« 「IDEA 310」オススメです | メイン | 仕事の合間に »

April 25, 2005

家族と一緒に散歩ができる日

4/23(土)桜が散った後は寂しいかときかれれば、いいえと答える。理由は、桜が散ると同時にそこら中の緑が一気に顔を出すからだ。どこを歩いても、都内にもこんなに木が植えられていたのかというくらいに緑が目に入ってくる。新芽には新たな力を感じる。この季節の緑は、精神的にも肉体的にも人にいい作用を与えるのではないか。
 またも家族で野川公園へ。どこも緑。草や土、いろんな匂い。ゆったり気持ちよく散歩。この日は日比谷公会堂で拉致被害者による集会が行われた。私みたいに平和ぼけの休日をのんびり過ごしている日本人がいる一方で、日比谷には拉致問題が他人事ではなく日本人全ての問題として受け止められる人たちが6000人も集まった。「我が子が拉致被害に遭ったら」は被害に遭っていない者にとっては想像しても痛くない想像の範囲で終わってしまう。野川にもたくさんの家族が訪れていた。「家族と一緒に散歩」この当たり前にできると思われることすら叶わない家族がいることは確かだ。他人事では済まされない。ひとりの人間としてできること、デザインの分野でできることを問う。
 帰りに中野アーケード少し入るとある「さらしな総本店」北口店へ。「湯葉」「そば豆腐」「ふきのとう胡麻和え」「鴨焼」「若葉そば」「桜切り」と「ほらふき」。

ここから続き

投稿者 fumitoku : April 25, 2005 12:00 AM