« 5/30(火)晴れ。 | メイン | 子どもの頃の親とのかかわり方 »

June 05, 2006

秋田小1男児殺害容疑者が捕まった。

捕まったのはいいが容疑者を知って唖然とした。テレビに映ったその女の顔は、もはや人間のものとは思えない表情だった。自分の娘も殺したかもしれないと想像するのが当然で、そうであれば子どもを2人も殺したことになる。子どもを守るのが大人の当たり前の役目だと思う。それが壊された時、私たちに未来は無い。子どもは弱者だ。弱い者に危害を与えるのは卑怯だ。それは許せない。許せないからといってさっさと死刑で済む話でもない。同時に今日、奈良小1女児殺害犯は死刑を求刑されたというニュースも入ってきた。こいつの場合は人ではない。外面は人のかたちをしていても、魂は何かの動物のものだ。動物だから言っても分からないし死刑でも構わないのかもしれない。だけどそれでは何も解決はしない。わたしたちには後味の悪さだけが残される。

ここから続き

投稿者 fumitoku : June 5, 2006 12:00 AM