« | メイン | »

September 28, 2007

9/27(木)

午後、銀座へ。
まだお名前は伏せておきますが
某案件でS社長の元へ5名でうかがいました。
2時間程の打ち合わせでしたが
あっという間に時が過ぎた感じで
その間に何だかとても「癒された」ことに気付かされました。
これはどうしたことでしょうか? 考えてみました。
これは多分、人間が持っているオーラといいましょうか。
Sさんは心おだやかなオーラを発しているのでしょうね。
おはなしをうかがって、生身のやりとりをしている間に
わたしも彼のオーラにつつまれたのでしょう。
くわえて、そこで販売されている男性用シャツの「色」に
やられてしまいました。
色の好き嫌いなんて個人的で感覚的なもの。
わたしの色の好みに、見事にはまってしまいました。
カジュアルさがよくって、今度本当に買おうと思います。

そのふたつの「いいこと」+「本物のものづくり」というクライアントの姿が重なって
有意義でうれしいひとときとなりました。
S社長とTさん、関係者のみなさん、ありがとうございます。
これからもお付き合いができるよう
わたしの担当する役割をしっかりやっていきたいと思います。
それができなきゃサヨウナラですからね。

さて、帰りのメトロ内のモニタでマタニティマークについての
説明映像が流れていました。駅の窓口でもらえるそうです。
安定期に入るまでの妊娠初期の母体は
とても疲れやすく、いたわらないといけないものなんですが
外から見たらおなかが大きくなっているわけではありませんから
妊婦であることなんて分かるはずもありません。
その妊婦が若い人だったら「どうして若者が堂々と優先席にすわっているのか」と
見ていてあまり気持ちのよいものではないでしょう。
でも、実は疲れやすく大変な状態なのです。
さらにわたしは男ですから、そのつらさを一生知ることができない。
だから「マタニティマーク」がついたボールチェーンが配布されているのです。
しかし、残念ながらそのマーク自体目立たないし、あまり認知されていません。
でも知っておいてくださいね。みなさん。

ついでに。
通勤通学のラッシュ時だけでなく少し混んだ電車内で
妊婦だけではなく、赤ちゃんとお母さん、幼い子ども、ご年配の方、そして障害をお持ちの方が
優先席に座れることはまれだったりします。
???でしょ。
優先席ですよ。若いもんが堂々と、たまに居眠りなんかして座っています。
東京は、優先席でも席を譲ることが珍しいところなんです。

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : September 28, 2007 12:04 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/175