« おふくろの味 | メイン | 難しいが故に »

November 05, 2005

魂に素直な人

11/5(土)岡本太郎さんの「今日の芸術」を読み終える。約50年前に書かれた本だが、今目の前で語られている気がした。先日読んだ松本猛さんの「ぼくが安曇野ちひろ美術館つくったわけ」に重なる部分がある。どちらも、おかしいことはおかしい、私はこう思う、という風にひとりの人間としての感じ方や生き方が伝わってくる。魂に素直だ。どちらも、勇気づけられた本となる。カバーデザインは鈴木成一さん、尊敬するブックデザイナー。本文書体は本蘭明朝L、読みやすく好きな書体。

ここから続き

投稿者 fumitoku : November 5, 2005 12:00 AM