« | メイン | »

May 20, 2007

5/20(日) 快晴

娘と野川沿いを自転車で走っていて目にした光景。
何やら黄緑色のタオルを首に巻いた人たちが
野川のゴミを拾って歩いているではないか。
その数は30人? いや50人? いやいや100人以上!
きけば年1回やっている「クリーン野川作戦」という環境保全運動とのこと。
今年で41回目。歴史あります。
わたしと娘で受付429人目とのこと(少しだけ参加しました)。すごい数です。
でも野川くじら山周辺の野川沿いには、参加者のおかげでほとんどゴミがありませんでした。
自分たちが住む地をきれいにすること。小金井市、当たり前のいいとこしてますね。

実は、ゴミ拾いは寄り道で、その後
小金井公園にある「江戸東京たてもの園」に行くのが今日のメインの予定。
「鍵屋」と「前川國男邸」が好き。
娘は「路面電車」がお気に入り。チン、チン、チン!

5月が好き。緑色が気持ちよく、草木や花、何かが香ってくるところが。


5/19(土) 雨のちはれ

午前中は、神沢利子展プロジェクトの展覧会企画ワークショップに参加。
この先何とかうまくいくような予感がする2007年度の幕開け。

「市民協働」ということばについて考える。
──協働とは
「同じ目的のために、協力して働くこと」
「一つの目的のために力を合わせること」 
──ボランティアとは
「《志願者の意》自主的に社会事業などに参加し、無償の奉仕活動をする人」
「自発的にある事業に参加する人。特に、社会事業活動に無報酬で参加する人。篤志奉仕家」
昨年度はとにかく展覧会になるかどうかということで頭がいっぱいだったけれど
無事に開くことができてからは「市民協働」について少し俯瞰して考えられるようになった。
そちらにも興味が傾いてきた。
参加者の前向きの気持ちを保つことも、わたしの役目です。

夕方から娘と神代植物公園のバラフェスタに。
庭園一面のバラの色と香りに「わー」と声が出てしまう。
神沢利子展プロジェクト実行委員の方とばったり会ったりして
三鷹に来て2年経ち、少し三鷹市民っぽくなったみたい。

残念なこと:天神通り商店街の、こなきじじい像破壊に続いて
何と今度は、鬼太郎像が一体持ち去られていた。
設置面がもぎ取られた跡は、気持ちいいものではない。
水木しげるさんが知ったら、さぞ悲しむだろう(『ねぼけ人生』を読んだばかり)。
非道い。この商店街を通る子どもも大人もみんなをがっかりさせる、義を逸した行為である。


5/18(金)

つくったばかりのロゴマーク。
その会社の名刺を入稿する。
そして、次の会社のロゴマーク制作へ。
夏リニューアル目標のウェブ上で公開できればと思います。
 

5/16(水) はれ

ふたたび「堀内誠一絵本原画展」へ。
実は、先日は教文館6Fナルニアホールの
同時開催の展示を見過ごしたからなんです。
正しくはそこに行きました。
堀内誠一さんは偉大な創造者です。宇宙がひろがっています。
スタイルが画一でないところが好きです。

 

ここから続き

投稿者 fumitoku : May 20, 2007 10:18 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumitoku.net/mt/mt-tb.cgi/120