« 大人も楽しむ絵本の世界 | メイン | 天の橇がゆく »

November 14, 2005

言葉の世界

11/14(月)絵本『いいことってどんなこと』と『鹿よ おれの兄弟よ』を読む。作者の立っている場所が感じられる。文だけでも景色が見えてくるようだ。それに加えてこの絵しかないという雰囲気を持つ絵との組み合わせで、想像力がもっともっとふくらむ。絵本は素晴らしいなぁ。

ここから続き

投稿者 fumitoku : November 14, 2005 12:00 AM