« | メイン | »

July 23, 2008

7/23(水)

ここのところの暑さにまいっています。
体がしまっていた頃は、夏の日差しが大好きで
少しでも焼こうとしたものです。

今は、白い豚さんになりさがっています。

(焼いて食べるとおいしい気がします)

---

さて、先週のはなしですが
「神沢利子展プロジェクト報告書」というものが
やっと仕上がり、納品されました。
わたしが原稿を書くのに時間がかかり
3ヶ月程も希望予定納期がずれたのです。
そうです、わたしが原因です。
なぜかというと、なかなか原稿をまとめることができなかったから
=頭の整理ができなかったからです。

市民協働事業は、いいことがたくさんありましたが
うまくゆかないこともたくさんありました。
物事がうまく進行できなかったり、思ったよりも結果がよくなかったり
力を発揮できなかったり、意思疎通ができなかったり…
という具合です。

「自分ではコントロールできない状況」ということが厳しい経験となりました。
コントロールできれば何とかなるんです。
最悪の状況を想定して見込みを立てていても
コントロールできないから、その見込みが見事に崩れてゆく。最後はハチャメチャ。
どうしようもならない納得できない気持ちが残りました。

厳しい経験は、同時にいい経験か。

そうですね。
多くの人が関わり、それが仕事ではなく、市民協働事業という条件です。
コントロールできない状況でいいものを生み出すためには
いいものを生み出すことができる気持ちいい環境をつくることが鍵になるでしょう。
人と人との生身のやりとりですから、十分な対話が必要です。
そのためには、相手を認め合う関係が大前提となるでしょう。

ともあれ、報告書ができあがったことで、やっと全てが終わった気分です。
プレッシャーのきついプロジェクトだったことには違いありません。
でも、「やってよかった」と心底そういえます。

この貴重な体験・経験を
次の、市民活動で活かしたいと思います。
いろんな関わりが始まっています。
同じテーマを持つ人と楽しみ(時には苦しみ)を共有したり、何かを一緒につくることなどなど
出会った人との生身の付き合いを大切に、流れに身をまかせたいと思います。

 


ここから続き

投稿者 fumitoku : July 23, 2008 08:58 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/341