« | メイン | »

June 21, 2006

6/21(水)くもり少し雨。今日は6/29まで開かれている『神沢利子の世界』をのぞきに行くのが目的で、家族で教文館ナルニア国へ行く。ナルニアホールの『鹿よ、おれの兄弟よ』原画展がとても素晴らしかった。原画と絵本の印刷を比べてみた。FMスクリーニング印刷と風合いのある特殊紙の仕様で工夫しているので、再現性も優れていた。でも、原画は絵の具や鉛筆の筆致が感じられて、絵を描く時間軸の奥行きと、制作中の作者の姿が想像できるから特別だ。繰り返してしまうが、本当に素晴らしかった。文と絵と製本、印刷。それぞれの力がたし算からかけ算へかわる。ひとりではできない、絵本づくりの側面を見せていただきました。ありがとうございます。http://www.kyobunkwan.co.jp/Narunia/eventn1.html

ここから続き

投稿者 fumitoku : June 21, 2006 12:00 AM