« June 2007 | メイン | August 2007 »

July 30, 2007

7/29(日) はれのちあめ

神沢利子展プロジェクト、井口コミセン巡回展無事終了。
次の8月開催の図書館本館から11月の大沢コミセンまで、巡回展は続きます。

さて、参院選。
まともな人、川田龍平さんが激戦区東京で当選しました。
無所属で組織票を持たずとも多くの支持をえた結果です。
彼を選んだ人たちも、きっとまともなんだと思います。
ボランティアスタッフで選挙戦を乗り切ったことはすごいことだと思います。
しかし、開票結果が出るまでは不安でもありました。
わたしにとっては、初めて強く「この人に当選してほしい」と願う気持ちになった選挙でしたし
投票することの大切さを特に感じた選挙でした。

当選がゴールではないので、これからの政治活動に期待します。
わたしも、自分がたずさわる分野から、自分ができることをやりたいと思います。

当選、おめでとうございます。

 

Posted by fumitoku : 03:32 AM

July 27, 2007

7/27(金) はれ

テレビがなくていい理由は
悪いニュースをみなくてすむから。
親の子殺し、子の親殺し。
政治と金。

神沢利子展プロジェクト
次回展示構成案のスケッチを少し。
このプロジェクトは平和でいい。


7/26(木)

深大寺の盆踊りをのぞきにいく。
観光客はなく、こじんまりして地元っていう感じがいい。

禁酒一ヶ月が過ぎました。
このまま12月までいけそうです。

 

Posted by fumitoku : 11:05 PM

July 26, 2007

7/26(木)

家にはテレビがないのですが
なくていいように思います。


7/25(水)

神沢利子展プロジェクト、デザイナー募集の件。
ここでやっても集まるわけないと分かっているんです。
ま、こんな状況だということを知ってほしいというぼやきです。

夜は企画ミーティングに参加。
展覧会のイメージが少しまとまってきたと思います。
みなさん仕事がある中、おつかれさまでした。

 

Posted by fumitoku : 08:58 AM

July 23, 2007

7/23(月)

この蒸し暑さ。苦手です。


7/21(土)・22(日)

井口コミセン巡回展
ジュニアスタッフのお手伝いワークショップに説明役で参加。
2日で50人くらい集まってくれました。
5年生のさんにん組なんて、幼い女の子たちに
早速よみきかせをやっていました。知らないうちにという感じで。
わたしたちはこういう光景をみたかったんだと思います。

游明朝体+游明朝体五号かな+Adobe Jenson
游ゴシック体(予定)+Adobe Myriad
この書体の組み合わせを使用できるパソコン環境で
デザインに加わってくれるデザイナーを見つけることは、なかなか難しい。
なぜなら、神沢利子展プロジェクトに賛同していただくことと
市民協働ということでボランティアで参加してくれることが前提だからだ。
わたしはデザイナーの友人が少ない(友人自体少ない)。
そのデザイナーたちはみなプロなので、前提の存在が大きい。
このままでは、展覧会カタログ(図録のことだけど、文を書く作家なので、あえて展覧会カタログという)も
展示サインなども、一式全てわたしが担当することになりそうだ。
市民協働といいながら、それではいけない。
なるべく、つくるよろこびや逆に大変さを、この機に共有した方がいいと思う。
だからといって、リュウミンでも中ゴシックでもなんでもいいというわけにはいかない。
それだけはできない。
なやましー

ここを読んでくれているデザイン関係に携わっている数人の方へ。
上記条件でよろしければ、そしてご興味あれば
神沢利子展プロジェクトのデザイン担当でご参加いただけませんでしょうか?
誰でも歓迎です。
イラストレータもしくはインデザインでつくります。

くわえて、全て納品されて、展覧会を無事ひらくことができたあかつきには
楽しい打ち上げがいっぱいついてきます。これも自腹なんですが……

期待しないで待っています。
連絡先:tomi@fumitoku.net 富岡まで

神沢利子展プロジェクトについてはこちらをご覧ください。
www.project-tk.net
 

Posted by fumitoku : 03:26 PM

July 18, 2007

7/18(水) あめ

中越沖地震。
また新潟。
死者も出ている。
避難所生活。
次は仮設住宅での生活。
心身の疲労や先の不安を察する。
高齢者や子どもたちのダメージが大きい。
早く笑える日がきてほしいと願う。

今、テレビが無いので映像で確認することができない。
無責任だが、わたしの実感としては遠い。
日々の生活を送る。現地にかけつけることはしないだろう。
ここでできることは募金くらいだ。
でもそのお金がどう使われるのかは分からないから
実感が持てないことには変わりない。
当事者意識が持てない自分がいる。

これが関東の大地震だったらどうする?
当事者意識もなにも直接の被害者になる。
明日は我が身。いつ大地震がくるか分からない。
「なぜ、わたしたちを助けてくれないのだろう?」
なんて、そうつぶやくだろうか。
勝手なものだ。
その前に生きているかどうかも分からない。

もうひとつ

原子力発電所はどうなる?
爆弾だ。
爆弾だ。
そこら中に爆弾を埋め込んで抱えているのが
今の日本ということだ。

ところで

一度稼働させた原発は閉鎖できないということを知っていますか?
正確には閉鎖できても管理し続けなければいけない。

おまけ

核のゴミである放射性廃棄物。
近くにいるだけで死ぬ。
全国からそれが六ケ所村に集められ管理される(捨てられるに等しい)ということで
近隣住民はそんなこと受入れられるわけないことも想像できると思う。
当事者意識のない人間たちがこの場所にしようと決めたことだ。

たまり続ける放射性廃棄物。
ずさんな原発管理。
原発を止める決断をする勇気がないのも
今の日本ということだ。

 

Posted by fumitoku : 07:23 AM

July 15, 2007

7/15(日) 台風接近

井口コミセン巡回展の搬入・設営が無事終了!
みなさんのご協力に感謝します。

http://project-tk.net/blog/

 

Posted by fumitoku : 06:41 PM

7/14(土) あめ

また神沢利子展プロジェクト漬けの週末である。
前夜からプレゼン用のスケッチを模造紙いっぱいに描いたことが気持ちよかった。
いつもなんとか間に合うペースでやっています。

15日は巡回展の搬入・設営で
人が死んでしまうこの台風が接近している中、どうなるんでしょうね?
現在午前5時前。外はあめがふってるかどうかという台風の前の静けさです。


7/13(金) くもりのちあめ

午後からずっと外出。
日中、井の頭公園で初めてお会いしたTさんとかいつぶり。
夜は交流会という呑み会に参加。わたしは禁酒中なので一次会で退散。
残った人は三次会で午前様。タフですね。
人と話すって楽しいものです。

 

Posted by fumitoku : 04:30 AM

July 10, 2007

7/10(火) あめがふったりやんだり

麻布十番にD社のウェブサイトの打ち合わせの帰り道より道
カフェで神沢利子さんの講演や対談記録、作品のあとがき、評論などを読む。
まだ1/5程しか読んでいませんが
ふーーぅ(ウーフみたい)、大切なことがいっぱいつまっていますね。
自分は自分。自分にとっての真実。自分で考えること……
自問自答。問い続け、書き続けてこられたから至ったことばたち。

このプロジェクトに出会うことができて感謝します。


7/9(月) くもり

市民協働センターのトークサロンに参加。
みたかには、いろんな市民活動をされている方がいらっしゃいます。
3つの団体の代表者のはなしをうかがいながら
「市民協働」についても意見交換を少しした。
「つながる ささえる つむぎだす」というのが協働センターの機能だそうだ。
わたしはあいかわらず「市民協働」について考え中。

午後、みたかの市民活動の草分け的存在である方に
ある構想についておはなしをうかがう。
この方と出会えたのも、神沢利子展プロジェクトのおかげ。
みたかに越してきて、市の事業に参加してよかったなと、しみじみ思う。
ここから自分がどうするか、なんです。

夕方、井口コミセンの展示会場内の採寸。
ま、何とかなるでしょう。


7/8(日) くもり

午前中、巡回展−大人向け説明会。
午後、巡回展−小・中学生、高校生向け説明会とジュニア実行委員会結成会。
午後が楽しかった。みたかの子どもたちがつながっていく姿を想像する。


7/6(金) はれ

巡回展の展示物のリメイク作業。参加者7名。
閉園した幼稚園。窓全開。何もない教室の床。ひろいところを使い放題。
その中を涼しい風が通り抜けていく。
何がいいたいかというと、とっても気持ちよかったということ。
こんな広いアトリエがあったらなぁ。

長谷川集平さんの絵本を読みまくる。
作者が何を思って作品を書く(描く)のかということを考えさせられる。
そこには作者の人間性が出る(出てしまう)もので
長谷川さんの、裸というか素直な気持ちというか
つまりその人が感じられる作品に、こちらももっとほしくなるのです。
???
もっと読みたくなるのです。次の作品を読みたくなるのです。
もっとはなしをききたくなるのです。

同じ姫路出身ということもうれしく
『はせがわくんきらいや』なんて
わたしにとっては声に出して読みやすかったりします。

 

Posted by fumitoku : 07:56 PM

July 02, 2007

7/2(月) ムシムシ高不快指数

今年も折り返しを過ぎました。

さて、今日は思いがけない一本のうれしい電話をいただきました。
わたしにとっては初挑戦で難題ですが、挑みがいがあります。
B社のKさん、機会を与えてくださいましてありがとうございます。

 

Posted by fumitoku : 10:11 PM