか?
宴で共にうたうことがあるのだろうか?
などと、少し考えてしまいます。

 

Posted by fumitoku : 11:23 AM

August 02, 2008

8/1(金) 気付けばフライデーナイト

一週間が早いです。
仕事が続きます。

 

Posted by fumitoku : 12:54 AM