« | メイン | »

July 28, 2008

7/27(日)

井の頭かんさつ会を欠席し
武蔵野公会堂に映画「かかしの旅」を観にゆきました。
後者を選んだ理由は、自主上映ということで
この地域では、もうこの日しか上映日がなかったからです。

いじめの現実。
この映画の様に、仲間に出会うことができる幸運な子が
実際にはどのくらいいるのだろうか。

この映画は、つくり手の「希望」が込められているんだろう。
そう感じました。

とてもいい映画でした。

子どももおとなも
全ての人に、自分の居場所が必要なんだ。

居場所がないことや自分が否定されることはつらい。

先ずは、家族を持ったなら
家族全員にとって家庭が居場所になるように。
そうねがいながら生きたいです。

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : July 28, 2008 06:11 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/345