« | メイン | »

June 11, 2008

6/11(火)

「家族」というのは一番身近で小さい集合体だと思う。
その家族間では、いいことも悪いことも、いろんなことが起こる。
本当に感謝すべきものかもしれない。全く面倒なものかもしれない。

あるコーチング講座でのはなしです。
受講者の中には、コミュニケーションをうまくとれないことに悩みを持つ方がいらっしゃいましたが
その対象は、以外にも「家族とのコミュニケーション」が多いことを知りました。

河合隼雄さんの著書にもありましたが
どの家庭も何かしら問題を抱えていて、そこが面白いところであり
生活しながら乗り越えてゆくことが必要だということです。

自分や家族を大切にできるかどうか。
死ぬまで手探り、試行錯誤しながら付き合ってゆくものだと思います。
縁で運命共同体となった相方や、わたしたちのところに来てくれた子たち。
いいこともあるだろう。その逆もあるだろう。

   楽して楽知らず

ともに、味わえればとねがいます。

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : June 11, 2008 10:18 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/319