« 小びっくり | メイン | 言葉の世界 »

November 13, 2005

大人も楽しむ絵本の世界

11/13(日)昼間少し深大寺まで娘と散歩。人が多い。土産屋のおかあさんにきけば、神代植物園の人気と新そば目当てではないかということ。どんぐりを拾って帰る。
 毎回楽しみにしている絵本連続講座。4回目の今日は神沢利子さんの「絵本は小さな宇宙です」。いくつになっても好奇心を持って生きること。自然や動物を人間と同等に捉え、感謝する気持ちを持つこと。相手を尊重する気持ちを持つこと。自分の内なる子どもの心に向き合うこと。創造する喜び…… 本当にいきいきとした方だった。声も魅力的。お話をうかがうことができて良かった。娘の生活環境を考えて三鷹に越してきたことがきっかけで、この講座に出逢えたと思うと、引越して良かったとしみじみする。娘のためではあるが、親であり大人である私が、今の環境や絵本の世界を楽しんでいる。でも、それでいい。自分自身がいきいきしていたい。まだまだ。もっともっと。
 グルッペから届く朝採り野菜の内、娘も食べることができる「はくさい料理」に悩んでいたが、いいアイデアが。それは、トロトロになるまで煮込んだ甘口のはくさいカレー。具ははくさいとツナだけでシンプルに。ヨーグルトでなめらかに仕上げる。娘も気に入ったようで口のまわりが、まぁすごいこと。

ここから続き

投稿者 fumitoku : November 13, 2005 12:00 AM