« | メイン | »

March 07, 2006

3/6(月)福音館書店の『母の友』4月号を読む。表紙のイラストが片山健さんから酒井駒子さんへバトンタッチされたようだ。これは新鮮。うさぎに向かってしゃがんだ女の子がタンポポの花をかざしたイラスト。おでことはねた髪の感じが少し我が娘に似ていてほほえましい。特集の「毎日の生活リズムをどうつくる?」は、幼い子を持つ私たち夫婦の間ではとても気にしていること。対談参加者から、どの家庭もそれぞれの苦労があるようだ。朝起きる時間、夜寝る時間の問題だけではすまない。我が家は仕事の関係で夜型の生活になりがちだが、仕事のせいにしてはいけないというのは分かっている。そこが反省点であり課題。家庭と仕事のうまい両立。まだまだ手探りは続くだろう。しかし『母の友』を読むたび思う「一体この本をどのくらいの父親が読んでいるんだろう?」と。同時に『父の友』みたいな本があればなぁとも思う。だって日本の中では、母ものばかりなんだもん。

ここから続き

投稿者 fumitoku : March 7, 2006 12:00 AM