« February 2006 | メイン | April 2006 »

March 31, 2006

3/31(金)早くも3月末。2006-年1/4が過ぎた。
 またこんなニュース。「1歳の男児揺さぶり死なせた容疑 里親の女逮捕 千葉」
 大きく分けて子どもは2種類の人間に殺害されることになる。ひとつめの人間は自分の親(または血の繋がりのある者)。もうひとつは全くの他人だ。ひとつめの場合は、子どもはその運命を恨むしかない。親は自分の過ちに気付き一生を悔いながら生きることになる。過ちに気付かない者もいるだろう。その場合は無駄死にだ。自分の親に殺されそうになって生きのびたという経験を持つ子どもはどうだ。自分の存在自体を否定された思いで生きていけるのか。それでも親に愛されたいと思うのか。私の場合、両親が私のことを殺す場面なんて想像できない。そんな親の元で生まれて幸せだと思う。ふたつめは人ごとではない。実際に24時間365日、子どもと一緒に居ることは不可能だ。ちょっと目を離した間に殺人事件は起きてしまう。デパートや遊園地などの外出先、学校内や登下校時(付き添った他人の親に殺害される場合もある)、子ども同士で外で遊んでいる間、などときりがない。防衛策をとっていても起こりうる。殺害された親は「何で自分が一緒にいて、守ってあげられなかったのだろう。ごめんね、ごめんね…」と、一生自分たちを責め続けることになるだろう。仕方のないことと他人になぐさめられても受け入れられないだろう。どうしたって、殺害された子は生きかえってはこない。
 生きていて大切なものは何かと考えることがある。大切なものは人それぞれだと思う。いろいろあっていいし、ひとつでもこれが大切だと言えればいい。逆にいけないことや悪いこともある。子どもが殺害されるなんて、起こってはならないことだ。そんなこと考えるまでもないはずだ。それを考えなくてはならない現在を私たちは生きている。今のニュースに慣れるな。みな、自分が子どもだったことを思い出せ。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 30, 2006

3/28(水),29(木)缶詰状態が続く。今月末がひとつの山。
 川崎市多摩区の小3転落死のニュースはむごすぎる。こんなことが起こっていいはずがない。9年生きてきて突然見ず知らずの大人の男から自分の命を奪われた。亡くなった男の子の魂が、その現実を受け入れられずに辺りをさまよっていると思う。両親の気持ちは想像してもしきれない。自分のことにおきかえて考えられるか。今の日本は子どもが死ぬ理由がまともでない。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 27, 2006

3/27(月)今日も缶詰状態。仕事の合間に絵本に関するメールで頭を休める。これを逃避とも言う。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 26, 2006

3/25(土),26(日)2日連続でのびのびの一時保育を利用。送り迎えでは大泣きするが、娘も少しは慣れてきたようだ。「慣れ」というのは良い面も怖い面も持ち合わせていると思う。後悔しない判断が、いつでもどこでもできますように。娘には寂しい思いをさせることになるが、もう少しの間がんばってほしい。その分、一緒に居る時間はふれあいたい。昨夜はせきとはなみずがでていたので、ネギの白いやわらかい部分を軽く焼いきハンカチに入れ首にまいて眠らせ、だいこんアメをNONIジュースと水で割ってのませたら状態が良くなった。民間療法、分かりやすく言うと「おばあちゃんの知恵」はすごく効き目があるんだな。知恵の伝承はどんな分野にも必ずある。
 野菜をいっぱい入れたトン汁、納豆ととんぶり入りのそば、卵とトマトとほうれん草のいためもの、三鷹「たかね」のたい焼き、いちご、黒豆茶。
 デザインの制作案件が少しずつ納品、少しずつ進行。落ち着いたらウェブ上でも成果物紹介の更新をしなければ。さまざまな事情により公開できるのは全ての案件という訳にはいかない。デザイナーとしてはまだまだだ。これからも、ひとつずつ。
 家族でゆっくり出かけたい。安曇野ちひろ美術館なんていいなぁ。
 

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 24, 2006

3/23(木)気付けば夜中。今日も一日が早い。集中力と体力には限界があるので終わらない仕事もほどほどに。からだとあたまをゆっくり休めた方が効率は良い。
 夕食は2日続けてみさと屋にて。ここはやさいがおいしいネ。八百屋ですから。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 22, 2006

3/22(水)ロゴ制作案件のデザイン案が決まる。ネーミングからの提案だったので思い入れもある。世の中に出たら長生きしてほしい。
 最近、いい仕事に恵まれている。新しい出逢いもある。「ひとつひとつ」。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 21, 2006

3/21(日)多磨霊園に家族で墓参り。彼岸なので私たちと同じ家族連れで賑わっていた。草むしりや掃除をする姿も同じ。願いも同じかな。約1時間、私だけ東八道路から武蔵野公園に入り、野川沿いを散歩しながら帰る。川沿いのヤナギは小さな若草色の葉をつけ、シダレザクラ3分、オオカンザクラは8〜9分咲きというところか。他のサクラのつぼみもぷっくりとふくらんで、もうすぐ野川周辺の景色が変わるということ。色が変わるのはグラフィックデザイナーとしても興味がある。この地に越してきたのは昨年5月なので初めてのサクラの季節を迎えることとなる。こころとからだが楽しみにしているのが分かる。
 夜、散髪。歩いて20分程の場所に深夜まで開いている美容室を見つけた。引っ越してからやっと見つけた通おうと思える美容室。この地で少しずつ人との関わりができてきたのは、この先もこの地に住むということを思うと、いいことだ。「こんにちは」とあいさつできる人が増えますように。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 19, 2006

3/19(日)今日も娘を一時保育に預ける。別れ際は大泣き。寂しい気持ちがこの先に残らなければいいのだが、ストレスを感じているのが分かるので、親もつらい。
 神代植物公園でバスを途中下車し、散歩しながら帰る。松ぼっくりがいっぱい落ちていて、特に理由ははないが、いっぱいひろう。最近どこででも、つい植物をひろってしまう。この公園の松ぼっくりは小振りで形がととのっていて、それがいい。
 最近、私の顔写真がウェブ上に載ってしまった。「斉藤由多加のBlog」と三鷹市の「絵本館構想検討会議が市に提言」に。いい仕事をしたデザイナーとして取材され、記事になったり顔写真が掲載された訳ではないし、犯罪者としてでもない。
 今日も仕事は続く。
 午後6時前に夫婦で娘を迎えに行く。「ママ〜」と大泣きして抱かれる。その後、近くにあることに気付いたのは昨日、前から気になっていたそば屋「きびや」に行く。美味しすぎて参りました。三鷹に出た時には顔を出そう。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 18, 2006

3/18(土)かなりの優れもの「Xtream Path」購入。役に立つことは、まちがいない。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 15, 2006

3/15(水)ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『大玉』ウェブサイトが無事公開された。発売1ヶ月前の第1段バージョンで、残りの制作が続く。このゲームは面白い。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 14, 2006

3/14(火)今日ものびのびひろばへ。また大泣きされた。置いていった父親、迎えに来てくれた母親。2日連続で恨みも2倍。娘が帰ってくるのが少しこわい。
 のびのび後、あまりに天気が良かったので散歩しながら帰ることに。常連客風に年間フリーパスをチラ見せして神代植物公園の中を通り、深大寺で生そばとよもぎもちを買って、野川の飛び石を渡ってといういつもの寄り道コースでたっぷり1時間半散歩した。それからは缶詰状態となる。昨夜の友人のライブ、行きたかったなぁ〜。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 13, 2006

3/11(月)朝から娘と三鷹市の「のびのびひろば」へ。一時保育のためで、私が帰ろうとすると大泣きもいいところ。たっり9時間後、妻が迎えに行った。帰宅後、置いて行かれたことを根に持っているようで、知らんプリ、触るな、あげくには「お父さんのこと好き?」「イヤッ」と思いっきり首を横に振るありさま。あ〜つらいけど、感情表現が達者になってきたことに微笑ましい。「ママ〜」と言いながら母に抱かれる。どうあがいても父親は母親にはかなわない。我が娘、将来嫌いな男にハッキリ「嫌い」というタイプだな、こりゃ。
 仕事は続くよ、どこまでも。ぎりぎりで進む。できは悪くない。
 夜コンビニへ。外は冬に逆戻り。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 12, 2006

3/11(土),12(日)土曜は少し散歩。日曜は一歩も出ず。でも終わらない。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 11, 2006

3/9(木),10(金)一歩も外に出ず。2案件分、アイデアも浮かびセーフで提出。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 08, 2006

3/8(水)あ〜もう夕方。外は晴れているのに仕事で缶詰。頭を切り換えて次々と。

3/7(月)夕方の打ち合わせの帰りに調布の「みさと屋」で家族と待ち合わせ。ほぼ満席で賑わっていた。料理が出てくるまで時間がかかるということで、レストランの外の野菜などの食料品売場で娘とかくれんぼをして遊ぶ。うれしいのか、はしゃぐよはしゃぐ娘ははしゃぐ。それは親の事情で夜まで一歩も外に連れていってもらえなかったからだろう。笑っているのは私もうれしいが、声は奇声の「キャー!」だからたまらない。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 07, 2006

3/6(月)福音館書店の『母の友』4月号を読む。表紙のイラストが片山健さんから酒井駒子さんへバトンタッチされたようだ。これは新鮮。うさぎに向かってしゃがんだ女の子がタンポポの花をかざしたイラスト。おでことはねた髪の感じが少し我が娘に似ていてほほえましい。特集の「毎日の生活リズムをどうつくる?」は、幼い子を持つ私たち夫婦の間ではとても気にしていること。対談参加者から、どの家庭もそれぞれの苦労があるようだ。朝起きる時間、夜寝る時間の問題だけではすまない。我が家は仕事の関係で夜型の生活になりがちだが、仕事のせいにしてはいけないというのは分かっている。そこが反省点であり課題。家庭と仕事のうまい両立。まだまだ手探りは続くだろう。しかし『母の友』を読むたび思う「一体この本をどのくらいの父親が読んでいるんだろう?」と。同時に『父の友』みたいな本があればなぁとも思う。だって日本の中では、母ものばかりなんだもん。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 05, 2006

3/5(日)妻の実家で娘のひなまつり。ちらし寿司、手まり寿司、菜の花のお吸い物、はまぐり酒蒸し、とうふサラダを妻がつくり、ひな人形を前にみんなで輪になっていただく。彩り鮮やかで、見るだけでも楽しい。今年はその絵面と娘の笑顔が記憶に残るひなまつりとなった。実は娘にはまだひな人形を買ってあげていないということもあり、岩槻のひな人形を見に行く。「東玉」で見た鈴木賢一さんがつくられるひな人形に私がひかれてしまった。今回はひな人形は買わないで、鈴木さんの作品集を買って帰る。今まで和人形には特に興味を持たなかったが、鈴木さんの作品を拝見して一変した。特に、人形全体から感じるやわらかい表情が好きになった。娘よ、ひな人形は来年まで待っておくれ。明日から仕事の方がかなり忙しくなる。戦闘モードに切り替えて乗り切ろう。忙しい現実。しかし花見の企画は忘れずに。仕事と遊びは両立したい。

3/4(土)昼、深大寺のだるま市へ。娘がひとつだるまを選ぶ。
 夕方、家族でミュージカル劇を観覧。娘は全ての内容を理解はできなかっただろうが、最近舞台版の『おかあさんといっしょ』DVDが大好きなので、生の舞台に興味深々のようだった。舞台終了後、妻の実家へ。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

3/5(日)妻の実家で娘のひなまつり。ちらし寿司、手まり寿司、菜の花のお吸い物、はまぐり酒蒸し、とうふサラダを妻がつくり、ひな人形を前にみんなで輪になっていただく。彩り鮮やかで、見るだけでも楽しい。今年はその絵面と娘の笑顔が記憶に残るひなまつりとなった。実は娘にはまだひな人形を買ってあげていないということもあり、岩槻のひな人形を見に行く。「東玉」で見た鈴木賢一さんがつくられるひな人形に私がひかれてしまった。今回はひな人形は買わないで、鈴木さんの作品集を買って帰る。今まで和人形には特に興味を持たなかったが、鈴木さんの作品を拝見して一変した。特に、人形全体から感じるやわらかい表情が好きになった。娘よ、ひな人形は来年まで待っておくれ。明日から仕事の方がかなり忙しくなる。戦闘モードに切り替えて乗り切ろう。忙しい現実。しかし花見の企画は忘れずに。仕事と遊びは両立したい。

3/4(土)昼、深大寺のだるま市へ。娘がひとつだるまを選ぶ。
 夕方、家族でミュージカル劇を観覧。娘は全ての内容を理解はできなかっただろうが、最近舞台版の『おかあさんといっしょ』DVDが大好きなので、生の舞台に興味深々のようだった。舞台終了後、妻の実家へ。

Posted by fumitoku : 12:00 AM

March 03, 2006

3/3(金)結婚記念日。
 新たな分野の案件と金融関係の案件の打診をいただく。うれしいですね。依頼された方々の期待にこたえたい。仕事をとおして新たに人と出逢うこともまた楽しみである。

3/2(木)昼、神代植物公園に娘と散歩。いつも野川の脇を入り、丘を越えて修道院を過ぎ、坂を下って水神苑横の水路を見ながら深大寺まで行き、一休庵の脇の坂道を登り、深大寺門から公園に入るというコース。五分咲き、いや木によっては満開の梅園のまわりは撮影をする人で賑わっていた。その横で、私は仕事で必要となった竹林を囲む竹の柵をデジカメで撮影した。その対比は何かが変だった。梅はかおりがいい。
 夕方、秋葉原にある味処はつくらへ今年初めて家族で顔を出す。久しぶりに会う常連客たちと「元気だった?」と声を掛け合う。オヤジさん達ニコニコ顔ばかり。偶然の再会はうれしい。近所にこんな家庭的な味のある店があればなぁ。

Posted by fumitoku : 12:00 AM