« | メイン | »

July 18, 2007

7/18(水) あめ

中越沖地震。
また新潟。
死者も出ている。
避難所生活。
次は仮設住宅での生活。
心身の疲労や先の不安を察する。
高齢者や子どもたちのダメージが大きい。
早く笑える日がきてほしいと願う。

今、テレビが無いので映像で確認することができない。
無責任だが、わたしの実感としては遠い。
日々の生活を送る。現地にかけつけることはしないだろう。
ここでできることは募金くらいだ。
でもそのお金がどう使われるのかは分からないから
実感が持てないことには変わりない。
当事者意識が持てない自分がいる。

これが関東の大地震だったらどうする?
当事者意識もなにも直接の被害者になる。
明日は我が身。いつ大地震がくるか分からない。
「なぜ、わたしたちを助けてくれないのだろう?」
なんて、そうつぶやくだろうか。
勝手なものだ。
その前に生きているかどうかも分からない。

もうひとつ

原子力発電所はどうなる?
爆弾だ。
爆弾だ。
そこら中に爆弾を埋め込んで抱えているのが
今の日本ということだ。

ところで

一度稼働させた原発は閉鎖できないということを知っていますか?
正確には閉鎖できても管理し続けなければいけない。

おまけ

核のゴミである放射性廃棄物。
近くにいるだけで死ぬ。
全国からそれが六ケ所村に集められ管理される(捨てられるに等しい)ということで
近隣住民はそんなこと受入れられるわけないことも想像できると思う。
当事者意識のない人間たちがこの場所にしようと決めたことだ。

たまり続ける放射性廃棄物。
ずさんな原発管理。
原発を止める決断をする勇気がないのも
今の日本ということだ。

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : July 18, 2007 07:23 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/150