« 絵本にまつわるあれこれ | メイン | くだものでアーン »

October 09, 2005

子どもの成長と絵本

10/9(日)「絵本連続講座」第1回中村柾子さんのお話をうかがう。講座名は「子どもの成長と絵本」。子どもと一緒にゆっくり無理なく絵本を楽しむことを、保育士であるご自身の経験から語られた。現場の声は表裏なく、言葉が胸に届く。著書「絵本はともだち」、絵本では平山和子さん「くだもの」、林明子さん「こんとあき」を購入。
 受講者はほとんど女性。男性は見た限りでは私ともうひとりのみ。講座が終わった後はバーゲンセール会場のような女性のにぎわいだったので少し引いてしまった。この講座は後5回。本当に楽しみにしている。そうそう、今回は夫婦で受講のために、子どもを一次保育したのだった。早めに会場を後にして娘を迎えに行った。泣いているかと思いきや、小学生の子どもたちがすごろくゲームをしている姿を見ながら、保育士さんの膝に座って落ち着いた様子で遊んでいた。次からもこの調子でいてくれればなぁ。
 言葉と絵からなる絵本の世界は、奥深い。自分の職種を活かしながら関わりたい。

ここから続き

投稿者 fumitoku : October 9, 2005 12:00 AM