« カラス三羽が蛇を威嚇する川 | メイン | この場所から »

August 28, 2005

夏の終わり

8/27(土)晴れ。家族で世田谷文学館へ。日本絵本賞受賞の絵本の原画を見る。あきやまただしさんと長新太さんの原画が好きだ。酒井駒子さんの絵も素晴らしい。原画の絵の具を塗り重ねた奥行きを印刷で再現するのは難しいようだ。原画と印刷された絵本は別モノだが、原画の印象になるべく近づけたいという思いを絵本の制作側の人たちに感じる。この点は絵本づくりの課題であろう。生田美秋さんが選んだ絵本100冊は、実物を手にとって見て読むことができたのがとても良かった。「はやくねてよ」「きつねのかみさま」「エノカッパくん」を購入した。
 夜は家族で「たまははき」の茄子鍋会に参加。スライスされた茄子、鶏、アシタバをみそと鶏の出汁で煮る。久しぶりに集まった店の常連さんたちと顔を合わせて鶴の友を酌み交わす。楽しいひととき。人が集う場所をつくる人はすごいと思う。私もいつか人が集う場所をつくりたい。50〜60代くらいに。

ここから続き

投稿者 fumitoku : August 28, 2005 12:00 AM