« 楽しさがもたらしてくれたもの | メイン | ば○はひかないはずだが »

February 20, 2006

いわいさんちへようこそ!

2/20(月)プレゼン終える。次につながることとなった。楽しい仕事となりそうだ。
 岩井俊雄さんの「いわいさんちへようこそ!」を読む。父親におすすめの本だと思う。笑っている家族の顔が想像できる。しかしこういった光景があると思えば、滋賀県長浜市の2園児刺殺事件のニュースが耳に入ってくるこの現実。昔はみんな子どもだった。子どものこころや気持ちを分からない大人は、自分の子ども時代を思い出せばいいんじゃないかと思う。うれしかったことや楽しかったこと、逆につらかったことや悲しかったこと。子どもに味わってほしいものはなんだろうと考える。せめて自分の子どもには正面で向き合いたい。それぞれの家庭の親が一番近い子どもの存在を大切にすれば、こんな事件は起こらないと思う。

ここから続き

投稿者 fumitoku : February 20, 2006 12:00 AM