« September 2007 | メイン | November 2007 »

October 31, 2007

10/31(水)

パイ焼き茶房に亀岡亜希子絵本原画展をみにいって
フランス家庭料理ル・ボータンで食事。
パステル画、やっぱり原画はいいもんです。
そして、10周年記念シェフおまかせコース、本当においしかったです。
こちらのお付き合いも10年になります。


10/30(火)

深大寺七五三祈願。
その後、井の頭公園周辺の撮影。

 

Posted by fumitoku : 10:41 PM

October 30, 2007

10/30(火) 夜中

展覧会カタログの台割構成作業。
集中できたからか、なんとかまとまり気分は↑。
やや興奮気味で眠れません。

 

Posted by fumitoku : 03:55 AM

October 29, 2007

10/29(くもりのちはれ)

すごしやすい気候はいい。
午前中、大沢コミセン巡回展用搬入作業に参加。
10/31から11/11までです。

さて、ゆるせないニュース。
--------------------------------
弁護士の質問に対し、畠山被告は、水死した長女彩香さん(当時9)について
「汗かきの彩香に触られるのが苦手だった」と、触られたくない理由を具体的に述べた。
--------------------------------
子どもが頼るのは親しかいない。親に否定された子どもの気持ちを考えろ。
さびしくてさびしくて、たまらないと思う。
子どもがいやなら、中出しするんじゃない(正確には、されるんじゃない)。

あとは、練炭自殺もやめてほしい。
一人が寂しいので、誘い合って数人で一緒に、というところがいやだ。
家族や友人がいるだろう。誰が死体を葬る?
その人たちは悲しまないと思っているのか。
もし、本当に悲しまないなら、自分が否定されているという思いでいっぱいなんだろうが
彩香ちゃんはそれでも生きようとした。
そこが大きな違いだ。

 

Posted by fumitoku : 01:49 PM

10/28(日) 台風一過


法事に向かう高崎線の中
大きなくしゃみ2回したおとこが
「あー、ジーザス」と小さくつぶやいた。
彼は日本人なのか?
何が理由かは分からないが、印象に残ってしまった。

あと、耳のすぐ上からたぐりよせた
バーコードの髪型のおじさんをみて
ある種、職人技だと関心しながらも
「スキンヘッドの方がいいんじゃないかな」と
こころの中で小さくつぶやいた。

全然デザインや活字書体のはなしではありませんでした。
あしからず。

では話題を変えて、神沢利子展プロジェクト(またかい)。
展覧会カタログの原稿がそろいつつありますが
台割構成と各ページのサムネール描きがうまくいかずに
ひとりもんもんとしています。
つまり、あまりいい精神状態ではありません。

 

Posted by fumitoku : 12:47 AM

October 26, 2007

10/26(金)

前々からずっと気にしている事件の関連記事が
ウェブサイトに掲載されていました。
平成19年版「犯罪被害者白書」によせられた本村洋さんの手記です。
ぜひ読んでみてください。

【山口県光市母子殺害事件 遺族の思い】
(1)「妻が殺されています」
(2)「娘は二度殺されました」
(3)犯罪被害を乗り越えて…
(4)完「君は社会人たりなさい」


10/26(金)

「なんだ、夢だったのか」というようないい夢をみることもある。
目覚めて、それが現実でないことにがっかりする。
だから、いい夢も悪い夢も同じこと。夢は夢で現実ではない。

「ああ、夢ならさめないで」
対して
「夢であってほしい」

こういうせりふが生まれるのも分かる気がする。

 

Posted by fumitoku : 01:22 PM

October 25, 2007

10/24(水)

期日に仕上げないといけないものが
間に合わない夢をみることしばしば。
ぞっとした後にほっとする。夢でよかった夢。
心身が無意識に緊張しているのでしょう。

脳みそがつかれていてはアイデアは浮かばないし
集中力も続かない。いや、集中すらできない。
わたしの場合、朝目覚めてからしばらくの時間が
一番アイデアが浮かぶようです。
(何か変なひとりごと日記)

 

Posted by fumitoku : 06:43 AM

October 22, 2007

10/22(月) はれ

トコトン! 神沢利子展 〜いのちの水があふれだす〜
出品展示する原画の撮影。
額に入れられる前の、ガラス越しではない直の絵をみることができてとても勉強になりました。
画家の筆致から、絵を描いている情景がみえてきます。


10/21(日) はれ

午前中は井の頭かんさつ会に娘と参加。
「実りの秋を楽しむ」ということで、木の実拾いを楽しみました。

午後は、神沢利子展プロジェクト、ジオラマ制作に参加。
こんな感じです。


10/18(木)

汐留でSさん、Aさん、Tさんと打ち合わせ。
Sさんの絵を拝見させていただき、純粋な心を感じました。
これからながくお付き合いできますように。

 

Posted by fumitoku : 06:11 PM

October 17, 2007

10/16(火) 雨のちくもり

SEAMAN2が10/18にめでたく発売されることになりました。
DigiToysの設立披露もかねて、六本木でパーティーがひらかれ
わたしも出席しました。

SN390014.jpg

そのパーティーは、梅星の心のこもったライブなどもあり、とてもあたたかい会となりました。
会場にいる方たちがあたたかい気持ちでいるからそうなるんだと思いますし
そういう場所にいあわせることができるのは、本当にうれしいことです。

さて、二次会。
場所はロックの殿堂六本木バウハウス
大音量の音楽で心を洗うことができてよろこんでいたところに
斉藤さんの友人の金剛地さんの登場で、はじめてエアギターというものを生でみました。

SN390039.jpg
SN390049.jpg

三次会も音楽のある店でしたので、続けてエアギター炸裂でした。
金剛地さん、おかげでエアギターを満喫できましたし、そのサービス精神に感謝します。

斉藤由多加さん、ビバリウムスタッフのみなさん、関係者のみなさん
SEAMAN2発売おめでとうございます。
久しぶりに楽しいひとときを味わえました。ありがとうございました。

 

Posted by fumitoku : 07:42 PM

October 06, 2007

10/6(土)

今日は病院で採血した。
わたしのからだから、小さな容器に入っていく血。
その色はドロッと濁った赤ワインのような色だった。

その色、美しい。

さて、午後から神沢利子展プロジェクト打ち合わせ3件。

主人公ができてきた。思わず笑ってしまう。楽しいぞ、チームD-Cafe・主人公制作。
すかっとして気持ちいいぞ、チームD-Labo・ジオラマ制作。
そして夜、予算計画の話し合い2時間半。具体的なアイデアが受入れられました。
プロジェクト漬けの一日でしたが、それで救われました。

「動けば変わる」はその通り。

 

Posted by fumitoku : 09:35 PM

October 04, 2007

10/4(木)

「トコトン! 神沢利子展 〜いのちの水があふれだす〜」
ポスターとチラシの入稿ができてほっとしています。
仕上がるかどうか自信がありませんでした。
なぜならわたしがちょっとしたイラストを描くからです。
レイアウトだけなら作業は早い方ですが
イラストは描けばいいだけではなく、善し悪しがあるから
時間をかければいいというものではありません。
現時点のわたしのレベルは変えようがない。
今の記録として残ります。
数年後に笑うかな。


Posted by fumitoku : 05:09 PM

10/3(水)

このやり方で作業は終わるのか?
もっと画力をつけないとな。
堀内誠一さんの「パリからの旅」をながめながら
自分の力のなさになさけない。

手を動かせ。描け。描け。

 

Posted by fumitoku : 01:57 AM