« 子どもの成長と絵本 | メイン | 絵本はともだち »

October 11, 2005

くだものでアーン

10/10(日)絵本「くだもの」を中村柾子さんの読み方で娘に読んであげた。「いちごをどうぞ」と絵のいちごをつかんで口にもっていくと、娘は小さい声で「あーむ」といいながら口を開けて食べるまねをした。さらに娘からわたしにいちごをつかんで口に運んでくれたので、口をモグモグと食べるまねをすると、私の口に本当にいちごが入っていると思ったらしく、口をこじ開けようとした。中村さんのいう通り。きたーっ!という感じ。一歳三ヶ月の子どもも絵本は楽しい。中村さんありがとうございます。ほんとに「まんま」のちからは偉大だなぁ。この平山和子さん作「くだもの」は、1979年こどものとも年少版で、今では福音館の幼児絵本第79刷という長く愛されている絵本である。すごいなぁ。

ここから続き

投稿者 fumitoku : October 11, 2005 12:00 AM