« ライブはまた今度 | メイン | 母の友と鶴の友 »

April 03, 2005

日本の30代男

4/2(土)なるべく毎日の出来事や感想を記す「日記」にします。夕食は「飯にアサツキたっぷりみのり納豆」「野菜サラダ」最近お気に入りの「黒豆茶」は甘く飲みやすい。

仙台市アーケード街トラック暴走3人殺害男38歳、奈良小1女児殺害男36歳、愛知県安城市スーパー幼児殺害刃物男34歳……ニュースまたは新聞は、新しい出来事・新しく聞いた話・新しい知らせという意味だが、新しいというよりまさに今をあらわしている。日本の30代の男は一体どうなってしまったのか。多発している幼児虐待も同じこと。自分をもてなすことができない。他人をもてなすなんてとんでもない。そこまではいいが、人を傷つけたり人を殺すなよな。韓国ドラマが今の日本で受け入れられている理由が分かるような気がする。テレビドラマの中の世界かもしれないし、人によるかもしれないが、韓国の男性像はシンプルだ。何が大切かががはっきりしている。特に日本女性は韓国男性の大切なものを守る姿、強さややさしさに惹かれ、韓国ドラマが受け入れられているのではないだろうか。自分の旦那と比べて、ないものを求めているように見える。日本の男性像とは? 男は黙って何とかというが、黙っていても仕方ないように思う。拉致問題についてみれば分かることだろう。日本の政治家は…となるわけだが、政治家も民間人も同じだ。今の日本の男性像は決していいものではない。とは言え、もちろん魅力のある人も大勢いるだろうし悲観しているわけではない。少なくとも自分より弱い者を破壊するなと思う。できれば強い者に向かっていけよと言いたくなる。
 自分も30代だ。そのまま口にすると恥ずかしい言葉だが、もっともっと強くやさしくなりたい。私の場合、一番小さいコミュニティである家族に目を向けることから始めよう。良し悪しの自分の判断基準を持つことが大切だと思う。喜怒哀楽がはっきりしていても構わない。許せないことがあればおおいに怒ることがあってもいいし、悲しいことには泣いてもいい。でもできれば周りの人達と一緒に笑っていたい。

ここから続き

投稿者 fumitoku : April 3, 2005 12:00 AM