« カラス三羽が蛇を威嚇する川 | メイン | この場所から »

August 28, 2005

オススメ本「社会で子どもを育てる」

8/28(日)武田信子さん「社会で子どもを育てる」(平凡社親書)を読む。日本の子育て環境を真剣に考え、具体的な子育て環境づくりに取り組む姿勢を知る。彼女は「希望」を持つ大人であることを知る。
 グラフィックデザイナーは、どんな案件もこなせることが優秀である、という考え方もあると思うが、何でも屋ではなく、テーマ性を持つことも必要だと最近思うようになった。広く浅くではなく、ある程度は狭くなるかもしれないが、広がることの可能性を柔軟に持ちながら濃度が濃いというのが魅力的に感じる。自分が子どもを授かって気付いたことだが、ここ数年私たち大人が子どもたちにできることは何かと考えるようになった。私もこの先生きていく上で、希望を持つことができるテーマを持ち、グラフィックデザインの分野から、また関連する分野から発言し、活動していくことが必要だと思う。孤独な作業であるが嫌いではない。しかし孤立してはいけない。サラリーマンデザイナー時代には考えたことがなかったことだ。恥ずかしながら、スロー過ぎるフリーランス5年目にしての話である。

ここから続き

投稿者 fumitoku : August 28, 2005 12:00 AM