« | メイン | »

April 20, 2008

4/20(日)


午後、井の頭池の「外来魚捕獲大作戦」を少しのぞきに行きました。
「外来種問題」への取り組みの輪が、だんだん広がっています。
言い出しっぺの「井の頭かんさつ会」代表の田中さんやメンバーのみなさんはすごいですね。
提案力、行動力、実践力を兼ね備えています。

20080420_2.jpg
→外来種問題について野外コーナーを設けて、説明とともに伝えます。

20080420_3.jpg
→捕獲した外来種、オオクチバスやブルーギルの実物。
 池は濁っているので中がみえませんが、こんな魚がいるんです。

20080420_4.jpg
→井の頭池の説明パネルとそれを見入る人たち。
 知っているようで知らないことばかり。

20080420_1.jpg
→親子連れ、カップル、そして男性の姿が多かったようです。

---

午前中、参加予定だった「クリーン野川作戦」には仕事の都合で行けませんでした。
小金井市恒例、野川のゴミひろい行事です。500人以上もの人が集まります。とてもいい試みだと思います。
明日武蔵野公園周辺の野川沿いに行ってみてください。ゴミを目にしない景色になっていると思います。
「一年に一度」ということですから、残り364日、まだまだわたしたちにできることはあります。
野川の環境保全は、今後のわたしのテーマでもあります。

さらにこの土日、代々木で開催中の「アースデイ東京」にも行けませんでした。
でも、いいでしょう。

地元の環境問題の方が、身近です。
「それぞれの地域」で、その地に住む人、またはその地を愛する人が動けばいいことだと思うのです。
そうすれば、地球全体で何かが変わると思うのです。もちろん、いい方向に。
環境問題は、大きな理想論や理屈(屁理屈)より、先ずは身近なところからの行動でしょう。

---

そして、今日はこれから仕事が続きます……

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : April 20, 2008 03:16 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/289