« | メイン | »

June 25, 2008

6/24(火) はれ

日曜が終わろうとする時、憂鬱になるのは
月曜がきらいだからではありません。
毎週日曜中に、仕事や用事をこなし
平日の遅れを取り戻すべくつじつま合わせをしています。
ひとり「靴屋の小人」状態です。わたしにとっては特別な時間なのです。
でも、なかなかこなし切れず、月曜の朝になってしまうことしばしば。
一年、一ヶ月、一週間と区切りをつけたがるのは人間だけでして
週の頭に、先週の課題みたいなものが残っているのがどうも気持ちよくないのです。
何かに追われる夢をみるのは、そのせいかもしれません。

「自己完結」

---

わたしは、明け方のファミレスが好きなんです。
アイデア出しをしたり、エスキースを描いたりするには最適だから。
ほとんど客がいないし。
お茶をのみながらゆったりと、でも、集中できる。

微妙な色合いの色鉛筆がほしくて
ファミレスを出てから画材屋が開くまでの1時間半
多摩川沿いをママチャリでサイクリングして時間をつぶした。
時間つぶしなんていうと多摩川に失礼か。
少し日に焼けた。とても気持ちよかった。
十分な重力のせいで、最後はお尻がいたくなった。
このつらさは太っている人にしか分かりません。

さて、午前10時過ぎ、やっと画材屋に着きました。

「本日休業日」

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : June 25, 2008 01:31 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/329