« 父と娘の旅 | メイン | 子どもの成長と絵本 »

October 05, 2005

絵本にまつわるあれこれ

10/5(水)三鷹市子ども家庭支援センター「のびのびひろば」で娘の一時保育の登録をする。10月から始まる「三鷹ネットワーク大学 絵本連続講座 〜絵本と子ども〜」を夫婦で受講するためだ。講座は楽しみだが、娘をあずけるのには少しの不安と娘に申し訳ないという気持ちがある。親だけ楽しんですまないが許してほしい。
 赤羽末吉さんの「おおきな おおきな おいも」(9/29ジブリ美術館にて購入)を読む。大人である私好みで買ってしまった絵本である。気持ちいいほどに積極的で楽天的な子どもたちが描かれている。この色と線も大好きだ。
 絵本家の広松由希子さんに「茂田井武展」のパンフレットをお借りして読む。早く原画をみたくなった。赤羽末吉さんを絵本に向かわせるきっかけとなった人とのこと。時を超えて感動は繋がっていくし、魂の足跡は残り続けるものなんだなぁと、うなずく。

ここから続き

投稿者 fumitoku : October 5, 2005 12:00 AM